「モータースポーツ」の記事一覧 - 9ページ目

さらに車種で絞り込む:

クラシックF1にて日本人初のモナコ優勝を遂げた‭久保田選手の新チャレンジ

新たなチャレンジを始めた久保田克昭、速さも戻りつつあり一歩前進か1960年代後半から1980年代前半のフォーミュラ1と言えば、ファンの間ではゴールデンエイジと呼ばれている。そんな時代のF1マシンが、思いっきりサーキットで...

続きを読む...

VWが電気自動車でパイクスピークヒルクライムレースの最速タイム更新!

31年振りにフォルクスワーゲンが参戦!パイクスピーク最速記録をEVで大幅更新アメリカ・コロラド州パイクスピークでは、現地時間6月24日(日)に96回目となる「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(通称パイクス...

続きを読む...

佐藤琢磨選手がゲストで登場した「POTENZAサーキットミーティング」

ビギナーから上級者まで走る楽しさを身近に ブリヂストンが後援している『POTENZAサーキットミーティング(以下PCM)』はスポーツ走行に慣れた人から初心者までの「誰もがサーキットを楽しく、安全に走る」というこ...

続きを読む...

2000本におよぶピレリタイヤを消費した、過酷な24時間レースの世界

クラスやスティントで異なる作戦&交換作業、使わなかったタイヤはどうなる?今シーズンのスーパー耐久シリーズで、24時間レースの復活とともに、大きなトピックとなっているのがタイヤの変更。コントロールタイヤがF1でもおなじみの...

続きを読む...

24時間を戦い抜く耐久レース、参戦チームが語る「灯火類のこだわり」

クラスで変わるレギュレーション、チームの工夫が随所に施される富士スピードウェイでは50年ぶり、日本国内で見ても10年ぶりとなる24時間耐久レースが、好天に恵まれた6月2日開幕。「ピレリ スーパー耐久シリーズ2018」の第...

続きを読む...

レース観戦以外も楽しめる「SUPER GT」にファミリー連れが多い理由

身近な車種による熱いバトル展開のほかに親子で楽しめるエンターテイメントが充実欧州を中心に人気を集めるF1、アメリカのインディーカーシリーズ、ドイツのDTMなど、モータースポーツファンを惹きつける自動車レース。ここ日本でも...

続きを読む...

9 / 10«...8910

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...

  4. 普通免許でもOK!! 運転する楽しさと車中泊を両立するキャンピングトレーラー

    駐車スペースなどの費用は必要だが 運転する楽しさと機動性は失わない ...

  5. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  6. 「技術の日産」の礎となったレース参戦!厳選耐久レース用マシン5台【ニスモフェスティバル2018】

    レースで培ったターボ技術 サーキットは走る実験室だ 12月2日、静岡...

  7. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  8. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  9. キャンピングカー初心者に送る「購入時にチェックすべき5つのポイント」

    「何名で宿泊する? 駐車場に入るの?」 就寝時のスペースも考えて購入し...

  10. 車中泊時の「寝袋」選びは安眠と動きやすさが重要

    寝袋選びの基本は、寝袋ごとに設定される「快適睡眠温度」が使用時の気温にあ...