「旧車>インポート」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

【R230型メルセデス・ベンツSL】電動格納式ハードトップを初採用したスポーツカブリオレ

歴代モデルとバリオルーフ採用の5代目に迫る“SL”はメルセデス・ベンツのモデルラインアップとしてはオープンエアというキャラクターゆえに本流ではないものの、ブランドの価値を高めて多くのファンから愛さ...

続きを読む...

アラフォー世代はドストライク!ロケバニでおなじみ「TRA京都」が手がける最新ワイドボディ

純正のイメージを大きく損なわずスープアップ「ROCKET BUNNY PANDEM」のボディキットで知られるTRA京都のブースには、アラフォー世代以上にとってドストライクとも言える80年代を代表する車両を展示。旧世代の車...

続きを読む...

東欧を代表する自動車メーカー「タトラ」戦後のモデルと終焉まで

共産体制の影響を大きく受けたタトラT600からT700までを振り返る 前回は、典型的なタトラ(チェコの自動車メーカー)としてリアに空冷の水平対向エンジンを搭載し、空気抵抗を低減した…結果的には甲虫のようなルックスとなった...

続きを読む...

タトラとシュコダを堪能する「チェコが生み出した傑作と悲しき運命」

リアに空冷エンジンを搭載した「ハンス・レドヴィンカ」によるタトラ前回は、チェコの自動車メーカータトラの「創業期から第一次世界大戦前後にかけての歴史」とエポックメイキングなモデルを紹介した。“タトラとシュコダ(現在はVWグ...

続きを読む...

W140型 Sクラスというメルセデスが威信をかけた至高のベンツ

巨大化した威風堂々のボディサイズでバブル末期の日本で評価された第三世代プレミアムサルーンのベンチマーク的な存在として、メルセデス・ベンツのSクラスは先進的な技術を搭載。常に時代の先端を歩んできた。その歴史において1991...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  2. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  3. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  4. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  5. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  6. ホンダのイギリス工場閉鎖で起きる「不吉な予感」と「次期シビックの行方」

    ホンダのヨーロッパ市場戦略が再び問われる今  ホンダが突如イギリスのス...

  7. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  8. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  9. トヨタ新型「GRスープラ」国内仕様が初登場!TRDもカーボン製エアロを発表

    GRスープラの空力性能を高める機能パーツ  1月14日にアメリカ・デト...

  10. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...