「メンテナンス」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

サーキット走行でタイヤの空気圧は「高めか?」「低めか?」

周回毎にタイヤの空気圧をチェック!ドライビングにあった設定を探すサーキットのスポーツドライビングで気になるのがタイヤの空気圧。いや、気にならない人もぜひ空気圧には敏感になってほしい。空気圧を計測するエアゲージを持ってい…

続きを読む...

車のエアコンが効かない!! 症状別の修理費用はどれくらい?

ガス充填が症状を悪化するケースもある専門家の修理が必要なエアコントラブル猛暑日続きで、日本列島の不快指数はレッドゾーン。さすがにエアコンなしのカーライフは考えられないわけで、トラブルになってしまうとサスガに辛い。「エア…

続きを読む...

くたびれた運転席と助手席を入れ替える、注目のリフレッシュメニュー

無駄なく最後までシートを使い切る予算3万円の”お手軽プラン”とは?GT-R専門誌「GT-Rマガジン」のデモカーである日産・スカイラインGT-R(R34スペックII ニュル)が、走行距離30万kmの...

続きを読む...

万一のバッテリーあがりから災害時まで役立つBELLOF「バッテリーチャージャー」

ロードサービスや他人の手を借りずにバッテリーを充電して再スタートできるクルマのバッテリーが上がってエンジンが始動できないとき、ジャンプコードでほかのクルマのバッテリーから電気をもらう、ロードサービスを呼ぶなど、いくつか…

続きを読む...

正しい本革シートの手入れ方法とは?間違ったメンテで劣化が促進してしまう

潤いが必要なのは人の肌と同じ仕上げは専用トリートメントで風合いがよく、肌触りもいい。そして高級感もある本革シート。撥水性や摩擦にも強く、耐久性にも定評がある。とくに、クルマのインテリアに使うモービル用の高級本革は、革の…

続きを読む...

今年の猛暑はコレで打ち勝つ!!「真夏に取り入れておきたい最強の断熱アイテム5つ」

サンシェードから断熱ガラスまで“夏場に効果あり”な快適向上計画今年の夏は異常な暑さでございます。先日にフリーマーケット(車両持ち込み)に出品したのですが、会期中はエンジンを停止しなければならず、軽...

続きを読む...

今すぐ知っておきたい「SUBARU車メンテのツボ 7項目」

ひと昔前とは変わった2000年代モデルの弱点市販車と比べ、過酷な使用条件下で使われる競技車。その車両を長年に渡り製作&メンテナンスしてきたのが「ケー・アイ・ティー・サービス・カンパニー」だ。今回、SUBARU車を知り尽く...

続きを読む...

中津スバルに聞いた「歴代レガシィのメンテナンス術」 

3~5代目レガシィのメンテナンスをスペシャルショップに聞く低年式&過走行、10年落ち、そして高年式のレガシィと、それぞれ車両によって異なるメンテナンスのポイント。そこで、3代目〜5代目のレガシィについて、創業63年の老舗...

続きを読む...

ミニバンの走りが元気になる? メーカーワークスが作った剛性アップパーツの実力

TRDが開発したハンドリング向上アイテム見た目は地味だけど効果は果たして?トヨタのワークス部門である「TRD」は、機能性に優れるパーツを数多く展開している。例えばアルファードやヴェルファイア、ノア、ヴォクシーなどに対応す...

続きを読む...

プロも愛用!! 樹脂パーツの光沢復活やカーボン製品のクリア補修に

クルマのヤレた感じを払拭する、施工もラクラクに樹脂パーツを復元色あせた樹脂を甦らせる、と好評な自動車用ケミカル、「ワコーズ(WAKO’S)」の『スーパーハード』。優れた耐久性と耐熱性を持つ樹脂用コート剤であり...

続きを読む...

日本初!! クルマ磨きを体験する工具専門店「BULLET」がオープン

洗車ツールを見て、使って、体感できる自動車磨きに特化した体験型実店舗クルマ磨き用の工具に特化した日本初となる”体験型”クルマ磨き専門店「Bullet(バレット)」がオープン。関越道・所沢ICから5...

続きを読む...

エアフィルター、エンジンオイル、オイルエレメントの「スポーツタイプ」はなにが違う?

純正プラスアルファの性能はメンテナンス用品としても使えるエンジンオイルや、オイルフィルター、エアクリーナーといったクルマの消耗パーツにも純正品だけでなくスポーツタイプが存在する。純正パーツは幅広いドライバーの用途を想定…

続きを読む...

DIYに挑戦!! 「5年以上蓄積されたヘッドライトの汚れ」どこまで除去できる?

樹脂レンズの黄ばみはどこまで取れる?ナノメタル・ライティングクリアで実践!“樹脂製ヘッドライト車”オーナーの悩みが、このヘッドライトカバーに生じる黄ばみや白ボケといった”くすみR...

続きを読む...

「裏側に大きな亀裂!?」表面だけでは発見できないタイヤの劣化状況

タイヤの製造年月を調べるにはココ!劣化を早めてしまうアノ原因とは愛車の点検の中でも、タイヤの点検はとくに重要で、タイヤの空気圧タイヤの亀裂、損傷タイヤの溝以上の3点は、ドライバーに義務付けられている日常点検の項目にも入っ…

続きを読む...

1 / 12123...10...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング