「チューニング」の記事一覧 - 2ページ目

さらに車種で絞り込む:

第2世代GT-R用「フルチタンマフラー」に車検対応モデル登場!究極の排気効率と軽量化を両立

競技専用モデルの開発実績と性能を車検対応のJASMA認定で体感できる速く走るためだけに…と、性能を徹底的に追求した「東名パワード」のチタン製エキゾーストシステムといえば『EXPREME Tiマフラー』だ。しかし、多くのユ...

続きを読む...

EVに専用設計「未来の電気自動車チューニング」 への指針となる電子パーツ

PHV、RHEV、e-POWERで体感できる、“オートモード”を含めた全20モード搭載アクセルレスポンスを自在に制御可能な電⼦パーツといえば、「スロットルコントローラー(以下スロコン)」だ。チュー...

続きを読む...

空力性能は純正以上!R35GT-R用ストリート仕様エアロが間もなく完成

造形美と空力性能を磨いたエアロパーツは、欧州スポーツに負けない性能と質感を表現サーキットでのタイムアタックで、トップタイムを刻むデモカーやチューニングカーに究極の空力アイテムを提供する『VOLTEX(ボルテックス)』。実...

続きを読む...

【工場見学】創業1931年「FUJITSUBO」の安全&安心を込めたモノ作り・スポーツマフラー編

業界の健全化にも尽力し続ける、創業87年の歴史とこだわりの工程を追うメイド・イン・ニッポンのモノ作りに迫る好評企画第9弾は、マフラー文化の発展に多大な貢献を続ける「FUJITSUBO(フジツボ)」。いまさら聞けない過去、...

続きを読む...

700万円を費やした正統派チューニングカー「アウディS4」の正体

速く走らせるための本気メイキングで500psをアクセル全開で攻める走りの魅力にどっぷりと浸かれるのは若さの証し。速さを得るためにはクルマ作りも妥協したくないし、巧みなドライビングのための努力も惜しまない。そんなひたむきに...

続きを読む...

パワーアップだけじゃない、燃費向上をも果たせられる新規制対応マフラー

新作のアルファードとヴェルファイア用は16.5psのパワーと13.3%の燃費をアップSUVやミニバン系車種を中心にラインアップする「ガナドール」のマフラーシリーズ、『パシオン・エボ』。純正と交換するだけでパワーやトルク、...

続きを読む...

ドイツのチューニングメーカー「ゲンバラ」が復活を遂げた真相に迫る

大きく揺れ動いた老舗チューナーから完成車ビジネスへの躍進へ実力はありながらも運命に翻弄されたドイツのチューナーといえば「ゲンバラ」だ。一度はその歴史に幕を降ろした彼らが、密かに復活を遂げている。本家ポルシェのお膝元ドイ…

続きを読む...

「STI」がSUBARU XVとインプレッサスポーツへ、パフォーマンスマフラーを発売

自然吸気エンジン用にチューニングしつつ、旬のセンターデュアル出しレイアウトへ「STI」のSUBARU XV用とインプレッサ・スポーツ用へ、『パフォーマンスマフラー』が追加された。『パフォーマンスマフラー』といえば、排気抵...

続きを読む...

SUBARU XV&インプレッサSPORT/G4の走りを変える補強パーツたち

タワーバーからピッチングストッパーまでSGPの持つ上質な走りに磨きをかける補強系パーツを展開する「CUSCO(クスコ)」から、現行XV&インプレッサ(G4/スポーツ)用にストラットバーをはじめとした各種アイテムが登場。装...

続きを読む...

DIYユーザーにこそ付けてほしい「ボンネットダンパー」のススメ

便利でグレード感もアップできる、開け閉めを頻繁に行なう人ほど有効!重たいボンネットを開けるとなれば、片手で支えながらステーを掛ける作業が必要。このひと苦労が面倒臭いと思うのではないでしょうか。高圧式ダンパーの反力でラク…

続きを読む...

ドライビングに集中できる新機能を搭載したスロットルコントローラー

簡単なアクセル操作だけでスロコンのモード変更が可能に近年は、電子制御のスロットルを採用したクルマがほとんどだ。アクセルペダルの操作を、これまでのアクセルワイヤーではなく、電子制御でスロットルに伝えるシステムで「ドライブ…

続きを読む...

ベーシックなE200を過激な「AMG E63スタイル」へアップデート

デジテックでお馴染み「オフィスM」ならではの目立たないけどズゴいデモカーメイク術メルセデス・ベンツのセダンをカスタマイズする場合、最も重要なのは快適性を損なわない事。だが、それが一番難しく、特にマフラーサウンドは好みが大…

続きを読む...

アルファード&ヴェルファイアの走りに効く、ボディの剛性アップパーツ

ローダウン車のきしみやねじれを抑制。実用性を犠牲にせず装着OKトヨタのアルファード&ヴェルファイアは、ミニバンゆえ走行時にボディがねじれやすく、特に車高を落としたときは顕著になるようだ。そんな走行時の不満を解消できるアイ.…

続きを読む...

日本人のために開発した最強レカロシート『PRO RACER RMS』をサーキットで試す

高剛性&ホールド性だけじゃない最新フルバケットシートに秘めた実力自動車用シートの設計に人間工学を導入した「レカロ」が、日本発となるバケットシート『RMS』を発表。クッションではなく「シェルで身体をホールドする」という思想...

続きを読む...

BMW M4の走りを変える正統派「ジャーマンチューニング」の実力とは

効果のみを追求した厳選スポーツコーデ誰もが納得できるプランニングを提案BMWに不可欠なブランドを数多く取り扱う”橋本コーポレーション”のアンテナショップがコンプリートしたBMW M4。そこに装着されるサスペンション&スポ...

続きを読む...

2 / 16123...10...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング