「チューニングカー」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

「STI名車列伝」じつは3列目の乗り心地が抜群によかった奇跡のミニバン「エクシーガtS」

今からでも購入候補に挙げたくなる傑作車2009年に発売された『エクシーガ2.0GT tuned by STI』に続く、STIの7シータースポーツ第2弾『エクシーガtS』は、ミニバンにとって真に正しい乗り心地とは何かを教え...

続きを読む...

空力性能は純正以上!R35GT-R用ストリート仕様エアロが間もなく完成

造形美と空力性能を磨いたエアロパーツは、欧州スポーツに負けない性能と質感を表現サーキットでのタイムアタックで、トップタイムを刻むデモカーやチューニングカーに究極の空力アイテムを提供する『VOLTEX(ボルテックス)』。実...

続きを読む...

700万円を費やした正統派チューニングカー「アウディS4」の正体

速く走らせるための本気メイキングで500psをアクセル全開で攻める走りの魅力にどっぷりと浸かれるのは若さの証し。速さを得るためにはクルマ作りも妥協したくないし、巧みなドライビングのための努力も惜しまない。そんなひたむきに...

続きを読む...

「STI名車列伝」インプレッサWRX-STi(GC系)はココが神ポイントだった

ラリーストを目指す筆者が諦めた夢のマシン、それがインプレッサ初の「STiバージョン」1994年1月に発売された初代SUBARU・インプレッサのSTiバージョン(GC8)は、月産100台限定の受注生産。「Handcraft...

続きを読む...

ドイツのチューニングメーカー「ゲンバラ」が復活を遂げた真相に迫る

大きく揺れ動いた老舗チューナーから完成車ビジネスへの躍進へ実力はありながらも運命に翻弄されたドイツのチューナーといえば「ゲンバラ」だ。一度はその歴史に幕を降ろした彼らが、密かに復活を遂げている。本家ポルシェのお膝元ドイ…

続きを読む...

アメリカでSUBARUを愛するオーナーたちのあつ〜い1日を密着! 

ご自慢の“スビィ”に乗って西海岸のスバリストが集まった北米でも人気急上昇中のSUBARU。それだけに、日本に負けず劣らず、熱〜いSUBARUファンが多数く、各地でファンミーティングも開催されているという。今回はそのなかの...

続きを読む...

ベーシックなE200を過激な「AMG E63スタイル」へアップデート

デジテックでお馴染み「オフィスM」ならではの目立たないけどズゴいデモカーメイク術メルセデス・ベンツのセダンをカスタマイズする場合、最も重要なのは快適性を損なわない事。だが、それが一番難しく、特にマフラーサウンドは好みが大…

続きを読む...

その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズアップSUBARU/STIの歴史に残る“偉大なWRX”として、燦然と輝く『インプレッサ22B STiバージョン』。限定400台にはプレミアが付き、海...

続きを読む...

R32GT-Rの理想を具現化した究極なる「カーボン×ワイドボディ」

エアロパーツの域をはるかに越えた純正ラインを損なわない美麗フォルムタイムアタックからドラッグレース、イベントまで精力的に全国を駆け回る福岡県のGT-R専門店「GARAGE ACTIVE」。その代表を務める坂本和繁氏が、自...

続きを読む...

ホイールベース短縮でサーキットを征服したGT-R 「ハコスカ」はこんなクルマだった

コンピュータを使って車体設計コンマ1秒を削るための偉大なる努力ロータリ―勢の台頭を予感させた昭和45(1970)年。その年の10月に、ライバルを突き放すべく登場したKPGC10。卓越したエンジン性能のみならず、運動性能、...

続きを読む...

パワーは驚異の1000ps!! トップカテゴリーで戦う「ドリフトマシン」に迫る

フォーミュラドリフトの2017年度王者となった 「アンドリューグレイ」のJZXチェイサー「フォーミュラドリフトジャパン(FORMULA DRIFT JAPAN)」において、3年連続のチャンピオンに輝いたアンドリュー・グレ...

続きを読む...

この性能はやめられない!日本のチューナーが調律する禁断の「BMW M POWER」

ビッグタービンで下克上爽やかにM4をカモれ!BMWといえばドライブすることが楽しくなるドライバーズカー。メーカーのキャッチコピーにもあるように”駆けぬける歓び”を堪能できるクルマだ。その中で、特に性能の高さで魅力的なクル...

続きを読む...

「買い物ついでにサーキットでも走ろう」を可能にした小粋なハイパワー”BMW M2″

スタイルはもちろん、足と操作感を心地よく。コンパクトなM2に大きな夢を持つ”目標500HP仕様”小柄なスポーツクーペBMW M2という好素材を多彩に楽しめる相棒へ。そんな楽しい企みを実行しているの...

続きを読む...

この違和感はなんだ!? サーキットを激走するワンボックスカーに迫る 

CPUチューンと足回りチューンのハイエースがセントラルサーキットを激走!箱車がサーキットを走るなんて!? ふつうではちょっと考えがたいことだが、あの憧れのニュルブルクリンク・オールドコースだって、一般走行時には1BOX車...

続きを読む...

1 / 11123...10...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング