「チューニング」の記事一覧 - 2ページ目

さらに車種で絞り込む:

「テイクオフ」がお馴染み”イケイケ”シリーズを現行モデルへ【アルト・デモカー第七弾】

古き良き”C系アルト”をモチーフに ボリュームを与えて重厚感をアップ 軽カー専門のアフターパーツブランドとして、30年以上の歴史を持つ「テイクオフ」。 いまの軽カーカスタマイズ文化を創ったと言って...

続きを読む...

【試してみた】ドア開口部の密着度を高める「ドアスタビライザー」の効果とは!?

ドアを閉めた時の音質も重厚に 新発想な「TRD」補強パーツ タワーバーやメンバーブレースなどの補強パーツは定番だが、いま巷で話題の剛性アップパーツが存在すると聞く。その名は『ドアスタビライザー』。発売しているのは「TRD...

続きを読む...

純正パドルを大型化!! シフト操作と見た目の高級感を向上する

スズキ、ホンダ、スバル、マツダの 純正パドルシフト車に対応 国産メーカーの純正パドルシフト車に対応する「ケンスタイル」の『ロングパドルシフト』が発売。 小さくて扱いづらい純正パドルを大型化し、より正確かつ素早いシフト操作...

続きを読む...

スーパー軽自動車!ターボ&NOSチューンで200馬力【スーパーカーニバル2017】

スペース重視のスズキ・パレットを ドッカンターボ仕様にチューニング 2017年10月8日に大阪市舞洲スーパーアイランドで開催されたカスタムカーの祭典「スーパーカーニバル2017」には、ドレスアップコンテストに参加する30...

続きを読む...

「モンスタースポーツ・コンプリートカー」新型スイフトスポーツ、受注開始へ

“モンスター田嶋”の息吹が宿る 販売価格は199.9万円より 株式会社タジマモーターコーポレーションのモータースポーツ部門「モンスタースポーツ(MONSTER SPORT)」は、スズキの新型スイフ...

続きを読む...

【ドイツ・チューナーレポート】現地試乗でハーマンモータースポーツの名門魂を感じる

伝統を継承しつつ変革を続ける名門チューナー 『HAMANN Motorsport』 ドイツチューナー界きっての名門であり、世界中に熱狂的なファンの多い「ハーマン」。 BMWを軸にしつつ、多角的なプログラムをラインアップし...

続きを読む...

BLITZが手がけるストリート仕様の「カッコマン・アルト」【アルトワークス・デモカー第四弾】

機能とスタイルを重視した、 老舗が贈るエクステリアアイテム スズキ・アルトワークスをスポーティ&上質に進化させるのが、「ブリッツ」の『エアロスピードシリーズ』。だが、そこはチューニングメーカーの老舗の技が光る部分。スタイ.…

続きを読む...

1クリックでウインカー点滅、欧州車のベンリ機能を国産車へ

ヴァレンティのユーロウインカーキットに 待望のハイエース用が新規設定 ユーロウインカーといえば、レバーを1クリックするだけでウインカーが複数回点滅し、その後消灯してくれるベンリ機能。欧州車で採用されることが多く、高速道路.…

続きを読む...

「+5500円」でできるボディ剛性アップ!ガラス用接着剤「ハマタイト」施工をメニュー化

一般的なガラス脱着工賃に+5500円 R32用オリジナルモールも1万円で用意 「横浜ゴム」の『ハマタイト・ハイパーシーラント』は、フロントやリヤのガラスとボディの密着を高めることで、ガラスの強度を利用してボディ剛性をアッ...

続きを読む...

「TOYOTA」スポーツカーシリーズ『GR』を投入、ラインアップも充実に!

モータースポーツで培ったノウハウを市販車へ 走る楽しさを味わえる7車種を公開 9月19日(火)、トヨタ自動車は、スポーツカーシリーズとして、新たに『GR』を投入すると発表した。 これまで、スポーツカーの楽しさを提供するス...

続きを読む...

サブコンピューター追加で走りをスポーティに変える「ミニコンPRO」

ハイエース・ガソリン車用を追加 エンジンレスポンスとパワーが向上できる カプラーオンで装着することができ、装着するだけで燃料を簡単にコントロールすることができるサブコンピューター『ミニコン』。 初期設定をすることなく、装...

続きを読む...

回してシフト操作する近未来的「ダイヤル式シフト」がますます便利に!

プッシュ機能やカラーLEDを追加 『アイシフター』がアップデート! ダイヤル式の未来的な雰囲気や、シフト本体が自動で持ち上がるオープニングアクションで話題の『アイシフター』。 左右に回すだけでシフトポジション選択ができる...

続きを読む...

【試してみた】人気3ブランドの気持ちいい「レヴォーグ」のマフラーはどれだ!

「マリオ高野」がパワーチェック&実走行テスト 四者(車)四様の魅力的な特徴とは!? 昨今のSUBARU車は、等長等爆のエキマニを採用したことで不等長エキマニ時代の「ドロドロドロ〜」といった個性的なボクサーサウンドを奏でる...

続きを読む...

高音域の爽快サウンドを奏でる「センスブランド」マークX用マフラーとは!?

スポーツセダンの魅力を増幅する 美しき官能なエキゾーストノート 歴史や生い立ち、性能やビジュアルからも、トヨタ・マークXは“走れる4ドアセダン”というイメージが定着している。 そんなスポーツセダンの代名詞的存在の130系...

続きを読む...

2 / 10123...10...»

  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • IMPORT
  • SPORTS
  • SEDAN
  • WAGON

ウィークリーランキング