「インテリアパーツ」の記事一覧 - 2ページ目

さらに車種で絞り込む:

D.A.Dのラバーマットは分割式なので置きやすく、汚れや水にも強いのです!

車内の足元をオシャレに美しく!車種を問わない汎用タイプを設定ミニバンなどに多い後席足元のスライドレールって、どうしてもゴミが溜まりやすいもの。ここを保護し、汚れや水に強くゴミもしっかりとキャッチできるのが「D.A.D」の...

続きを読む...

抜群のフィット感とドレスアップ性を両立したシートクッション

汎用タイプで車種を問わずに取り付けOK!見た目もインパクト大の9色を用意まるでコンセプトカーの室内空間。その正体は「トリコローレ・エクスチェンジ」が開発したシートクッション『ドライビングサポートクッション・エウロス』.…

続きを読む...

「前車との接近&発進の遅れをアラートする」後付け運転支援システム

レーザーで前のクルマとの車間距離を測定!電源はシガーソケットに接続するだけ前方車両との車間が詰まりすぎたり、信号待ちで前方車が発進したのに気付かず、離れすぎたり……。運転していれば誰もが経験したことがあるだろう。そんな状.…

続きを読む...

自動車のシートを交換すると運転感覚が変わるって本当?

疲労感の減少やドライビングの向上いいシートにはメリットが多しシート調整は立派なチューニングで、レーシングカーのセッティングも身体にあったシート作りからはじまるぐらいだ。新車ができて、微調整を繰り返し、ドライバーにピタッ…

続きを読む...

キャンプトランポの新しいカタチ「ジャストゼロー」は目からウロコの新システム搭載

キャンプの道具をたっぷり積んで、遊びに行ける実用キャンピングカー【CAR HOUSE ZERO JUSTZERO】コンプリートカーを紹介する前にハイエースの”ジャストロー”について少し紹介しておこう。ジャストローとは、荷...

続きを読む...

トヨタ・ハイブリッド車のシフト操作を未来的なプッシュボタン式に変更!

トムス『シフトポジションスイッチ』がシフトチェンジに革命をもたらすプリウスやノア、ヴォクシーといったトヨタ自動車が誇るハイブリッド車には、一般的によく見かけるようなシフトゲートが装備される。この部分をプッシュボタンタイ…

続きを読む...

2 / 37123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  2. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  6. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

  7. 「キャンピングカー」を運転するときに必要な免許とは

    車両重量3.5トン未満なら普通免許でOK 公道を走れるボディサイズなら...

  8. 【MAZDA新型アテンザ試乗記】内外装と走りの質感は段違い!マイチェンとは思えない進化

    走行性能の質感をバージョンアップ! フラッグシップモデルらしい高級感 ...

  9. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...

  10. Mercedes-Benz 190E が華麗なるワイドボディ化と刺激的なエンジンで現代に蘇る

    見て、乗って、操る喜びを手に入れた ヤングクラシックな190E 2.5...