「サスペンション」の記事一覧 - 8ページ目

さらに車種で絞り込む:

50プリウス専用に「ブリッツ」がチューニングした車高調整式サス

全長調整式・32段減衰力調整が可能『ダンパーZZ-R』の基本スペックは踏襲トヨタ4代目プリウスでカスタマイズを楽しむユーザーにいち早く車高調シリーズ『ダンパーZZ‒R』を設定し対応したのが、チューニングパーツメーカー「ブ...

続きを読む...

「テイン」車高調キットがトヨタ200系クラウン全モデルに対応!!

老舗メーカーが本気で作った3種類の車高調式サスペンションVIPカーの世界で最も熱いのがトヨタ200系クラウン(先代モデル)。「テイン」ではアスリート用をすでに発売していたが、ロイヤル用の開発が無事に完了。これにより、今後...

続きを読む...

30系アルファード&ヴェルファイアに「10.5Jホイール」に装着する

日産GT-R用10.5J極太ホイールを履かせる「フェイト」の足まわりセッティングトヨタ30系アルファード&ヴェルファイアのホイール選択における常識がアップデートされた。それが20インチホイールではあるが、注目すべき点は径...

続きを読む...

アルファード/ヴェルファイア専用エアサスが「フェイト」から登場

新ブランド「アヴェル」の第1作目は「フェイト」と「ボルドワールド」で共同開発アルファード&ヴェルファイア専門のブランドが「フェイト」から誕生した。その名も『アヴェル』。その第一弾として企画されたのがエアサスだ。アルファー…

続きを読む...

「HKS」がアルファード/ヴェルファイア用サスキットをリリース

あえて純正形状を採用した「ハイパーマックスG」チューニング経験者ほど理解できる上質な乗り味チューニングパーツメーカー「HKS」からトヨタ30系アルファード/ヴェルファイア用のスポーツサスペンション『ハイパーマックスG(H...

続きを読む...

スタンス系を極める「エアサス」のメリット・デメリット

走行中に車高を高めれば大丈夫?カスタムシーンにおいて、ローダウンを極めるための必須アイテムといえるのが「エアサス(エアーサスペンション)」。取り付け法によっては路面とボディ下面が接地する「車高ゼロ=着地」の状態にすること…

続きを読む...

ジャッキアップなしで車高調整が可能「Gドライブ」サスペンション

ホイールのすき間から工具を差し込みミリ単位で車高調整を自在にできるドレスアップにおいて、長年議論されてきた車高調か? エアサスか? という問題。これに対する一つの回答となりそうなのが、エアサスのトップブランド「ACC」か...

続きを読む...

「ボルドワールド」新型プリウス用エアサスキット完成!

トヨタ50系プリウスで地を這うフォルムが実現できる!「ボルドワールド」製エアサスが新型プリウスに対応!エアサスメーカーのボルドワールドが50系プリウスの2WD車に対して、マッチングを完了し発売を開始している。全長調整式+...

続きを読む...

「オートエクゼ」がマツダCX-5&デミオのフルバンパーエアロを発売!

機能パーツの進化をエアロキットでも表現ミリ波レーダーにも対応グリルを採用!マツダ車のチューニングパーツを開発・販売する「オートエクゼ」が、CX-5およびデミオの新世代ボディ「AutoExe 05S」シリーズをリリース。従...

続きを読む...

走れる究極のローダウン「ハイエース」の超カスタム度

大径ホイールをフェンダーに収める着地フォルムカスタムカーショーなどでは極限までローダウンされたクルマが多数展示されるが、このハイエースはその代表的な例。製作したのは大阪にある「DRスタイル」。ここはトリニティというメーカ.…

続きを読む...

空気ではなく油圧で車高を自在に調整する「トリニティ」

車高ダウンだけでなくハイエースの乗り心地がアップ!カスタムシーンにおける「車高調整装置」といえば空気バネの圧力調整で車高を上げ下げするエアサスペンション(エアサス)がおなじみ。ところが「トリニティ」が勧めるのはハイドロ…

続きを読む...

「アラゴスタ」からアウディ【A3&A3】用サスキットが登場

しなやかな乗り味とスポーティな走りを両立スポーツサスペンションメーカーの「アラゴスタ」アウディA3およびS3(ともに現行モデル・V8型)用・全長調整式サスペンションキットをリリースした。ラインアップは、TYPE-S(スポ...

続きを読む...

大阪オートメッセ「R35GT-R」にど迫力のエアロとガルウイングドアを装着

トップシークレットが提案する公道も走れるサーキット仕様大阪オートメッセ2016でもっとも迫力のある日産R35GT-Rが6A号館にある! トップシークレットブースにある「三代目たいめいけん」だ。名前にあるとおり、このクルマ...

続きを読む...

オートサロン2016 R35GT-Rの車高を自在に操る「トップシークレット」”HAシステム”がスゴイ!

車高を高めて輪止めやスロープから回避!ローダウンしてもエアロを傷付けずに済む空力的・デザイン的にエアロパーツを装着し、車高を下げると、クルマはいっきにカッコ良くなる。しかし、スロープや段差などで、大切なエアロを擦ってし…

続きを読む...

8 / 9«...789
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング