「インポート」の記事一覧

メルセデス・ベンツが安全と言われる理由 ドライバーと歩行者を守り続けた開発哲学を知る

クルマ事故から身を守る世界初の前後衝撃吸収式構造  自動車を発明したメーカーの責任として、メルセデスは常に革新の安全技術を研究開発。これまで「安全性」を標準装備してきた。 1951年に「前後衝撃吸収式構造」と「頑丈なパッ...

続きを読む...

DIYでの肌荒れトラブルを予防! 塗るだけで汚れを付きにくくする「肌ガード」

保護膜が汚れや臭いからガードする DIYでクルマいじりするとき、気になるのがオイルやダストによる手などの汚れ。MSネットの「肌ガード」は、塗るだけで保護膜を形成し、そんな汚れの付着を抑制してくれるクリームだ。 この肌ガー...

続きを読む...

BMW&MINI専用「アクセルセーフティモジュール」 ペダルの踏み間違えによる急発進を抑制

車両からの信号を制御して事故防止へ BMWやMINIの電子系パーツをリリースする「a/tack(エイタック)」が、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いによる誤発進事故を抑制する「AT-ACSM・アクセルセーフティモ...

続きを読む...

パンク自動修復、エアレス、空力効果…… 進化するタイヤたち

時代やモビリティに応じて進化するタイヤ 最新のテクノロジーが投入されているのはクルマだけじゃない。タイヤも時代に合わせ着実な進化を遂げているのだ。大盛況のうちに閉幕した東京モーターショー2019で見つけた、実用化されてま...

続きを読む...

メルセデス・ベンツ 事故を起こさないためのドライバー中心の設計思考

エンジンのパワーをフルに使えるシャーシ性能 メルセデスのエンジニア達が常に心に打ち込んできた名句、「シャーシはエンジンよりも速く」がある。 メルセデスがいう高性能車とは、単なるエンジンパワー優劣ではない。エンジン性能を…

続きを読む...

「ルノー メガーヌR.S.トロフィー 」ニュルFF最速のDNAを継承したホットハッチマシンの実力【試乗】

公道からサーキットまでストレスフリーで駆け抜ける 10月31日、メガーヌ ルノー・スポールに”トロフィー”というグレードが加わった。これまでのメガーヌにもトロフィーは存在していたが、先代も先々代も...

続きを読む...

対象車への危険行為は違反! 若葉、四つ葉、チョウの自動車マークはどんな人がつける?

運転者標識には4タイプある 「若葉マーク」など、法律で定められているクルマに貼る(表示する)マークには、何種類あるかご存じですか? 答えは……4つです。これらは、正式には「運転者標識」と呼ばれ、それぞれちゃんとした意味が...

続きを読む...

「メルセデス」のアメリカ進出のきっかけを作った高級ピアノメーカー「スタインウェイ」との深い絆

クルマとピアノ、最高級2メーカーの意外な関係 いまや世界のピアニストが最も信頼するピアノメーカーのひとつ「スタインウェイ&サンズ(Steinway&Sons)」。この有名ピアノメーカーと、世界初のガソリン自動車(4輪車)...

続きを読む...

1 / 164123...102030...»