「チューニングカー」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

価格は1億円超え!世界限定50台の日産GT-Rが日本でサプライズ初公開【動画】

日産とイタルデザインの合作による「GT-R50」。先鋭的なデザインと迫力のエキゾーストノートを公開2018年9月23日(日)、東京都の代官山T-SITEで「Nissan GT-R50 by Italdesign」が一般公...

続きを読む...

「ワークス・チューニング」だからこそ可能になる走行性能&ルックスの向上

家族が乗るクルマで安心して走りを楽しむ、ディーラーで買える最新アイテム事情自動車メーカー直系のワークスブランド。トヨタならTRD、日産ならNISMO、ホンダなら無限、スバルなら STIと、それぞれが車両にふさわしいチュー...

続きを読む...

日産 R33 GT-Rに存在した「オーテック/400R/LM」という特別なモデルたち

第2世代で唯一のセダンやワークスコンプリートなど、BCNR33の代にあった特別な3モデルあまりにも偉大だったスカイラインGT-R(BNR32)を越えたことを証明するには、数字で見せるしかない。「大きくて重い」と言われたB...

続きを読む...

「ACシュニッツァー M5」開発完了間近か!? ニュルでの目標タイムをヨルグ・ミュラーがクリア

700HPを発揮するモンスターマシン、ヨルグ・ミュラーが好タイムを叩き出す BMW M5をベースにチューニングモデルの開発を進めている「ACシュニッツァー」。先頃、最終段階のテストがドイツ・ニュルブルクリンクの...

続きを読む...

「STI名車列伝」創立20周年アニバーサリーモデル インプレッサWRXの実力

地味な見た目とは裏腹に感激を覚えた、300台限定の神ハンドリングSTI創立20周年を記念するスペシャルモデル「インプレッサWRX STI 20th ANNIVERSARY」。次なる30周年モデルがどうなるのか興味深いもの...

続きを読む...

タービン交換はアタリマエ? 「アルトワークス」最新チューニング事情

カンタンに手に入る100馬力の世界、“HA36″だから走りも楽しめる♪スズキを代表する軽自動車、アルト。なかでも最もホットなモデルとして人気を集めるのが「アルトワークス(HA36)」だ。デビューか...

続きを読む...

MAX織戸がプロデュースする「トヨタ86の上質でオトナなエアロフォルム」

最高のマッチングを約束する純正クオリティの高精度エアロノーマルでもトヨタ86のデザインは十分に格好いい。「でも、オトナっぽさやレーシーな雰囲気を強調したい……」。織戸 学選手がプロデュースしたオリジナルのエアロブランド「...

続きを読む...

生産終了から4ヶ月、「現行型ジムニー」を新車で買うラストチャンス

物足りないをカバーして楽しむJB23型 “街ジムニー”の遊び方2018年7月、いよいよスズキ・ジムニーがフルモデルチェンジされる。つまり、3代目ジムニー(JB23)が新車で買えるのは残りわずかとな...

続きを読む...

空力性能は純正以上!R35GT-R用ストリート仕様エアロが間もなく完成

造形美と空力性能を磨いたエアロパーツは、欧州スポーツに負けない性能と質感を表現サーキットでのタイムアタックで、トップタイムを刻むデモカーやチューニングカーに究極の空力アイテムを提供する『VOLTEX(ボルテックス)』。実...

続きを読む...

700万円を費やした正統派チューニングカー「アウディS4」の正体

速く走らせるための本気メイキングで500psをアクセル全開で攻める走りの魅力にどっぷりと浸かれるのは若さの証し。速さを得るためにはクルマ作りも妥協したくないし、巧みなドライビングのための努力も惜しまない。そんなひたむきに...

続きを読む...

ドイツのチューニングメーカー「ゲンバラ」が復活を遂げた真相に迫る

大きく揺れ動いた老舗チューナーから完成車ビジネスへの躍進へ実力はありながらも運命に翻弄されたドイツのチューナーといえば「ゲンバラ」だ。一度はその歴史に幕を降ろした彼らが、密かに復活を遂げている。本家ポルシェのお膝元ドイ…

続きを読む...

アメリカでSUBARUを愛するオーナーたちのあつ〜い1日を密着! 

ご自慢の“スビィ”に乗って西海岸のスバリストが集まった北米でも人気急上昇中のSUBARU。それだけに、日本に負けず劣らず、熱〜いSUBARUファンが多数く、各地でファンミーティングも開催されているという。今回はそのなかの...

続きを読む...

ベーシックなE200を過激な「AMG E63スタイル」へアップデート

デジテックでお馴染み「オフィスM」ならではの目立たないけどズゴいデモカーメイク術メルセデス・ベンツのセダンをカスタマイズする場合、最も重要なのは快適性を損なわない事。だが、それが一番難しく、特にマフラーサウンドは好みが大…

続きを読む...

その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズアップSUBARU/STIの歴史に残る“偉大なWRX”として、燦然と輝く『インプレッサ22B STiバージョン』。限定400台にはプレミアが付き、海...

続きを読む...

1 / 11123...10...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング

  1. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  2. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  3. マツダの飽くなき挑戦「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(国内編 Part 1)」

    マツダが育て、日本の技術で完成した 名機"ロータリー・エンジンの歴史"...

  4. 極細「ごんた屋」&スケスケ「AIWA」 両巨頭ブースのキャンギャル夢の競演!【東京オートサロン2017】

    スケスケと超露出で話題の エロコス2ブースが集結! カスタムカーの祭...

  5. SUPER GT レースクイーンの「セクシーすぎる夏コスチューム 大公開・前編」

    さらに色気がパワーアップした 夏コスな彼女たちに大接近!! SUPE...

  6. 見逃し注意!セクシーコスチューム「キャンギャル」大特集

    透けているだけでも十分! V字にカットされた胸元が眩しい 東京オート...

  7. SUPER GT レースクイーンの「セクシーすぎる夏コスチューム 大公開・後編」

    まもなく見納め? 全14人の夏コス大公開! SUPER GTを彩るレー...

  8. 本物の”SUPER GT”ボディを纏うナンバー付きRX-7【クロスファイブ】

    構造や設計が全く異なるボディキットを 1年がかりでマイカーへ移植手術 ...

  9. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  10. 「スバル360誕生 60周年」アメリカの地を激走した”サブロク”の中身をチェック

    あのグレートレースを走破した 60年前誕生のサブロクに乗ってみた♪ ...