「旧車>インポート」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

ダサいはずなのになぜ? マイルドヤンキー御用達「オラオラ顔」なクルマが支持を得ている理由

ライトはツリ眼、フロントグリルはキラキラ 最近よく目にするツリ眼のヘッドライトライトや大型のフロントグリルを装備した「オラオラ顔」のクルマ。トヨタのミニバンは”マイルドヤンキー好み”と言われるが、...

続きを読む...

「メルセデス」のアメリカ進出のきっかけを作った高級ピアノメーカー「スタインウェイ」との深い絆

クルマとピアノ、最高級2メーカーの意外な関係 いまや世界のピアニストが最も信頼するピアノメーカーのひとつ「スタインウェイ&サンズ(Steinway&Sons)」。この有名ピアノメーカーと、世界初のガソリン自動車(4輪車)...

続きを読む...

なぜ激減? ハンドルの根元から伸びる「コラムシフト」を見かけなくなった本当の理由

インパネやフロアシフトが主流に AT(オートマチック)車のシフト方式にはいくつかあって、「フロア」「インパネ」「コラム」という3つに分かれる。もちろん変速やモードを選択するという機能自体には変わりがないものの、̶...

続きを読む...

エンジンオイルのマメ知識4つ! 正しい種類や粘度の選び方、交換サイクルを知る

正しく選んでエンジンを守ろう ハイブリッドカーであろうと、スポーツカーだろうと、はたまた軽自動車でも内燃機関を積んでいるクルマにおいてエンジンオイルの交換というのはメンテナンスの基本。いまどきは12か月点検ごと(つまり年.…

続きを読む...

最高の品質とこだわり「ロールス・ロイス」が最高級車と言われる所以

クルマ作り以外に見える一流の証 世界最高級の乗用車ロールス・ロイスはイギリス・グッドウッドに本社があり、隣接の工場で生産されている。BMWグループに属してからはボディとエンジンはドイツで生産、ドーバー海峡を渡って英国に運...

続きを読む...

バック・トゥ・ザ・フューチャーの劇中車「デロリアン」に魅せられた男のロマン

手に入れたのは旧車ではなくタイムマシン 18歳の時に乗り始めたホンダのライフステップバン(VA型)とは、かれこれ26年の付き合い。他にホンダの名車S600も所有する、自他共に認める大の旧車フリークだ。 オーナー田村さんの...

続きを読む...

ロンドンで見つかったボロボロの「ランボルギーニ」に1億円以上の価値がある理由

新車時からの素性がハッキリしている 10月24日、イギリス・ロンドンで行なわれるクラシックカーオークション会社「RM Sotheby`s(サザビーズ)」が主催する『ロンドンオークション』に、1台のくたびれたランボルギーニ...

続きを読む...

愛車を末長く乗るためのメンテナンス「走行距離10万km」で交換すべきパーツ5選

症状と消耗品の交換時期を見極める クルマのメンテナンスをしなければならないポイントは少なくなったとはいえ、年式の新しいクルマでも交換すべきものはある。ひとつの節目である走行距離10万kmでは、寿命を迎える部品はけっこうあ...

続きを読む...

1 / 8123...»