「インテリアパーツ」の記事一覧 - 10ページ目

さらに車種で絞り込む:

「クラフトプラス」が旧車チックにコーディネイトしたコンプリートモデル

ノスタルジックな雰囲気がハイエースをグッとオシャレにみせる!内装のコーディネイターである「クラフトプラス」。シートカバーやセンターコンソール、ベッドキットなど新たな素材などにチャレンジし、新風を吹き込んでいる。そんな「…

続きを読む...

“高級ユーロスポーツ”をテーマとした「グレイス」のシートカバーが登場

選べるカラーも豊富に揃う、オーダーシステムをグッと身近に自分仕様のシートカバーが手軽にオーダーできる「グレイス」の新作は、中央に4本ラインが通るスポーツタイプ。このデザイン性豊かなシートカバー「シートトリートメント・プレ…

続きを読む...

サーキット走行を追求して開発した新作「RECAROバケットシート」登場【大阪オートメッセ2018】

シートの剛性を高める究極の設計思想がドライバーは運転だけに集中できる!2月10〜12日に大阪市インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2018」で自動車用シートメーカー「レカロジャパン」が開発したバケットシート『R...

続きを読む...

アウディ人気は今なお進行中!! 注目したいカスタムAudi6選【大阪オートメッセ2018】

AUDIカスタマイズも盛り上がってますっ! 「大阪オートメッセ2018(2月10〜12日・大阪・南港インテックス大阪で開催 )」のインポートカー勢の中でも、AUDIは人気車種のひとつ。ド迫力のワイドボディからワ...

続きを読む...

スバル車のカスタマイズで押さえておきたいのは”ヒカリモノ”【大阪オートメッセ2018】

それぞれ個性的なヒカリものパーツを使ってスタイルアップカスタマイズのトレンド最前線をチェックできる「大阪オートメッセ2018(大阪・南港インテックス大阪で2月10〜12日開催)」。今年のSUBARU車のカスタマイズでぜひ...

続きを読む...

「RECARO」最高峰のシートはこんなに凄かった【大阪オートメッセ2018】

お値段もビックリの86万4000円なり!レース用のフルバケに快適性を重視したリクライニング、オフィスやスタジアムでも愛用されている「RECARO(レカロ)」のシート。そのトップモデルが2月10日から開催されている、大阪オ...

続きを読む...

NV350にも上げ系の波が到来!便利な飛び出すステップで乗り降りも快適!【大阪オートメッセ2018】

“プチ車中泊仕様”の後期用NV350キャラバンを発見!2月10~12日大阪・南港インテックス大阪で開催されている「大阪オートメッセ2018」。その会場にハイエースに対抗できる日産の箱型車であるNV350キャラバンの上げ系...

続きを読む...

このスタイルに驚愕『佐田工務店』のやれハイエースにドッキリ【大阪オートメッセ2018】

各分野のスペシャリストをまとめ上げるバッドボーイズ佐田氏率いるDIYユニット「佐田工務店」。その凄すぎる特注ハイエースを速攻レポート!FLEXのカスタムハイーエースWOODをベースに、随所にバッドボーイズ佐田さんのアイデ...

続きを読む...

10 / 37«...91011...2030...»

ウィークリーランキング

  1. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  2. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  3. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  4. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  5. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  6. MAZDA RX-7 SA22C「ロータリー・エンジンを世に知らしめた初代モデル」

    サバンナの派生モデルを始祖に、 世界に冠たるスポーツカーに昇華したRX...

  7. FD3S型 RX-7 & RX-8の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    パワーよりもハンドリングにこだわった マツダのピュアスポーツモデルへ ...

  8. 名車W124の魅力「コストを徹底的にかけた」と語り継がれるメルセデス・ベンツ

    派生モデルの誕生でラインアップも充実、 「最善か無か」の哲学で生まれた...

  9. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...

  10. この1台で遊びが100倍楽しくなる!! アゲ系ハイエース『ニーズボックスWGT』の正体

    10人乗れて荷物も運べる新ジャンル 見た目もオシャレなトランポワゴンが...