「パーツ>インポート」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

新型でしか存在しない「パナメリカーナグリル」を持たせた先代メルセデスAMG G63

メルセデス・カスタムの名店が手がけたコラージュカーボンとの最強コーディネート一部の最新AMGが採用する縦格子状のフロントグリル。この強烈な押し出し感を持つ「パナメリカーナグリル」の存在感が、スタンダードのメルセデスでは味...

続きを読む...

気分はレーシングカー!! タイヤのホワイトレター化がDIYで実現可能に

好みの文字を自由自在にアレンジ!貼るだけでオンリーワンが可能に足元のアイキャッチとして人気を集めるのが、タイヤを飾るホワイトレター。やり方としては、専門のプロショップにオーダーするか、DIY用のペンを利用して描くという手...

続きを読む...

「洋食屋 たいめいけん」の茂出木シェフが乗るコダワリの愛車とチューニング、拝見

「マセラティ・レヴァンテS」を有名シェフの仕立てらしい逸品へと調律【Maserati Levante S】撮影現場に現れた超マッシブなマセラティ・レヴァンテS。颯爽と降りてきたのは、「たいめいけん」の三代目、茂出木浩司シ...

続きを読む...

天井に煌めくスターダスト!時代の最先端をいく「ニューイング」のインテリアカスタム

これぞ最新最上級のインナーカスタム斬新な内装スタイル提案をさまざまに具現化してきた「ニューイング」が放つ最新バージョン。それは、星空のごとき光の演出がきらめく、まさに贅を尽くした極上コンプリートだった。そんなアウディR8.…

続きを読む...

ウイークポイントを解消しつつワンランク上に仕上げた「VW×インテリアメイク」

ドアの向こうに広がるブルー&ブラックのVW BORAで描くとっておきの空間フォルクスワーゲンのウイークポイントである内張りの垂れを見事に払拭。ブルーとブラックの絶妙なバランスで作り出す極上の空間は内装カスタマイズのお手本...

続きを読む...

ACシュニッツァーとSUVカスタム「レンジローバー」がここまで変わる

BMWの名門が手掛ける英国SUVのスポーツスタイル誰もが知るBMWナンバーワンチューナー「ACシュニッツァー」。彼らがプロデュースするレンジローバーシリーズが日本でもいよいよお披露目となった。名門チューナーが作り上げる英...

続きを読む...

エアフィルター、エンジンオイル、オイルエレメントの「スポーツタイプ」はなにが違う?

純正プラスアルファの性能はメンテナンス用品としても使えるエンジンオイルや、オイルフィルター、エアクリーナーといったクルマの消耗パーツにも純正品だけでなくスポーツタイプが存在する。純正パーツは幅広いドライバーの用途を想定…

続きを読む...

DIYに挑戦!! 「5年以上蓄積されたヘッドライトの汚れ」どこまで除去できる?

樹脂レンズの黄ばみはどこまで取れる?ナノメタル・ライティングクリアで実践!“樹脂製ヘッドライト車”オーナーの悩みが、このヘッドライトカバーに生じる黄ばみや白ボケといった”くすみR...

続きを読む...

セレブが認めるオンリーワンの空間「敏腕チューナー」によるインテリアの世界

マンソリー、テックアート、ブラバス……“魅せる”ための仕掛けが満載だったチューナーの持つ技術のすべてを注ぎ込んだコンプリートカーという作品には、それぞれの個性がエレガントに、スポーティに、そして時...

続きを読む...

蘇った伝説のブランド「ロリンザー」 後期Sクラス国内一号車にフォーカス

ロリンザーを主張するアイコンを備え、存在感を高めたフラッグシップがココにメルセデス・ベンツを主体としたドイツのチューナー「ロリンザー」。ここ最近はシンプルスタイルが中心だったが、エッセンモーターショーでワールドプレミア…

続きを読む...

2台のゴルフGTIを所有し、うまく使い分ける20代のVWオーナー

世代の違う2台のGTIを愛でる若き園芸家ホットハッチが好きで、9年前に購入したVWゴルフ5を今も家族で愛用。そして昨年、仕事に精出す彼へのご褒美が、理想のゴルフ2との出会い。花とゴルフに囲まれた麗しい一家を取材してみた。...

続きを読む...

オーダーメイド式を欧州車用シートカバーに採用、自分だけのインテリアを構築する

多彩な組み合わせもうれしい、自分だけのオリジナルシートが手に入る「エルディーネ」の『ス・ミズーラ』が国内生産化とともにリニューアル。パターンやカラーの選択肢が豊富なオーダーメイド方式を採用し、自分だけの仕様が楽しめるよ…

続きを読む...

「コルク」を使った新感覚なインテリア素材をロブソンレザーが開発中

暖かみのある風合いを車内に呼吸する素材「コルクレザー」本革シート・本革ステアリングの張り替えでは全国屈指の実績を誇り、車内コーディネートの第一人者「ロブソンレザー」が、天然素材のコルクを使ったインテリアメイクを考案・開…

続きを読む...

新車でも流行の兆し「最近よく耳にするフラップエアロってナニ?」

視覚的な車高の低さも得られる、手軽さが人気上昇中なエアロパーツ最近の市販車は、純正エアロパーツの形状がもともと立体的で、複雑なカタチを採用しているモノが多くなってきた。さらにセンサー類も数多く装備されていたりするので、…

続きを読む...

23歳で乗るからこそ価値がある。若きオーナーが1000万円の輸入車に乗る単純なワケ

今だけしか味わえない貴重な経験、無理してでも装着したいパーツがあったまさか、こんな若いヤツが乗っているとは……、といった他人のリアクションを見てほくそ笑むオーナー。そんなことも、まさに今だけしか味わえないとっておきの経験.…

続きを読む...

1 / 21123...1020...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング