「カスタマイズ>インポート」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

四十路以上のおじさん感涙「昭和&平成の自動車デート文化」クルマ選びからドライブインシアターまで

クルマは男女の遊びで欠かせないツール「若者のクルマ離れ」という言葉は聞き飽きた感じで、もはや世代間に格差ありあり。それはそれでいいとして、じゃあ、それ以前でのクルマの扱いというか、存在ってどんな感じだったのだろうか。別…

続きを読む...

タイヤ&ホイール館フジ「スペシャルブランド白河店」オープン、4月3〜5日にオトクなセール開催予定

福島県内の既存店でも協賛セールを予定 フジ・コーポレーションは、福島県白河市に47店舗目となる新店舗「タイヤ&ホイール館フジ スペシャルブランド白河店」を開設。2020年4月3日(金)にオープンすることを...

続きを読む...

車検や取り締まりでの苦労も懐かしい? 平成ならではのドレスアップカスタム5例

試練を乗り越えるためのひと工夫 流行り廃りの激しいクルマのドレスアップ。単なるトレンドに加えて法律の緩和や強化もあり、ひと昔前によく見たパーツやカスタムが、絶滅危惧種と化した例も枚挙にいとまがない。人によっては懐かしい…

続きを読む...

ルックスだけじゃない! 実用性も向上できるオススメの自動車カスタムパーツは?

劣化防止グッズから家族が嬉しいアイテムまで 通勤や通学に休日のロングドライブと、毎日クルマを欠かさず使う人にとって、疲労感の軽減や手入れの楽さは非常に重要。今回は快適な車内環境を作ってカーライフの質を向上させる、オスス…

続きを読む...

悪路の怪物マシン! 「RUF」がポルシェのオフロードモデル「Rodeo Concept」を提案

NAエンジンの最上級「RUF SCR」も公開 ポルシェをベースにオリジナリティあふれるコンプリートカーを提供し続ける「ルーフ」。初のオーフロードカーとなる『Rodeo Concept』と、自然吸気エンジンのフラッグシップ...

続きを読む...

【走行後のアフターアイドリングは不要?】現在のターボ車がエンジンをすぐに止めても問題ないワケ

車種やシーンによっては必要なケースもある かつてターボエンジンは、急にエンジンを停止すると壊れると言われていた。原因は、高温になったターボユニットの軸受けが焼き付いてしまうからだった。ところが、最近のターボ車はアイドリ…

続きを読む...

トランク上のデッカイ羽『GTウイング』 にどんな効果がある? クルマに装備するメリットと注意点

空気の抵抗を利用して走行性能を変える スポーツカーやレーシングカーでよく見る、トランクに付いた大きな「羽」。リアスポイラーとは明らかに異なる形状で、明らかにタダ者じゃない雰囲気を漂わせている。果たしてどのような効果があ…

続きを読む...

クルマが誤作動を起こす? DIYでバッテリー交換をやってはいけない理由とは

メモリー消失というリスクを防ぐ クルマの部品交換の中でも、バッテリー交換は比較的に簡単な部類だろう。DIYで交換したことがある人も多いだろうが、最近は少し事情が変わってきている。というのも、メモリー機能のある電子機器を装...

続きを読む...

1 / 126123...102030...»