「EV」の記事一覧 - 7ページ目

「EV」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

フォルクスワーゲンの次世代EV「VW ID.3」発表! 電気自動車を身近な存在に

VWの主力モデルの座を狙う戦略車 フォルクスワーゲン(VW)は現地時間の9月9日、フランクフルトモーターショー(IAA)の前夜祭で電気自動車(EV)「ID.3」を発表。VWにとって初の量産型EV専用車「ID.」ファミリー...

続きを読む...

市販化に期待! 2人乗り超小型EV車が創り出す、高齢者のための新カーライフ

2020年より購入代金補助の対象へ 経済産業相が2020年から乗用車よりスピードの出にくい「超小型車(EV)」の購入代金に補助金を出す方針を発表しました。補助の対象は1人〜2人乗りで最大速度60キロ〜80キロ前後の超小型...

続きを読む...

    電気自動車のバッテリーを劣化させる急速充電の常用!電池の寿命を延ばす充電法とは?

    電気を使い切らなくても満充電できる 電気自動車(EV)に搭載されているリチウムイオンバッテリーを長持ちさせる使い方については、いろいろな説がある。結論をいえば、20~30%の残量を残しながら、80%ほどの充電を繰り返すの...

    続きを読む...

    日産リーフに運転支援装備を標準化した「X Vセレクション」設定

    ベース車の20万円アップで充実装備 日産自動車は、リーフに特別仕様車「X Vセレクション」を発売した。日産独自の運転支援技術である「プロパイロット」や「インテリジェントアラウンドビューモニター」といった先進の安全技術をは...

    続きを読む...

      EVの方がエンジン車よりCO2の排出量が多い? 新しい燃費基準”WTW”とは

      製造から廃棄までを含めた量を試算 G20大阪サミットのエネルギー・環境閣僚会合において、電気自動車(EV)の環境性能の検証法に、ウェル・トゥ・ホイール(WTW)と呼ばれ、燃料や電力の製造段階を含めクルマの利用から廃棄まで...

      続きを読む...

      「EQC」というメルセデス・ベンツ初の市販電気自動車【試乗レポート】

      ライバルを凌駕するパワーと電費のSUV 7月4日、メルセデス・ベンツ初となる市販EV(電気自動車)モデル「メルセデス・ベンツEQC」を日本市場で発表した。すでにEQモデルとしてハイブリッドを設定しているが、このEQCはE...

      続きを読む...

        わずか20年足らずで半減! ガソリンスタンドの廃業が後を絶たないワケ

        エコカーの普及で燃料消費量が減少 エンジンの高効率化か、電気自動車(EV)の普及か、環境問題に対して白黒をつけようとする議論が後を絶たない。先般も、マツダが九州大学との共同で、ウェル・トゥ・ホイール(Well to Wh...

        続きを読む...

        トヨタとスバルが電気自動車用シャーシとCセグメントSUVを共同開発

        両社の得意分野を活かしたプラットフォーム トヨタとSUBARUは6月6日、中・大型乗用車向けのEV専用プラットフォームとCセグメントクラスのSUVモデルのEVを、いずれも共同で開発することに合意したと明らかにした。 トヨ...

        続きを読む...

        7 / 8«...45678