「ジウジアーロ」の記事一覧

「ジウジアーロ」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

今見ても斬新すぎる「いすゞピアッツァ」! 評論家に「もう一度乗りたい」と言わしめる「色褪せない魅力」とは

近未来の内外装が今見ても斬新! 仕事とはいえ古いクルマのカタログを手元で開いて眺めていると心弾む。そのカタログのページを最初に開いた当時の“面持ち”が自然と蘇ってくるからだ。 いすゞ・ピアッツァ。もっと古いクルマ、昔のク.…

続きを読む...

鬼才が手がけた「いすゞ117クーペ」! プロが今なお「空前絶後のデザイン」と断言する理由とは

ジウジアーロが手がけた117クーペは唯一無二のスタイリング 1978年だったと思うが、新聞の全面広告でビルの屋上に98台の117クーペが並ぶ写真が載った。記憶だけを頼りに書いているので、そのときのコピーまでは正確に覚えて...

続きを読む...

「ビーバーエアコン」も巨匠がデザイン! あのジウジアーロが「クルマ以外」で手がけた名作とは

クルマ以外にもデザインをしていた巨匠 日本車では、いすゞ117クーペと初代ピアッツァ、トヨタ・アリスト、スバルSVX、マツダ・初代ルーチェ(セダン)、ダイハツ・ムーヴなど。輸入車ならVWゴルフ、シロッコ、パサート、フィア...

続きを読む...

悲劇のスーパーカー「BMW M1」! イタリア+ドイツの最強コラボだったのに失敗した理由とは

BMWがスーパーカーに乗り出した驚異的マシン 戦後は高性能ツーリングカーメーカーとしての印象が強かったBMWが、突如スポーツカー(GTカー)の開発に乗り出したのは1976年のことだった。ただし、企画を手掛けたのは量産車部...

続きを読む...

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に憧れて!「デロリアン」を自力でEV化した「ド文系」オーナーの夢とは

この記事をまとめると■大ヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場■映画さながらの電気自動車へコンバート■個性的なデザインは現代でも存在感バツグン過去から未来へ! EVデロリアンが環境問題に警鐘を鳴らす 今年で生...

続きを読む...

意外すぎる巨匠の作品! 「ジウジアーロ感」のない「ジウジアーロデザイン」の日本車5選

意外に多いジウジアーロが手がけた日本車 数多くの名デザインを世に送り出してきた天才デザイナー、ジョルジョット・ジウジアーロ氏。アルファロメオ・ジュリアスプリントGT、マセラティ・ギブリ、同メラク、デ・トマソ・マングスタ、.…

続きを読む...

なんと軽トラ&軽バンまで! 超メジャー外国人デザイナーが手掛けた意外すぎる日本車たち

部分的に手掛けたモデルもあった ベルトーネはなくなった(2回も倒産)し、ピニンファリーナもワンオフ架装メーカーみたいになったものの、イタリアの「カロッツェリア」というのは、自動車史はもちろん、クルマ好きにとってもやはり別…

続きを読む...

大衆車にも存在? 日伊の名デザイナーが手掛けた意外な日産車たち

時代を重ねても古臭さを感じない魔力 クルマの魅力はデザイン(スタイリング)にありと考えるクルマ好きは少なくない。痘痕(あばた)もエクボといっては言いすぎかもしれないが、スタイリングに惚れ込んで、それ以外のことは考えずに…

続きを読む...