「デモカー」の記事一覧 - 2ページ目

さらに車種で絞り込む:

セレブが認めるオンリーワンの空間「敏腕チューナー」によるインテリアの世界

マンソリー、テックアート、ブラバス……“魅せる”ための仕掛けが満載だったチューナーの持つ技術のすべてを注ぎ込んだコンプリートカーという作品には、それぞれの個性がエレガントに、スポーティに、そして時...

続きを読む...

蘇った伝説のブランド「ロリンザー」 後期Sクラス国内一号車にフォーカス

ロリンザーを主張するアイコンを備え、存在感を高めたフラッグシップがココにメルセデス・ベンツを主体としたドイツのチューナー「ロリンザー」。ここ最近はシンプルスタイルが中心だったが、エッセンモーターショーでワールドプレミア…

続きを読む...

2台のゴルフGTIを所有し、うまく使い分ける20代のVWオーナー

世代の違う2台のGTIを愛でる若き園芸家ホットハッチが好きで、9年前に購入したVWゴルフ5を今も家族で愛用。そして昨年、仕事に精出す彼へのご褒美が、理想のゴルフ2との出会い。花とゴルフに囲まれた麗しい一家を取材してみた。...

続きを読む...

ラパンの車高アップで見えてきた「新たな軽自動車カスタムの可能性」

タフに見せる芸の細かな演出で“キュートな軽”がマッド&スパルタンに!いま、自動車カスタムにおいてリフトアップが人気だ。ベース車は箱バンや軽トラといった軽自動車を中心に、SUVでも”ちょ...

続きを読む...

レクサスLCへ捧ぐ、3Dモデリングの造形美を与えたボディキット

エイムゲインのアンダーフラップにはコンマ1mm単位のこだわりが宿っていたアンダーフラップ系のスポイラーには何かと利点が多い。レーシングカーに使われるようなカタチが分かりやすくスポーティに演出できるし、薄型設計なのでロード...

続きを読む...

「ハイエース・注目インテリアメイク第3弾」黒と白でキメたシンプルビューティは車中泊もOK!!

白を基調にリッチな内装を具現化。コレがセカンドハウスの流儀だったトヨタ・ハイエースのインテリア&エクステリアコンプリートカーを製作・販売する「セカンドハウス」。スーパーロングをベースにしたインテリアコンプリートカーは、…

続きを読む...

「STI名車列伝」じつは3列目の乗り心地が抜群によかった奇跡のミニバン「エクシーガtS」

今からでも購入候補に挙げたくなる傑作車2009年に発売された『エクシーガ2.0GT tuned by STI』に続く、STIの7シータースポーツ第2弾『エクシーガtS』は、ミニバンにとって真に正しい乗り心地とは何かを教え...

続きを読む...

空力性能は純正以上!R35GT-R用ストリート仕様エアロが間もなく完成

造形美と空力性能を磨いたエアロパーツは、欧州スポーツに負けない性能と質感を表現サーキットでのタイムアタックで、トップタイムを刻むデモカーやチューニングカーに究極の空力アイテムを提供する『VOLTEX(ボルテックス)』。実...

続きを読む...

23歳で乗るからこそ価値がある。若きオーナーが1000万円の輸入車に乗る単純なワケ

今だけしか味わえない貴重な経験、無理してでも装着したいパーツがあったまさか、こんな若いヤツが乗っているとは……、といった他人のリアクションを見てほくそ笑むオーナー。そんなことも、まさに今だけしか味わえないとっておきの経験.…

続きを読む...

700万円を費やした正統派チューニングカー「アウディS4」の正体

速く走らせるための本気メイキングで500psをアクセル全開で攻める走りの魅力にどっぷりと浸かれるのは若さの証し。速さを得るためにはクルマ作りも妥協したくないし、巧みなドライビングのための努力も惜しまない。そんなひたむきに...

続きを読む...

「STI名車列伝」インプレッサWRX-STi(GC系)はココが神ポイントだった

ラリーストを目指す筆者が諦めた夢のマシン、それがインプレッサ初の「STiバージョン」1994年1月に発売された初代SUBARU・インプレッサのSTiバージョン(GC8)は、月産100台限定の受注生産。「Handcraft...

続きを読む...

ドイツのチューニングメーカー「ゲンバラ」が復活を遂げた真相に迫る

大きく揺れ動いた老舗チューナーから完成車ビジネスへの躍進へ実力はありながらも運命に翻弄されたドイツのチューナーといえば「ゲンバラ」だ。一度はその歴史に幕を降ろした彼らが、密かに復活を遂げている。本家ポルシェのお膝元ドイ…

続きを読む...

「ハイエース・注目インテリアメイク第3弾」豪華絢爛に生まれ変わった特装車のススメ

もはや商用車のイメージは何処へ?レザーとイルミで蘇る究極ツアラー「トヨタ車体」が製造する、キャプテンシートを4脚装備した10人乗りワゴン車「トヨタ ハイエース・ファインテックツアラー」。使い方は様々で、送迎用からファミリ...

続きを読む...

GLCクーペに向けて、業界をリードする3Dプリンター開発のボディキット

スマートなクーベボディのSUVを優雅で凛々しいフォルムに進化メルセデス・ベンツのアフターパーツ市場への参入以来、新型車種に対してコンスタントにエアロプログラムを企画し続ける「エムズスピード」。最新作はGLCクーペ。「Pr...

続きを読む...

アメリカでSUBARUを愛するオーナーたちのあつ〜い1日を密着! 

ご自慢の“スビィ”に乗って西海岸のスバリストが集まった北米でも人気急上昇中のSUBARU。それだけに、日本に負けず劣らず、熱〜いSUBARUファンが多数く、各地でファンミーティングも開催されているという。今回はそのなかの...

続きを読む...

2 / 29123...1020...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング