「モータースポーツ>スポーツ」の記事一覧

「モータースポーツ」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

かつて「FF車乗り」の常識だったドラテク「タックイン」を聞かなくなったワケ

タックインって何 昔のドラテク本にはほぼ間違いなく掲載されていた、FF特有の『タックイン』というドライビング・テクニック。しかし最近ではほとんど耳にすることがなくなった。どんな技術でどうやれば駆使できたのか、消えてしまっ.…

続きを読む...

日本人オーナーチームが念願のレギュラーシーズンチャンピオンを獲得!【NASCARトラックシリーズ】

プレイオフに向けて大きな一歩 アメリカで大人気のストックカーレースNASCAR(ナスカー)で、唯一の日本人オーナーとして活躍する服部茂章代表は、今シーズンも自らのチーム「Hattori Racing Enterprise...

続きを読む...

「オバフェン」「チンスポ」の昭和の族車! じつは真面目なレースがルーツだった

レーシングマシン風の改造車スタイル「グラチャン族」という言葉をご存じだろうか。昭和の時代に大流行したいわゆる暴走族で、レーシングマシン風の派手な外装を施した改造車に乗り、公道を走り回っていた街道レーサーたちのことだ。 …

続きを読む...

「雨だから」でキャンセルはもったいない! サーキットでは「ウエット」こそ「ラッキー」と思うべき理由

雨のサーキットでドラテク向上へ サーキットでのスポーツ走行が好きだという人でも、雨天でのドライビングが得意という人は多くはない。雨が降ると視界は悪いし、滑りやすいし、タイムも出ないし……。しかし、昔から「上手くなりたかっ.…

続きを読む...

第15戦 群馬トヨペット・ツンドラ16号車は混戦で3位入賞しシリーズトップ堅持【NASCARトラックシリーズ】

オーバータイムの戦略で明暗が分かれる アメリカでもっとも人気のあるストックカーレースであるNASCAR(ナスカー)で、唯一の日本人オーナーとして活躍する服部茂章代表率いる「Hattori Racing Enterpris...

続きを読む...

いまどきのサーキットは縁石の外側まで舗装! かつて当たり前だった「砂利敷き」が減ったワケ

サーキットのコース外のエスケープゾーンとは サーキットのエスケープゾーンといえば、砂利を敷き詰めるのが一般的だった。しかし近年では部分的に舗装されるケースが増えており、特に国際規格のサーキットではその傾向が強いようだ。…

続きを読む...

ついに明日決勝のル・マン24時間レースでトヨタ三連覇なるか! 挑み続けた「究極の耐久レース」へのニッポンの歴史

ニッポンのル・マン挑戦は50年にも達した 新型コロナウィルスの感染拡大を受け、日程を変更し、さらに無観客で実施することが決定した2020年のル・マン24時間レース。日本人ドライバーとして中嶋一貴が、マニュファクチャラーと...

続きを読む...

「シャンパンじゃなく牛乳」「顔だらけのトロフィー」「巨大な指輪」! 佐藤琢磨が2度も勝った「インディ500」の「特別」度

日本はモータースポーツの真髄を理解できるのか 佐藤琢磨が二度目のインディ500優勝を果たした。これはとてつもない偉業だ。アメリカの全国紙でも「佐藤が」という点を強調しつつ大々的に報じらていた。1回でも勝つのが大変なのをア...

続きを読む...

1 / 3212345...»