「旧車・クラシックカー>スポーツ」の記事一覧

「旧車・クラシックカー」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

らしさ演出の「飾り」じゃもったいない! よく付けられる「追加メーター」5つの使い方とは

旧車と最新のクルマではエンジンの命に関わる数値の見方も違っている チューニングカーに必須なアイテムと言えば追加メーター。運転席まわりにいくつものメーターが並ぶ姿はチューニングカーらしさ満点で、とくに夜のドライブでは追加…

続きを読む...

アラフォーが「クルマ好き」なのも納得! 80年代の「国産クーペ」が軒並みカッコ良すぎる

流麗なボディとパワフルなエンジンを併せ持った80年代のスポーツクーペ 強化された排気ガス規制への対応から“不遇”な1970年代を過ごしたクルマたちは、それが一段落した80年代に入ると、再びハイパワーを追求するようになりま...

続きを読む...

6年でわずか6000台! 「売れなかった」悲運の名車「アルシオーネSVX」の高すぎる完成度

スバルのアルシオーネは幻のフラッグシップか スバル(旧・富士重工)が、プレミアムクラスのラグジャリークーペをラインアップしていたことをご存じだろうか。1991年から1997年までの6年間販売された、3318ccの水平対向...

続きを読む...

何時間でも眺めてられる! ホンダの歴史を突き動かしてきた「伝説のGPカー」2台と現行“R”が揃い踏み【オートモビルカウンシル2020】

世界最高峰で戦い続けるホンダの源流マシン 今シーズンも2輪と4輪、それぞれの世界最高峰となっているMoto GPとF1GPで戦い続けているホンダ。今回のオートモビルカウンシル2020では、それぞれの源流ともいえる2台のG...

続きを読む...

生誕50周年のセリカ秀逸マシンが一堂に集結したトヨタブース 【オートモビルカウンシル2020】

セリカ生誕から早くも50年 8月2日まで開催されているオートモビルカウンシル2020、今年は幕張メッセのホール10&11が会場となっています。エントランスから見て右手奥に設けられたトヨタ自動車のブースでは、展示車...

続きを読む...

一体何の頭文字? レクサスの走り系モデルに「F」が付くワケ

気になるレクサスの「F」とは BMWがスポーツモデルやスポーツグレードに「M」の一文字を使っているのは有名だが、レクサスのスポーツイメージを担うアルファベットは「F」となっている。 レクサスに「F」という文字が登場したル...

続きを読む...

100年続くにはワケがある! スズキの底力を思い知らされる歴代名車8台

スズキは創立100周年を迎えた 日常の足となる軽自動車やコンパクトカーを得意とするスズキが2020年3月15日、鈴木式織機株式会社の創立から数えて100周年を迎えた。 第二次世界大戦後に二輪車、四輪車、船外機、発電機へと...

続きを読む...

メーカーの粘り勝ち! 初代はコケるもモデルチェンジで「逆転大人気」となったクルマ5選

よくぞここまで立派に!出だし不調の逆転グルマ 歴史を重ねたクルマには「初代モデルはパッとしなかったけど、今は人気車になっている」というモデルもある。オオモノは普通よりも遅く大成するという謂れもある。そんなクルマを振り返り.…

続きを読む...

1 / 2712345...»