「タグ: 愛工房」の記事一覧

「トヨタ・ハイエース」の内外装をDIYで簡単スタイルアップしちゃおう!

特別な工具は一切不要!簡単、コスパ激高なハイエースカスタム!モール一筋・四半世紀の専門店、「愛工房(メグミこうぼう)」はクルマ用のアクセサリーパーツやプロテクターモールを製造しているブランド。自社工場を完備し企画から製…

続きを読む...

【DIY】手軽にワングレード上の質感を演出できる「メッキモール」

純正パーツ並みの質感の高い光沢を実現ウインドまわりなどの輝きを際立たせるさまざまなモール類をリリースする「愛工房」から『12ミリ マイラー』と『9ミリ マイラー』が発売された。いずれも太さが異なる両面テープが付いたメッキ...

続きを読む...

乗降時のスリップ事故を防止する『セーフティー・ウォーク』

濡れた靴底でステップを踏んでも滑らないミニバンなどスライドドア車には必須アイテムミニバンなどで乗り降りするとき、ステップ(スカッフプレート)を踏んでいることだろう。メーカーでも滑りにくくするためPP製のカバーにスリットな.…

続きを読む...

【DIY】ドア開閉時の引っかきキズからボディを守る「ドアノブポッティングシール」

肉厚のあるウレタン製シートが4ドア1台分が送料込みで5000円!知らぬ間に付いてしまうのがドアノブ裏の小キズ。最近のクルマのドアハンドルは、手を差し込み引くように操作するため、どうしても爪でボディを引っかいてしまいます。...

続きを読む...

【DIY】乗降時の「蹴りキズ」を予防する『スカッフプレートシール』

知らぬ間に増えていくキズをウレタン製シールでボディ保護クルマの乗り降りでどうしても靴などが当たってしまうのがスカッフプレート。ドアを閉めれば見えなくなってしまう部分ではあるが、靴底のゴムが当たった汚れやキズは意外に目立…

続きを読む...

【DIY】ハイエースの後ろ姿に高級感を!貼るだけドレスアップとボディ保護を両立

手軽に貼れるリアポッティングプロテクター肉厚のあるカーボン柄シートが高級感を演出!トヨタ・ハイエース/レジアスエースのリヤビューは、スッキリとシンプルではあるが、ちょっと寂しい感じ。そんな悩みを解決してくれるのが「愛工…

続きを読む...

【DIY】ドラレコなどの配線を美しく整理!万能「コードレール」

ごちゃついた車内配線がスッキリハサミでカットして貼付するだけスマホの充電やレーダー探知機など、シガーソケットやOBDから電源を採ることはあるだろう。いろいろと便利になる半面、悩ましいのがむき出しになっているケーブル(配線...

続きを読む...

台風シーズン到来!強風時のドアパンチを予防する「ゴムゴムハンド」【PR】

JAFテストで実証された強風時の破壊力ドアが不用意に開くのを予防するバンドドアを開けると、強い風が吹いて予想以上に早く全開になってしまった経験はありませんか?そんなとき、もし隣にクルマが止まっていたら、開いたドアが「ドン...

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

    SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

  7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

  8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

    一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

  9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

    自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

  10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...