「タグ: プロテクション」の記事一覧

200ミクロンの被膜でボディを手厚く保護、万が一のキズも修復可能に

剥がすことも可能な「スクラッチガード」、透明のプロテクションフィルムで愛車を守るボディケアのエキスパート、「カーメイクアートプロ」が提案するプロテクション施工。塗装する要領で水性タイプの溶剤を吹き付け、表面にトップコー…

続きを読む...

次世代のボディ保護!! キズを自己修復するプロテクションペイント

撥水性、ツヤ、UVカット効果も優れる『フェニックス・スクラッチガード』高級車や輸入車のディテイリングを手掛ける大阪府の「カーメイクアートプロ」が、自動車ボディを保護するプロテクションメニューの独自開発に成功した。これまで.…

続きを読む...

【DIY】¥350/mでバンパーのキズ隠しができる「20mmライナー」

アクセントテープとして開発貼付後の好ルックスも確保プロテクターモールなど、ボディを守るさまざまなアイテムを開発・発売する「愛工房」。同社の『20mmライナー』は、キズ付けやすいところのプロテクションテープとしてだけでなく...

続きを読む...

小傷から車内を守る「シートバック・プロテクションカバー」

ラゲッジルームの保護と機能を両立30アルファード/ヴェルファイア用愛車を使っていれば避けられないのが、小さな傷。そんな傷つきを防止するアイテムを数多くリリースしているのが、カーオーディオメーカー「アルパイン」の『新車計画.…

続きを読む...

ラバーの質感が妖しくカッコイイ「D.A.D」ラバーマット

アウトドアシーンなどで役立つ『フロアプロテクションラバーマット』ラバーマットというと実用品のイメージが強いが、ラバーの素材感には独特に妖しさがある。そこをうまく使ったのが「D.A.D」の『フロアプロテクションラバーマット...

続きを読む...

【DIY】両面テープで装着できる『アンダーガード』

「Gコーポレーション」がバンパー下を守る柔軟性に優れるテープ式プロテクションをリリース気をつけていても段差などでバンパーの下部を路面に擦ってしまうことがあるが、そんなときにために便利なのが「Gコーポレーション」の『アンダ.…

続きを読む...

【DIY】ボディを飛び石などから守る「液体フィルムスプレー」

DIYでの施工も簡単な剥がせる塗料カラーバリエーションも豊富に用意グリルやモール、フォグランプベース、ホイールなどのワンポイントカラーリングはもちろんのこと、バンパーやヘッドライトの飛び石対策としても使えるのが「エスデザ...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

    自己満足で楽しかった平成カスタム  昭和末期から平成中盤まで、盛んに行...

  4. クルマ好きでも意外にやってしまう「交通違反」5選

    小さな積み重ねが懐を痛めつけることも  街中を歩いているとドライバーは...

  5. 「煽られる原因」を知っておけばトラブルは防ぎやすい、その代表例3つ

    「煽り運転」が起こってしまう原因は!? その理由が分かっていないのも危...

  6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  7. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  8. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  9. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  10. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...