「青木拓磨」の記事一覧 - 3ページ目

「青木拓磨」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

バイカーズ議連が視察! 青木拓磨選手も参加の「パラモトライダー体験走行会」開催

新たな障がい者の受け入れの検討も レーシングライダーとして世界で活躍した青木三兄弟の次男となる青木拓磨選手が、参戦するロードレース世界選手権(WGP、現MotoGP)事前テスト中の事故によって脊髄を損傷し、車いす生活を余...

続きを読む...

車いすレーシングドライバー青木拓磨、「ル・マン24時間」再挑戦へ

今年こそ! 障がい者チームでル・マンへ 元ロードレース世界選手権(現Moto GP)ライダーで、1998年シーズン前のテストで転倒し、脊髄を損傷。下半身不随となってしまったことをきっかけに、車いすのレーシングドライバーに...

続きを読む...

神奈川県警察も活動をサポート! 「下肢障がい者」が再びバイクを運転「パラモトライダー体験走行会」の中身

白バイの先導でパラモトライダーが「もう一度バイクに乗る」 レーシングライダーとして世界で活躍した青木三兄弟の次男となる青木拓磨選手は、1998年に2輪GPマシンのテスト中の事故によって脊髄を損傷し、車いす生活を余儀なくさ...

続きを読む...

バカっ速の車いすドライバーはアウディTT RSを「手だけ」で操作! ハンデを補うドラテクと工夫とは

ドライビングフィールで選んだ手動装置でタイムアタックを愉しむ 普段からサーキット走行を重ね、メインの活動の場として、ETCC(ヨーロピアンツーリングカーチャレンジ)シリーズのVWA-Cup(フォルクスワーゲンとアウディを...

続きを読む...

傷がい者が使う「手動式運転装置」はどう選ぶべき? 車いすのレーシングドライバーが出した「結論」とは

「手動運転装置」っていかに自分が使いやすいか、だと思いますけど…… 2輪ロードレース世界選手権(WGP)GP500クラスでフル参戦を開始した翌年の1998年シーズン直前にGPマシンのテスト中の事故によって脊髄を損傷。下半...

続きを読む...

    「車いす生活でもバイクに乗れる」! 支援する団体「SSP」から女性ライダーが誕生! その活動内容とは

    体験走行会4度目の開催で初の女性パラモトライダーも誕生 レーシングライダーとして世界で活躍した青木三兄弟の長男・青木宣篤選手と3男・治親選手が立ち上げた一般社団法人サイドスタンドプロジェクト(SSP)。事故などで障がいを...

    続きを読む...

    足が不自由でもバイクを運転できるようになる! 「青木三兄弟」が始めた非営利支援団体「SSP」の活動の中身

    着実にパラモトライダーを獲得中? 一般社団法人サイドスタンドプロジェクト(SSP)が、6月の袖ケ浦、7月の筑波に続き、3度目のパラモトライダー体験走行会を開催した。 SSPは、レーシングライダーとして世界で活躍した青木三...

    続きを読む...

    ジャガーEVだけで走るレース「アイ・ペースeトロフィ」 車いすの元GPレーサー青木拓磨が走り切る

    アイ・ペースeトロフィ・レースはこれで終了 車いすのレーサーの青木拓磨選手は、電気自動車レース「JAGUAR I-PACE eTROPHY(ジャガー・アイ・ペースeトロフィ)」へ今季第3戦から参戦を開始しているが、そのシ...

    続きを読む...

    3 / 512345