「旧車・クラシックカー」の記事一覧 - 20ページ目

「旧車・クラシックカー」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

国産ミニカーの代名詞「トミカ」が50周年! 自動車メーカーとコラボした特別モデル発表

50周年を迎えるトミカの2020年は話題が一杯! 誰もが1度は手にしたことがあるクルマ玩具メーカーのオーソリティー「トミカ(タカラトミー)」が、2020年で50周年を迎えた。1月15日、東京都内で行われた記者発表会の会場...

続きを読む...

「トヨタ・センチュリー」に描いた、福島県の生徒たちによる平成カスタム文化

左ハンドル&観音開きドアでローライダー化 昨年は元号が平成から令和に変わり、まさに歴史の節目というべき1年だった。東京オートサロンに展示された1台は、平成のクルマを使い、平成に流行ったカスタムを記憶に残すべく、製作された.…

続きを読む...

60年以上前の初代クラウンを学生たちがレストア! 若者の自由な発想で蘇らせた感動秘話とは

“整備士育成のために”生徒が奮起する 1955年にデビューしたトヨタの初代クラウンを、クルマ業界の未来を担う学生たちが力を合わせてレストア。東京オートサロンで初披露され、若者ならではの斬新なアイデ...

続きを読む...

“ハチロク世代”から次世代の若者へ! 35年前の旧車を最新技術でリメイク

生徒たちの熱意を込めた現代版AE86 言わずと知れた名車、トヨタの4代目カローラレビン&スプリンタートレノである「ハチロク(AE86)」を、宮城県仙台市の「花壇自動車大学校」の学生たちがレストア。『花壇86』と名付けられ...

続きを読む...

EV化で復活を遂げた30年前のトヨタ・スープラ、教材車として未来のエンジニアを育む

EVコンバートで提案する新たなスポーツ 千葉県の幕張メッセで開催された東京オートサロン2020。今回も学生たちの力作が数多く出展されていたが、なかでも異彩を放っていたクルマがある。派手なボディカラーと低い車高と反比例する...

続きを読む...

ライバル心を燃やすキャッチコピーも! 昭和に大流行&話題になったクルマのCM5選

インパクトのあったCMを懐かしむ「コマーシャルは時代を移す鏡」と言われて久しいが、クルマのCMにも名作は数限りなくある。もはや令和の時代になったが、やはり自動車もそのCMも一番輝いていたのは昭和の後半だろう。その中でもと...

続きを読む...

トヨタが旧モデルのパーツを復刻・再販!まずは初代と2代目スープラから

オーナーからのパーツリクエストも受付開始 トヨタが「GRヘリテージプロジェクト」を開始。これは簡単にいうと絶版モデル用のパーツを復刻し再び販売する、という取り組みだ。第一弾に復刻・再生産されるのは、初代70型スープラと2...

続きを読む...

エスティマ、プリメーラ、ディアマンテなど 2020年に“三十路”を迎えるクルマ9選

今となっては絶滅危惧車にあたるクルマも 平成元年=1989年は、日産スカイラインGT-R(R32)、ユーノス・ロードスター(NA)、トヨタ・セルシオ(初代)という国産車の歴史を変えた名車が揃って登場した。史上稀なビンテー...

続きを読む...

20 / 73«...1819202122...»