「カスタマイズ>セダン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

ルノー・ジャポンがアウトドア・ブランドとコラボ!キャンプに便利でお洒落なアイテム登場

自然を楽しむ流れはよりファッショナブルに ルノー・ジャポンは、アダストリア(ファッションカジュアル専門店チェーン)が展開するスタイルエディトリアルブランド「niko and … (ニコアンド)」、そしてアウト...

続きを読む...

クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

アクセルを踏みながらの始動は無用 かつて、ソレックスやウェーバーという「キャブレター」を採用した高性能エンジンが証だった頃、冷間始動(コールドスタート)させるには、一連の儀式があった。電磁式燃料ポンプの場合、ACCまでキ...

続きを読む...

ホイールナット選びは要注意!サーキット走行で軽量タイプがオススメできない理由

材質で熱膨張率と強度が異なる カスタマイズにおいて、ホイールとセットで交換することも多いナット。人気が高いのはジュラルミン製の軽量ナットで、カラーバリエーションも豊富に揃っている。ところがハードなスポーツ走行には、オス…

続きを読む...

クルマ好きは必見! マイカーのイラストを描いたモバイルバッテリー

豊富な車種やボディカラーから選択 車種別専用グッズの開発と販売を行なう「MKJP」が展開する愛車デザインシリーズに、クルマをイラストタッチでデザインしたモバイルバッテリーを追加。4月1日から販売をスタートした。 スマート...

続きを読む...

香水ブランド「サムライ」がクルマの芳香剤になって登場

モテる香水がカーフレグランスへ SPRジャパンより、香水由来の香りと高級感あるデザインが魅力の「サムライ・サムライウーマンシリーズ クリップタイプ カーフレグランス」に、人気の香り2タイプが加わって発売された。「サムライ...

続きを読む...

クルマの車高を下げるドレスアップ術「ローダウンのメリットとデメリット」

過度な車高ダウンはデメリットを生む 愛車をカスタマイズしようとしたときに多くの人が思いつくのが、車両の車高を低くするローダウンだろう。ボディタイプにもよるが、多くのクルマのイメージスケッチはタイヤとボディの隙間が少なく…

続きを読む...

1 / 126123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  4. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  5. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  6. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  7. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...

  8. 現在の自動車には皆無! コンパクトなボディに大排気量エンジン搭載したクルマ4選

    ナリは小粒でも走りは刺激的  最近では上級車種であっても小排気量で過給...

  9. キャンピングカーから救急車まで! 街中でよく見かける特装カスタマイズメーカー3つ

    社会生活に貢献するクルマも数多し  ひと昔前まではクルマのカスタマイズ...

  10. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...