「アウトドア>セダン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

雨天中止はひよっこ! 安全な場所で「雨キャンプ」を楽しむのが一人前

自然を楽しむキャンプなら、雨も楽しんでみよう! 「雨予報ならキャンプは中止」というビギナーキャンパーもいるようですが、雨もまた自然。どうせなら、雨のキャンプを楽しんでしまいましょう(もちろん危険を及ぼすような荒天は論外で…

続きを読む...

「アウトドア=セダン」という脱定番もあり? 車中泊もこなせるレジャー向けモデルの良さとは

横になって仮眠可能な万能モデルたち アウトドアやレジャーの趣味がある人にとって、クルマの荷物の積載量は大いに気になるところ。思いつくクルマはミニバン、SUV、ワゴンに限定されてしまいそうだが、中にはセダン派の人もいるはず...

続きを読む...

パンク修理剤だけで大丈夫? 消えゆく「スペアタイヤ」 が”オススメのオプション装備”なワケ

タイヤのトラブルによるロードサービスが急増 JAF(一般社団法人日本自動車連盟)の愛媛支部は、2010年代(2010年~2019年)に実施したロードサービスの件数から傾向を分析した。まず、この10年間における「交通事故に...

続きを読む...

クルマのシートをデニム化!?  さらにダメージ加工まで可能な新感覚シートカバー【大阪オートメッセ2020】

お手軽に実現できる内装カスタム デニム好きにオススメしたい自動車用のシートカバーがある。シートカバーブランド「グレイス」が開発した『M.I.Cデニム』がそれで、生地に本物のデニム素材を採用。色目にもこだわり、さらにはダメ...

続きを読む...

冬季にディーゼル車のエンジンがかからない! 軽油にある”寒冷地仕様”とは

寒くなると軽油は着火しにくくなる 自動車カタログのオプション項目などで目にする「寒冷地仕様」というもの。その名の通り、寒冷地での使用に耐えられるようバッテリーが大容量だったり、ウインドウなどの凍結防止の対策が施されてい…

続きを読む...

【冬の車中泊】寒さ対策はどうする? 車内を快適にするオススメの対処法とは

窓の断熱が寒さ対策の第一歩 宿泊費を抑える手段としてはモチロン、それ自体を楽しむ人も増えてきた「車中泊」。予定に縛られない自由気ままな旅にはピッタリだし、非日常の空間でキャンプ気分を味わえるのも魅力だ。とはいえ、冬の車…

続きを読む...

「M+S」表示の4WDタイヤで雪道走行は大丈夫? 冬でも安心できるタイプの正しい選び方とは

性能を示す「マーク(表記)」をチェックしたい アウトドアブームの再燃もあり、トヨタ・ハイラックスやスズキ・ジムニーといった本格派の4WDに加え、トヨタのRAV4やロッキー(ライズ)、スズキ・ハスラーなど、いわゆるクロスオ...

続きを読む...

「ルーフキャリア&キャリア・ボックス」買う前にチェックすべき5つのポイント

装着車両の適用品と使用目的を明確にする キャンプやウンタースポーツなど、なにかと荷物が増えるアウトドア趣味においてルーフキャリアやルーフボックスはとても便利なアイテム。近年のキャリアは、車体に固定するフット、ルーフボッ…

続きを読む...

1 / 6123...»