STYLE UP CAR CONTEST 2014
結果発表!!


「STYLE UP CAR CONTEST FINAL STAGE」の審査は、オートファッション・インプの編集スタッフに加え、STYLE UP CAR CONTEST(スタコン)に精通している自動車評論家、カメラマン等の15人でクルマのカッコよさを評価しています。
しかし、スタイルアップには正解はありません。だから、個性派揃いの審査員15名の判断基準を駆使して本イベントに望みました。
クルマ単体だけでは決着がつかないところが、このコンテストのポイントです。オーナー自身も審査の対象になっています。オシャレ度やセンス、それに熱意などもクルマと一緒にジックリと吟味させてもらいました。
もちろん読者のみなさんからの一般投票(WEB CARTOPで募集しました)もシッカリと反映させています。
2014年のコンテストに参加した1182台の中から、そんなさまざまな審査基準を総合して選んだ上位10台を発表します。そして最終審査に選ばれつつも惜しくも受賞できなかった26台の画像も再度アップしていますので、とくとご覧ください。

  1. 第1位

  2. 第2位

  3. 第3位

  4. 第4位

  5. 第5位

  6. 第6位

  7. 第7位

  8. 第8位

  9. 第9位

  10. 第10位

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

    SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

  7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

  8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

    一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

  9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

    自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

  10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...