「インテリアパーツ」の記事一覧 - 3ページ目

さらに車種で絞り込む:

「ハイエース・注目インテリアメイク第4弾」黒と白でキメたシンプルビューティは車中泊もOK!!

白を基調にリッチな内装を具現化。コレがセカンドハウスの流儀だったトヨタ・ハイエースのインテリア&エクステリアコンプリートカーを製作・販売する「セカンドハウス」。スーパーロングをベースにしたインテリアコンプリートカーは、…

続きを読む...

走るのが楽しくなる「ステアリング&遮光性アップアイテム」で車内は快適に♪

ハイエースの高級感をアップさせて、夏場の強烈な日差しをカットしちゃおう!エクステリアアイテムを得意とする「ダズフェローズ」から、トヨタ・ハイエースのインテリアをグレードアップさせるアイテムが発売された。高い操作性とワン…

続きを読む...

23歳で乗るからこそ価値がある。若きオーナーが1000万円の輸入車に乗る単純なワケ

今だけしか味わえない貴重な経験、無理してでも装着したいパーツがあったまさか、こんな若いヤツが乗っているとは……、といった他人のリアクションを見てほくそ笑むオーナー。そんなことも、まさに今だけしか味わえないとっておきの経験.…

続きを読む...

「ハイエース・注目インテリアメイク第3弾」豪華絢爛に生まれ変わった特装車のススメ

もはや商用車のイメージは何処へ?レザーとイルミで蘇る究極ツアラー「トヨタ車体」が製造する、キャプテンシートを4脚装備した10人乗りワゴン車「トヨタ ハイエース・ファインテックツアラー」。使い方は様々で、送迎用からファミリ...

続きを読む...

1.5万円で実現できる「ステアリング補修」の救世主、ルックス向上も可能に

ウレタンハンドルの質感アップにも最適!DIYでリーズナブルに施工できるステアリングやシフトノブは、クルマを動かすたびに触れるパーツだけに劣化が早い。 革がテカってしまったり、ネバつきによって手触りまでが損なわれてしまうこ...

続きを読む...

視線移動を減らす、自動車用ヘッドアップディスプレイに最新モデル

投射専用スクリーン装備で見やすさアップ!「HUDネオトーキョー OBD-X1」登場運転視界に走行情報を投射表示する、ヘッドアップディスプレイ。前方への視線をずらさず、速度やエンジン回転といった情報をすばやく確認できるなど...

続きを読む...

「トヨタ・ハイエース」の内外装をDIYで簡単スタイルアップしちゃおう!

特別な工具は一切不要!簡単、コスパ激高なハイエースカスタム!モール一筋・四半世紀の専門店、「愛工房(メグミこうぼう)」はクルマ用のアクセサリーパーツやプロテクターモールを製造しているブランド。自社工場を完備し企画から製…

続きを読む...

フサフサした塗装の正体「ロイヤル・モケット・コート」ってなんだ?

スウェードのような質感”起毛塗装”で新感覚なインテリアメイクを構築するインテリアメイクの素材選びで大切なのは、見栄えはもちろんとして、触感や質感のよさだと思う。レザーやウッド、アルミなどはその点で...

続きを読む...

日本に憧れる9人のUSAセダンオーナーが作り上げたジャパニーズなVIP

憧れ続けた日本のVIP魂を異国の地、アリゾナで継承する日本のVIPにあこがれを持つアメリカのオーナーたち。シーンを牽引するのは、スポーティ&ラグジュアリーなレクサスが中心。そんなジャパン愛で出来上がった、US VIPなオ...

続きを読む...

日本人のために開発した最強レカロシート『PRO RACER RMS』をサーキットで試す

高剛性&ホールド性だけじゃない最新フルバケットシートに秘めた実力自動車用シートの設計に人間工学を導入した「レカロ」が、日本発となるバケットシート『RMS』を発表。クッションではなく「シェルで身体をホールドする」という思想...

続きを読む...

ハリアー乗り必見!! 「貼るだけ」で室内の高級感アップが実現可能に

純正ライクに後付け感を解消したレザー張りのインテリアパネルトヨタ・ハリアーの室内には、上質感たっぷりなレザー張り仕様が採用される。しかし、ダッシュボードまわりにこそ与えられるが、その下にあるインテリアパネルにレザーは採…

続きを読む...

現場でも大活躍! ハイエース&キャラバンのラゲッジスペースが実用的かつ見違えるほどに美しく

カラーバリエ豊富なフラットタイプの床張りがDIYでカンタンに施工できちゃう!トヨタ・ハイエースや日産NV350キャラバンは、商用車ゆえ、リアのラゲッジスペースには荷物を搭載する機会が多い。しかし、標準仕様ではカーペットが...

続きを読む...

ホンダのワークスが新意匠を採用、ホンダ・オデッセイとフリードに充実のラインアップ

実用性や機能性を高めるアイテムで「無限」の薫りを解き放つメーカーワークスの「無限」が放つ、ニューコスチューム。1台は咋秋にマイナーチェンジしたホンダ・オデッセイで、ベース車のフェイスリフトに合わせてフロントアンダースポイ…

続きを読む...

自動車用シートの生みの親「RECARO」の守るべき信念と飽くなき挑戦

レカロの歴史はシートの進化世界が認める性能の誕生秘話意のままに操る。日産・スカイラインGT-Rの誕生から一環して貫いてきた考え方だ。 それはクルマと一体化し、何のストレスも感じないこと。街乗りならばノーマルでも構わない。...

続きを読む...

R32型スカイラインGT-Rへ、純正テイストのままスポーティに楽しめるステアリング

補修にも操作性にも効く、至極の1本。さらに進化した限定モデルをチェック!R32型スカイラインGT-Rの生産終了から24年。近年では海外での注目度も上がっており、中古車市場ではあり得ないほどの高値がついている。そんなR32...

続きを読む...

3 / 20«...234...1020...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング