「ホイール&タイヤ」の記事一覧 - 10ページ目

さらに車種で絞り込む:

10本フィンへ「OZレーシング」スピリッツを込めたハイパフォーマンス鋳造

美麗なルックスなイタリアンメイドはレース直系の技術で高性能も手に入れた「レーシングホイールの技術を投入しつつ、オシャレに装いたい」。そんな目の肥えたオーナーにオススメしたい1本が、ココに登場。理にかなった機能美溢れる「O.…

続きを読む...

【工場見学】強靭さの秘密はココにあり! 「鍛造ホイール」の製品開発から完成まで

最先端を走る鍛造の総合ブランド「TWS」、その技術力と手間がかかる開発現場へレースの世界やスポーツモデルなどのアルミホイールで、耳にする言葉として鍛造がある。 鍛造とは、高い圧力によってアルミ素材を変形させる高度な技法。...

続きを読む...

サーキットで映えるトランポをレイブロスが開発!スポーティなシルエットがハイエースを変える

少しヤンチャなトランポで走り出そう!『TWO BROTHERS RACING』。「レイブロスレーシングサービス」がサーキットをイメージしたハイエースのトランポをプロデュースしてきた。走りを意識したスポイラーやオーバーフェ...

続きを読む...

貼り付け&ラバータイプで「タイヤのレタリング」をグッと身近に!

シックスセンスのレタリングキットは発色の良さと耐久性を高めた2タイプレースマシンのタイヤに描かれた、レーシー度の演出に貢献するホワイトレター。足元へのアクセントメニューとしてカスタムの世界でも人気を呼んでいるが、プロショ…

続きを読む...

「WORK」が鍛え上げて作り出した、ハイパワーを引き出すホイール2選

クルマとのマッチングで変わるホイール選びいまや国産ホイールを履くことのハードルは霧散し、自分にあったホイール選びこそが大切な時代となった。走りに特化したBMW専門プロショップ『TECH-M』が推すのは、コンセプトの異なる...

続きを読む...

足元にヒネリの躍動感、エレガントに薫る「スパイラルフィン」なホイール

スポーク先端にヒネリを与えたクラシカルな極細フィンで差別化細くしなやかなラフメッシュデザインで、人気を博したプレミックスの「グラッパ」。そんなグラッパのフィン形状を継承しつつ、前作とは趣の異なるエレガントなフィンスポー…

続きを読む...

10 / 54«...91011...203040...»

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...