「メンテナンス」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

日本初!! クルマ磨きを体験する工具専門店「BULLET」がオープン

洗車ツールを見て、使って、体感できる自動車磨きに特化した体験型実店舗クルマ磨き用の工具に特化した日本初となる”体験型”クルマ磨き専門店「Bullet(バレット)」がオープン。関越道・所沢ICから5...

続きを読む...

エアフィルター、エンジンオイル、オイルエレメントの「スポーツタイプ」はなにが違う?

純正プラスアルファの性能はメンテナンス用品としても使えるエンジンオイルや、オイルフィルター、エアクリーナーといったクルマの消耗パーツにも純正品だけでなくスポーツタイプが存在する。純正パーツは幅広いドライバーの用途を想定…

続きを読む...

DIYに挑戦!! 「5年以上蓄積されたヘッドライトの汚れ」どこまで除去できる?

樹脂レンズの黄ばみはどこまで取れる?ナノメタル・ライティングクリアで実践!“樹脂製ヘッドライト車”オーナーの悩みが、このヘッドライトカバーに生じる黄ばみや白ボケといった”くすみR...

続きを読む...

「裏側に大きな亀裂!?」表面だけでは発見できないタイヤの劣化状況

タイヤの製造年月を調べるにはココ!劣化を早めてしまうアノ原因とは愛車の点検の中でも、タイヤの点検はとくに重要で、タイヤの空気圧タイヤの亀裂、損傷タイヤの溝以上の3点は、ドライバーに義務付けられている日常点検の項目にも入っ…

続きを読む...

SUBARU「リニアトロニックCVT」を快適・長持ちさせるメンテナンス

CVTフルードの全量交換が基本、シビアなオイル管理が必要だった「CVTのメンテナンス」に関しては不要、と思いがちなスバルの現行モデル。基本的にはその考え方で間違いはないのだが、気持ち良く乗りたいならば「油脂類」は定期的に...

続きを読む...

2億円以上の価値あり、ビス1本から当時を再生する「ブラバス・クラシックメルセデス」の魅力

“オールドタイマー”の名を得た傑作、「Mercedes-Benz 300SL ガルウイング」メルセデス・ベンツのチューナーとして、世界的に名高い「ブラバス」。『ブラバス・ロケット』や『ワイドスター...

続きを読む...

ブレーキパッドの「焼き入れ」は百害あって一利無し!正しいブレーキのナラシとは

制動時の不快な振動を抑制するには300〜1000kmのナラシ運転が必要!ブレーキパッドやローターを交換したとき、「パッドの焼き入れ」と称してブレーキから白煙が吹くように故意に温度を上げるようなことをするとローターの歪みの...

続きを読む...

革シートの汚れを徹底除去! プロが開発した本格派クリーナーが登場

頑固な皮脂汚れがみるみるキレイに!シートカバーのクリーニングにも最適カーディテーリングのプロと化学メーカーが共同開発した洗車ブランド「ULGO(ウルゴ)」。新たに発売された『レザークリーナープロ』は、本革シートやPVCな...

続きを読む...

結局のところ「コーティングとワックス」、どっちがいいの?

ワックスならではのツヤ感か、手軽さで人気上昇中のコーティングかボディケアの要となるのが、ワックスだ。さらに最近ではコーティングも人気となっている。どちらも車体の塗装面を保護することから、ひと括りでワックスと呼んでいる人…

続きを読む...

1.5万円で実現できる「ステアリング補修」の救世主、ルックス向上も可能に

ウレタンハンドルの質感アップにも最適!DIYでリーズナブルに施工できるステアリングやシフトノブは、クルマを動かすたびに触れるパーツだけに劣化が早い。 革がテカってしまったり、ネバつきによって手触りまでが損なわれてしまうこ...

続きを読む...

巷で話題のアイテムで実践「古ぼけたヘッドライトは美しく蘇るのか?」

“削らず、溶かさず、キズつけない”「ペルシード」でどこまでキレイになる?洗車用品で知名度を上げる「ペルシード」が、新たな商品を発売したって言うので効果をチェックしてみた。その名も『ヘッドライトクリ...

続きを読む...

マークII3兄弟の中古車「15のトラブルポイント」 購入予定者は必読!

チューニング資質が高いからこそJZX系絶対に見逃してはいけないポイントを紹介チューニング人気が高く、中古車市場では高値安定が続くトヨタのマークII・チェイサー・クレスタの3兄弟。ノーマルからチューンド仕様まであらゆる選択...

続きを読む...

「インプレッサGV/GR編」注意すべきメンテナンスのチェックポイント7つ

比較的に新しいGV/GR系も要注意!エンジンまわりにポイントが潜む衰えぬ人気とは裏腹に、ハードウェアとしてはデビューから10年が経過したスバル・インプレッサGV/GR系。前回は、その前世代にあたる「GD/GC系のチェック...

続きを読む...

「ヘッドライトの輝き」が取り戻せる、話題のフィルムに車種別カットタイプがいい感じ!

「リバイバルシート」に車種専用タイプ面倒なカット不要で貼りやすさが向上した小キズやくすみなどで劣化したヘッドライトに貼るだけで、表面の小傷を埋めて透明感を甦らせる話題の『マジカルアートリバイバルシート』。復元だけでなく…

続きを読む...

1 / 12123...10...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング