『WAGONIST』

次号を予約するとず〜っと25%OFF! 今ならWAGONISTオリジナルマグネット付き3WAYライトがついてくる! 購読キャンペーン実施中

電気自動車「リーフ」もリフトアップするとワイルドに!新感覚なアゲレシピ♪♪

足元は手軽のスプリングでちょいアゲし、オリジナルのテッチンでキメる電気自動車だから、エコカーだから、大人しく街乗り仕様で。そんな枠にとらわれていたら、楽しいクルマには出会えない。例えば「ESB」が手がけた日産リーフ。今後...

続きを読む...

「ワークス・チューニング」だからこそ可能になる走行性能&ルックスの向上

家族が乗るクルマで安心して走りを楽しむ、ディーラーで買える最新アイテム事情自動車メーカー直系のワークスブランド。トヨタならTRD、日産ならNISMO、ホンダなら無限、スバルなら STIと、それぞれが車両にふさわしいチュー...

続きを読む...

車高調の基礎知識「全長調整、減衰力、バネレートってなに?」

用語を知っておけば選び方も変わる!車高調に関する7つの基本をおさらい「車高調」は、乗り心地重視の街乗り仕様からサーキットスペックまで、豊富なバリエーションで販売されている。カスタマイズ派や走りにこだわる人にとっては欠かせ…

続きを読む...

車検は? 乗り心地は? 「知っておきたいエアサスの基礎知識・後編」

耐久性やメンテナンスの方法は?工賃など知りたいエアサスの疑問6つスイッチやリモコンで簡単に車高を上げ下げできる「エアサス(エアサスペンション)」。ドレスアップ・ユーザーが憧れるローダウン用パーツだけど、車検、耐久性、工賃…

続きを読む...

車高が変わる仕組みは?? 「知っておきたいエアサスの基礎知識・前編」

大幅に信頼性が向上したローダウン用パーツ意外にも構造はシンプルなものだったボタンひとつでパッと車高を上げ下げできる「エアサス(エアーサスペンション)」といえば、ドレスアップ・ユーザーが憧れるアイテムのひとつ。とはいえ、…

続きを読む...

国内生産にこだわるエアサスはどうやってできる? 工場見学「ボルドワールド編」

自社開発、ジャパン・メイドを徹底する開発思想や組み立てについて大公開「ボルドワールド」がエアサスメーカーとしてスタートしたのは平成7年。当時、スイッチ操作で車高が上下するエアサスはデモカー向けであり、一般ユーザーが気軽に…

続きを読む...

「ローダウンしたいけど乗り心地は悪くしたくない」を可能とする救世主がココに

車高を落とすと弊害となる乗り心地、ミニバン&ワゴンゆえの悩みを解消するドレスアップの絶対条件ともいえるローダウン。カッコ良くなることは間違いないが、その裏で乗り心地の悪化という副作用が出てくることも事実だ。一人で乗るの…

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  2. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  3. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  4. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  5. 大阪オートメッセ2019「キャンギャル&コンパニオン・その3 画像ギャラリー200枚」

    キュート系からセクシー系まで、彼女たちに大接近!  インテックス大阪で...

  6. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  7. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...

  8. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  9. 「流れるウインカー」が純正バルブと交換するだけで実現可能に

    独自の設計で保安基準にも適合、 トヨタ・アルファードやノアなどに設定 ...

  10. クルマ盗難の新手口「リレーアタック対策グッズをテスト」

    アルミホイルから専用ポーチまで徹底比較  クルマのドアノブに手を触れる...