「吸排気系パーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

「ワークス・チューニング」だからこそ可能になる走行性能&ルックスの向上

家族が乗るクルマで安心して走りを楽しむ、ディーラーで買える最新アイテム事情自動車メーカー直系のワークスブランド。トヨタならTRD、日産ならNISMO、ホンダなら無限、スバルなら STIと、それぞれが車両にふさわしいチュー...

続きを読む...

【CG画像】トムスが「カローラ スポーツ」用パーツの開発をスタート

若者のハートまでも鷲掴みにするエアロ&機能系パーツを予定トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。6速MTの設定やストラット式(フロント)/ダブルウィッシュボーン式(リア)のサスペンション然り、久しぶりにカローラの...

続きを読む...

【動画】排気バルブで音量をコントロール 「レクサスLC500用フルエキゾーストシステム」

まるで芸術品のような美しい仕上がりに官能的なV8サウンドを盛り立てる逸品GT系ハイパフォーマンスモデルはもちろんのこと、旬のSUVからミニバンまで車種を問うことなく高性能かつファッショナブルなスポーツマフラーをリリースす...

続きを読む...

BMW M4へ「毒グモ」をイメージにフルラッピング製作

BMW愛と個性の発露が溶け合った完全無欠の欲張り仕様を具現化ミツバチカラーのE92でスタコンシーンを席巻した達人が、M4へとスイッチ。クルマは変わっても、そこにあるのはやっぱりオーナーなりの”スタイル”だ。BMWの定番を...

続きを読む...

チタンヒートカラーがリアビューを美しく魅せる! コラゾンのチタンテールフィニッシャー

チタンヒートカラー仕上げでドレスアップ効果バツグンスバル・レヴォーグ用リアセクションパーツとして「コラゾン」からニューアイテムが登場!いま流行りのチタンテールをお手軽にゲットできる『エキゾーストフィニッシャー』が迫力の…

続きを読む...

オートエクゼがマツダ絶版スポーツカー向けアップデートプログラムを発表

量産以上、チューニング未満をテーマに、ロードスター用スポーツマフラーから販売開始クルマを操る楽しみを追求したマツダのスポーツカー、RX-7(FD)とロードスター(NA)。今回、マツダ車のチューニングパーツメーカー「オート...

続きを読む...

車内から音量&パワーを任意にコントロールできるスポーツマフラー

手元のコントローラーでバルブを開閉、深夜の住宅街もこれで安心!普段は快適なサウンドを楽しみたい。しかし、夜間や住宅地ではできるだけジェントルに走らせるのが理想だ。そんな希望を叶えるマフラーを、老舗メーカー「フジツボ」が…

続きを読む...

【動画】4気筒車や6気筒車でV8大排気量エンジンサウンドを奏でる方法

スマホで音量などを調整して使えるマフラーサウンド発生システムドイツ発の『サウンドブースター』が、ついに日本へ上陸した。このアイテムはマフラー音を擬似的に作り出し、そのサウンド設定はスマートフォンで制御するというもの。ま…

続きを読む...

1 / 15123...10...»

ウィークリーランキング

  1. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  2. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  3. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  4. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  5. 広大な空間だからこそできる「ハイエースの内装活用テクニック」

    「ハイエーススタイルミーティング」で見た ユーザーカーのインテリアメイ...

  6. この1台で遊びが100倍楽しくなる!! アゲ系ハイエース『ニーズボックスWGT』の正体

    10人乗れて荷物も運べる新ジャンル 見た目もオシャレなトランポワゴンが...

  7. MAZDA RX-7 SA22C「ロータリー・エンジンを世に知らしめた初代モデル」

    サバンナの派生モデルを始祖に、 世界に冠たるスポーツカーに昇華したRX...

  8. 名車W124の魅力「コストを徹底的にかけた」と語り継がれるメルセデス・ベンツ

    派生モデルの誕生でラインアップも充実、 「最善か無か」の哲学で生まれた...

  9. FD3S型 RX-7 & RX-8の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    パワーよりもハンドリングにこだわった マツダのピュアスポーツモデルへ ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...