「旧車>インポート」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

クルマのヘッドライト、経年劣化による黄ばみの除去から保護までを1本でカバーするケミカル用品

樹脂製パーツ経年劣化のメンテナンスに このところ話題になっている、樹脂製のヘッドライトの経年劣化による黄ばみと曇り……。ライトの照度が落ちると車検をパスできないこともある。そのような黄ばみを除去するために、すでに様々なケ.…

続きを読む...

生産台数4台の超希少車「ランボルギーニ・ミウラSVJ」をレトロモービルに展示

過去のアーカイブを参考にリアル復元 去る2月4日から9日までフランス・パリで開催されたクラシックカーの祭典「レトロモービル」にランボルギーニは2台のミウラを展示した。なかでも新車以上の輝きを放つシャシーナンバー「#486...

続きを読む...

似て非なるドレスアップ手法「自動車カスタム」ジャンルの手法と人気ベース車を知る

クルマのイジりかたも十人十色 ひとことに「ドレスアップ」といっても、ジャンルはじつに多種多様で複雑なもの。クルマに興味を持ち始めたばかりの人には、それぞれの違いや起源、どんな車種が人気なのかも分かりにくい。 自動車ドレ…

続きを読む...

自動車用語「足まわりがヘタる」ってどんな症状? 修理するのに必要な費用は?

乗り心地を左右する縁の下の力持ち 走行距離が増えた愛車で気になること。エンジンやミッション以上に体感しやすい『ヘタリ』は、乗り心地の悪化や異音が発生する「サスペンション」関係だ。どのような症状が足まわりの劣化なのか、ま…

続きを読む...

旧車を所有するリスク! 古いクルマを憧れだけで購入すると痛い目にあう理由

保険や税金、部品の入手を悩みと思うか否か 一時の高騰ぶりは少し落ち着いた感はあるが、高値維持というのは変わらないし、イベントやカーショーをみても旧車の人気は未だに高い。レストア済みの車両も増えてきて、一見すると「普通に…

続きを読む...

日本から撤退した輸入車ブランド5つ、完全消滅のメーカーから再上陸予定のブランドまで

品質に敏感な市場では受け入れられず 世界で7番目の販売台数(2018年度)を誇るアメリカの自動車メーカー「フォード」が、2016年に日本市場から撤退したのは記憶に新しい。もちろんフォードだけではなく、これまで多くの輸入車...

続きを読む...

「平成の自動車チューニング」いつの間にか消えてしまったもの5選

クルマの進化や環境問題で必要性がなくなった 時代は世につれ……。あるときは流行っていたのに、時が経つと忘れ去られてしまうものはいろいろとある。もちろん自動車のアフターパーツ関係も同じくだ。とはいえ、クルマの場合は人々の関.…

続きを読む...

1 / 12123...10...»