「パーツ」の記事一覧 - 20ページ目

さらに車種で絞り込む:

210系クラウン用へビジネスシーンでも映えるエアロパーツが誕生

劇的な変わり映えよりもスマートにデキるオトナを演出する「ジェントルマン」大阪のクラウン専門店である「カーリラックス」。そのオリジナルパーツブランド『バカンス』より210系のトヨタ・クラウンアスリート用のエアロパーツがリリ...

続きを読む...

ハーマンモータースポーツの世界観で作り上げた、初のジャガーSUV「F-PACE」

ジャガーが誇るオールラウンダーをよりワイドに、より力強く1986年の創設以来、デビューモデルBMW M3を皮切りに数多くのメーカーを手掛けてきた「ハーマンモータースポーツ(以下:ハーマン)」。その世界観が、ついにジャガー...

続きを読む...

ハイエースを走り屋スタイルに? あの歴史を作ったスタイリングがいま蘇る

「ビーキャス」と「ファブレス」から往年の走りをイメージしたカスタマイズ提案ネオクラシックをイメージする、トヨタ・ハイエースのカスタムブランド「BEECAS(ビーキャス)」。そのイメージに合わせて作り上げたデモカーが、走り...

続きを読む...

ブリッツのスポイラーで「シビックハッチバック」の空力性能を高める

純正エアロパーツとの相性を考慮した後付け感のないフロントリップスポイラーワイド&ローを基調とした革新的なシルエットが魅力な、ホンダ・シビックハッチバック。テールゲートスポイラーやサイドスパッツなど、疾走感に磨きをかける…

続きを読む...

「フォグランプはイエロー派? ホワイト派?」どちらも満足させる画期的バルブがコレ! 

ひとつのバルブで2カラー点灯が可能に切り替えも車内で簡単にできる過去に紹介したことのある、フォグランプの点灯色が切り替え可能な「インテック」の『カラーチェンジLEDフォグバルブ』。今回、実際にクルマに装着した取材が行なえ...

続きを読む...

エルグランドとプリウスPHVへ、旬のフラップ系エアロパーツが登場

「アヴァンツァーレ」から待望の2車種!薄型で使いやすく、アグレッシブに薫るエアロパーツメーカー「アヴァンツァーレ」といえば、薄型リップの各種スポイラーを軸としたボディキットを展開。まさに、いまのトレンドといえるフラップ形…

続きを読む...

ホンダのワークスが新意匠を採用、ホンダ・オデッセイとフリードに充実のラインアップ

実用性や機能性を高めるアイテムで「無限」の薫りを解き放つメーカーワークスの「無限」が放つ、ニューコスチューム。1台は咋秋にマイナーチェンジしたホンダ・オデッセイで、ベース車のフェイスリフトに合わせてフロントアンダースポイ…

続きを読む...

自動車用シートの生みの親「RECARO」の守るべき信念と飽くなき挑戦

レカロの歴史はシートの進化世界が認める性能の誕生秘話意のままに操る。日産・スカイラインGT-Rの誕生から一環して貫いてきた考え方だ。 それはクルマと一体化し、何のストレスも感じないこと。街乗りならばノーマルでも構わない。...

続きを読む...

20 / 136«...10...192021...304050...»

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

    SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

  7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

  8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

    一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

  9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

    自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

  10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...