「インポート」の記事一覧

似て非なるBMWの高性能「Mモデル」と「アルピナ」の違いとは

BMWの高性能モデルといえば「BMW M社」の『M3』や『M4』といった特別なエンジンを搭載した『Mモデル』。「アルピナ」もBMW車のエンジンなどをチューニングしたハイパフォーマンスモデル。どちらも正規ディーラーで販売さ...

続きを読む...

高級スポーツカーの乗り味を実現するスポーツタイヤ「ミシュラン・パイロットスポーツ4」

モータースポーツで培った設計・技術の応用で天候や路面に影響されない高バランスを実現「ミシュラン」の『パイロットスポーツ4』は、コンパウンドとケース剛性のマッチングを重視した設計により、良好な乗り心地とシチュエーションや天.…

続きを読む...

チームタイサン 「電気自動車のレース」で記念すべき通算80勝目を獲得

1時間耐久レースで総合1位で優勝!チームメイトもクラス1位を獲得晴天に恵まれた2018年11月3日の文化の日、茨城県の筑波サーキット・コース1000にて、今回で24回目となる電気自動車の祭典「日本EVフェスティバル」が開...

続きを読む...

その名もthe final!スマートBRABUS最後のメーカーカスタムの特別仕様 409万円〜

テーラーメードを採用した特別モデル、フォーツー&カブリオを各10台の限定販売に「スマート」の誕生20周年を記念した限定モデルの第2弾が登場した。しかもスポーティさを追求したアーバンスポーツカー「スマートBRABUS」の最...

続きを読む...

AMG43GLE&クーペのフォルムを際立たせるホイールでコーデとは

個性的なクーペフォルムにはあえてシンプルデザインの24インチ大径ホイールでクルマのスタイルアップにアメリカの空気感を巧みに取り入れてカタチにするのが得意とするのが、香川県高松市にある「アビスオートブティック」。今回題材に.…

続きを読む...

1 / 125123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...