「モータースポーツ>ワゴン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

市街地からモータースポーツまで対応!ブレンボ製ブレーキシステムに新型キット登場

幅広い車種へ性能重視のGTS Kit ブレンボジャパンは、『ブレンボ Gran Turismo Brake System』にGTS Kitのラインアップを追加し、発売を開始させた。 鋳造モノブロック構造となるキャリパーは...

続きを読む...

ホイールナット選びは要注意!サーキット走行で軽量タイプがオススメできない理由

材質で熱膨張率と強度が異なる カスタマイズにおいて、ホイールとセットで交換することも多いナット。人気が高いのはジュラルミン製の軽量ナットで、カラーバリエーションも豊富に揃っている。ところがハードなスポーツ走行には、オス…

続きを読む...

クルマの走りが変わる魔法の棒? ストラットタワーバーの持つ効果とは

車体のネジレを抑制し、ボディ剛性をアップ お手軽なチューニングパーツとして知られるストラットタワーバー。低コストでクルマのボディ剛性を高められ、かつ体感しやすいと言われるパーツの代表格だ。今昔も変わらず人気なのだが、そ…

続きを読む...

マツダが参加型モータースポーツを身近に! ドライビングレッスンを含めた4イベントに協賛

ドライビングレッスンも規模拡大へ マツダは、同社車両のユーザーを対象にした「Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー」「マツダファン・サーキットトライアル」「マツダファン・エンデュランス」「ロードスター...

続きを読む...

クルマの運動性能にも影響する? アルミホイール「鍛造と鋳造」の違いとは

コスト優先か、性能優先か アルミホイールには「鍛造」と「鋳造」という2つの製法がある。クルマ好きならばご存知かと思うけど、このふたつは具体的に何が違うんだろう。一般的には鍛造のほうが強度に優れるうえに軽量、つまり高性能と…

続きを読む...

有名ジーンズとシート2メーカーがコラボ!デニム地のバケットシート誕生

ジーンズメーカー「ベティスミス」とのコラボ第2弾 スポーツシートメーカーの「BRIDE(ブリッド)」は、インテックス大阪にて開催された「大阪オートメッセ2019」で、商品展示や試座を行なった。今回紹介されていたシートのな...

続きを読む...

ボディ補強パーツは街乗りでもチューニング効果が発揮できる

路面からの衝撃を上手く吸収する ボトム周りを中心としたボディ補強は、クスコというブランドを展開する「キャロッセ」が得意とするチューニングメソッド。各車種のボディを分析し、走るステージやオーナーの好みに見合った補強パーツ…

続きを読む...

市販間近なオプションパーツを三菱がいち早く披露

エクリプス クロスとアウトランダーの魅力をグッと高めるヒカリモノ&小技&新作パーツ 1月11〜13日で千葉県幕張メッセで開催している東京オートサロンに出展する「三菱自動車」は、最近登場したニューモデルやマイナーチェンジモ...

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  4. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  5. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  6. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...

  7. 1969年に起こった衝撃! 日産の名車、フェアレディZとスカイラインGT-R 誕生

    希少な両車をオートモビルカウンシルへ展示  国産車の歴史の中で、パフォ...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. 家族の安全を守る!ブレンボがミニバン用大容量ブレーキキットを発売

    トヨタ・アルファード/ヴェルファイア用を設定  世界を代表するブレーキ...

  10. 最高落札額は53億円! クラシック・フェラーリが超高値で取引されている理由

    クルマの美術的価値は数年前に不動になった  もともとオークションとは絵...