「吸排気系パーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

独特のサウンドはチューニングカーの証? よく耳にする「音」の正体とは

音でチューニングを主張した平成の時代 街なかを走るチューニングカーが注目されるのは、エアロパーツや車高といった外観だけじゃない。フツーならば聞こえるはずがない、イジった証ともいうべきサウンドも理由のひとつだろう。パッシ…

続きを読む...

HKSがGRスープラを速攻チューン! 車高調スプリングキットでローダウンを実現

順調に開発が進む吸排気系&足回り いま、もっとも巷の注目を集めている新型車ともいえるトヨタ GRスープラ。急いでオーダーを入れても海外工場からの出荷目安は約半年後というほど人気のようだ(7月上旬現在)。そしてカスタマイズ...

続きを読む...

スーパーカーのマフラーの音量は大きくない?爆音でも合法的に公道走行できるワケ

騒音規制は国産車と同じはずなのだが・・・ フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーを街なかで見かけることがある。その際に気になるのがマフラーの排気音量。新車のノーマル状態でもかなり大きい。もちろん、マフラーの音量に...

続きを読む...

日産R35型GT-R用パーツが続々登場!ストリートからサーキットまでタイプはさまざま

本物志向のオーナーを満足させる作り込み 日本を代表するスポーツカーといえば日産GT-R。現行モデルは570馬力を発揮する3.8リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、空力性能を考慮したボディワークなど、ノーマルでも十分...

続きを読む...

燃費改善やパワーアップが期待できる!? クルマのマフラーを交換するメリットとは

パワーアップを兼ね備えたモデルも登場 クルマをチューニングするときに、エンジン系ではエアクリーナーとマフラー交換が定番メニュー。マフラー交換の目的は、排気効率の向上によるパワーアップ、リアビューのドレスアップ、サウンド…

続きを読む...

車検対応で700馬力! ブリッツが日産R35GT-R用ターボキットの販売をスタート

前期型のグレードアップにも最適 チューニングパーツメーカー「ブリッツ」は、純正タービンと置き換えるだけで装着可能な日産GT-R用(R35型)ターボチャージャーを発売した。 同社の『ボルトオン・ターボシステム for GT...

続きを読む...

筑波1分2秒台の激速マシン! ブリッツのシビック・タイプRは街中でも乗りやすい

ECU&吸排気チューンで360psを発生、チューニングメーカーの巧みな調律とは7代目となるホンダ シビック・タイプR(FK8)をチューニングパーツメーカーの「ブリッツ」がコーディネイト。吸排気系や足まわりのパーツ開発はほ...

続きを読む...

新型ジムニー&ジムニー・シエラの走りの感を高める提案9つ

新車コンプリートカーラインアップ!! インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2019」には、数多くのカスタマイズ車両が展示されていた。なかでも最も勢いを感じさせる車種といえば、スズキ新型ジムニー&ジムニー シエラ...

続きを読む...

1 / 17123...10...»