「旧車」の記事一覧 - 17ページ目

さらに車種で絞り込む:

「WORK」ホイールの魂を込めた原点回帰の象徴を軽自動車へ

古き良きレースホイールの面影を残した4スポークホイール「エクイップ40」日本屈指のホイールメーカー「ワーク」。その長い歴史の中で存在する、同社を代表するブランドといえば「Equip(エクイップ)」だ。その原点をいま一度現...

続きを読む...

第2世代GT-R用「フルチタンマフラー」に車検対応モデル登場!究極の排気効率と軽量化を両立

競技専用モデルの開発実績と性能を車検対応のJASMA認定で体感できる速く走るためだけに…と、性能を徹底的に追求した「東名パワード」のチタン製エキゾーストシステムといえば『EXPREME Tiマフラー』だ。しかし、多くのユ...

続きを読む...

「スバル360誕生 60周年」アメリカの地を激走した”サブロク”の中身をチェック

あのグレートレースを走破した60年前誕生のサブロクに乗ってみた♪60周年を迎えた不朽の名車・スバル360。その乗り味をあらためて確認すべく、国沢光宏さんが所有するサブロクをお借りして、東京都心をドライブ。持ち前の快適な乗...

続きを読む...

スペアタイヤとテンパータイヤ、どうして減ってしまったのか?

万が一のトラブルでも安心感は高いのに、燃費、環境、スペースの問題がネックに最近のクルマはスペアタイヤの代わりに、パンク修理キットを積んでいることが多い。このキットは釘などによって空いた穴を埋める液剤と空気入れなどがセッ…

続きを読む...

その価値1000万円オーバー!! 「スバル・インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツに行ったワケ

SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズアップSUBARU/STIの歴史に残る“偉大なWRX”として、燦然と輝く『インプレッサ22B STiバージョン』。限定400台にはプレミアが付き、海...

続きを読む...

17 / 18«...10...161718

ウィークリーランキング

  1. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. プロが教える「車中泊が快適に生まれ変わるアイテム10選」

    キャンプや冬場に大活躍なアイテムも必見! 「車中泊が快適になるものだっ...

  4. 南極観測隊も使用した暖房器具「FFヒーター」で冬場の車中泊が快適に

    エンジン停止中でも使用OK!! 換気不要で後付けもできる  キャンピ...

  5. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  6. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  8. 90年代国産車が海外に流出! 高値で取り引きされるスポーツモデル4選

    北米輸出が加速する「25年ルール」  国外からの中古車の輸入が厳しく制...

  9. 「ATFは2万キロ毎の交換、過走行車はトラブルが多い」はホントなのか

    フルードの選び方もポイントとなる、 ATFに関する疑問のアレコレ い...

  10. 1200馬力の魔改造なフェラーリ! 日産GT-Rエンジン搭載で暴れ馬へと変貌

    高級グランツーリスモが右ハン仕様のドリフトマシンへ  大阪オートメッセ...