STYLE UP CAR CONTEST 2018
2018年11月号 ランキング!!


輸入車スタイルアップ誌「オートファッション・インプ(afimp.)」。
創刊号から毎月レギュラー企画として開催される『スタイルアップカーコンテスト(スタコン)』は、渾身の技でスタイルアップしたユーザーカーを誌面で披露できる人気企画。スタコン審査員15名の投票により、上位6名のユーザーカーが選出されます。

afimp.11月号掲載のスタコンは、愛知県・ドルト、京都府・コクピット亀岡、兵庫県・シュヴァルツで開催。
月間チャンピオンに選ばれたのは、アウディQ5の内藤洋司サンです。15名のスタコン審査委員から107ポイントを獲得してのダントツ1位を獲得しました。
第2位は、VWトゥーランの朝倉一仁サン。45ポイントを獲得し2位に入賞です。第3位は、アルファロメオ・ジュリエッタ・スポルティーバ・アルフィスティの本田和将サンが35ポイントを獲得しました。

  1. 11月号 第1位

  2. 11月号 第2位

  3. 11月号 第3位

  4. 11月号 第4位

  5. 11月号 第5位

  6. 11月号 第6位


ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  9. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  10. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...