「チューニングカー」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

【STI名車列伝その1】初代STI限定車『レガシィRS typeRA』とは?

『Handcrafted tuning by STI』 はこの1台からはじまった! 諸経費込みで700万円近くにもなる高額車S207が瞬間的に売り切れるほど、絶大なブランド力をもつSTIコンプリートカー。STI創設2年目...

続きを読む...

最終目標は800ps!! R35GT-Rの心臓部を与えた世界最速ハイエース

直4からV6へと換装したモンスター、 ミッションは純正をコンビした 1月12日(金)~1月14日(日)まで開催された「東京オートサロン2018」。 会場となった幕張メッセの2F通路に展示され、大勢の来場者が足を止めて見入...

続きを読む...

NDロードスターをベースにした、デザインの匠が描く「スーパースポーツ」

スーパーカーに熱狂したふたりの親父が 日本発信のコンセプトカーを現代に かつては某自動車メーカーのデザインも手がけた佐野氏。現在は、ワンオフのボディ製作で名高い「SANO DESIGN(サノデザイン)」を立ち上げ、数々の...

続きを読む...

骨さえあれば甦る!R32GT-R用カーボン製ワイドボディキットがスゴイ!!

外板パーツすべてをカーボン製でキット化 片側40mmワイドで理想のフォルムを実現 登場から30年を経過しようとしている日産R32型スカイラインGT-R。錆などによるボディの傷みに悩んでいるオーナーも多いはず。 東京オート...

続きを読む...

2000馬力を発揮する直6ツインターボ搭載の日産車といえば【東京オートサロン2018】

中東向けにハードチューン! トラスト最大容量のタービンを搭載 東京オートサロン2018(千葉県幕張メッセ)のチューニングパーツメーカー「トラスト」のブースに今や珍しい存在となった直列6気筒ツインターボエンジンを搭載する日...

続きを読む...

走る愉しさを提唱した”SUBARU VIZIV”へ「STI」の息吹が注ぎ込まれた

近未来コンプリートのカタチ? STIのパフォーマンスを込めて進化 昨年に創立100年を迎えたSUBARU。未来に向けてまた新しいスタートを切ったわけだが、そんな「SUBARU」が東京オートサロン2018で展示した1台、『...

続きを読む...

60’sアメリカンスポーツを安心のデバイスで乗れるコンプリートカー

BMW Z4をベースにした公認コンプリート そのお値段950万円より! 東京オートサロンの会場内で見つけた真っ赤なボディを持つ1台。 そのグラマラスなフォルムは、まるで60年代風のアメリカンスポーツカーなのだが、じつはベ...

続きを読む...

NISMO FESTIVAL 20th anniversary『ニスモフェスティバルの20年史を振り返る2006~2010』

開催10周年を迎えた2006年から “NISSAN RACING DNA”を掲げた2010年までを振り返る 自動車メーカー系が主催するモータースポーツファン感謝イベントとして最も古い歴史を持ち、熱いファンが大挙する「NI...

続きを読む...

まだまだ現役! HKSが1JZツアラーV用『GTⅢ-RSスポーツタービン』を発売

チューニングファンに根強い人気の JZX系にHKSの新作ターボキットを! FRにツインターボの280psという組み合わせで、ドリフト勢に大人気を博したトヨタ『マークII』『チェイサー』『クレスタ』のツアラーV(100系ク...

続きを読む...

【なぜなんだ!】20年以上経過してもなお人気の高い”JZX系”マーII3兄弟の謎

マークII、チェイサー、クレスタ JZX系ツアラーVの人気は衰え知らず!   トヨタの『マークII』『チェイサー』『クレスタ』が揃ってフルモデルチェンジし、いわゆる「JZX90系」へ生まれ変わったのが、1992...

続きを読む...

オーラは5000万円超級!! 【テックアート GTストリートR】のシリアルナンバー”001″が日本へ

スピードを美しさに変えた 流麗な存在感がほとばしる 誰もが一瞬で魅了する計り知れない圧倒的なインパクト。 ルックスだけでは得られない内に秘めた“本物”だけが持つ脈動が、堪えきれずに全身からにじみ出る。そう、このクルマはポ...

続きを読む...

トヨタ86&スバルBRZの走りが変わる、SARDが作り上げたスロットル&ブレーキキット

NAの良さを最大限に引き出すべく開発された 力強い走りを可能にする『4スロットルキット』 ダウンサイジングターボ全盛の中、あえてNAエンジンにこだわった86&BRZ。この長所をより活かすために様々なチューニングアイテムが...

続きを読む...

NISMO FESTIVAL 20th anniversary 『ニスモフェスティバルの20年史を振り返る1997~2000y』

日産/NISMOを身近に感じる感謝祭がスタート 20年の歴史を振り返る 自動車メーカー系が主催するモータースポーツファン感謝イベントとして最も古い歴史を持ち、熱いファンが大挙する「NISMO FESTIVAL」が2017...

続きを読む...

32馬力アップする「トムス86用スーパーチャージャー」の実力はホンモノか

最大トルク+9.7kgf-mという 余裕あるパワーを発揮 前期モデルのトヨタ86で人気のあった『トムス・ハイパーコンプレッサーキット』に、後期モデル用が登場した。前期モデル同様パワー、トルク共に大幅アップ。さらに後期モデ...

続きを読む...

1 / 7123...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • IMPORT
  • SPORTS
  • SEDAN
  • WAGON

ウィークリーランキング