「インポート」の記事一覧

クルマの故障は小さなストレスが原因! 意外にやってしまいがちな間違い操作5つ

日常の運転操作が故障の原因のタネとなる なに気に行なっているちょっとした操作が、じつはクルマを傷めてしまっていることがある。すぐに壊れてしまうようなことはないものの、愛車は小さなストレスが積み重なっていることは間違いな…

続きを読む...

レーシーな外装色が魅力! BMW高性能クーペ「M4」に30台限定「エディション ヘリテージ」登場

世界の有名サーキットをイメージしたカラー採用 ビー・エム・ダブリューは、高性能スポーツ・モデルのBMW M4 Competition(エム・フォー・コンペティション)をベースに、よりMモデルらしさを際立たせる専用装備を多...

続きを読む...

ニュルブルクリンクのFF最速車「メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR」を日本導入

さらなるハイパフォーマンスモデルも用意 ルノーがF1を頂点とするモータースポーツで培ったノウハウや先進の技術を駆使し、メガーヌ R.S.が持つ潜在能力を最大限引き出した「メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)トロフィーR...

続きを読む...

シートベルトは乗員を守る命綱! 「メルセデス・ベンツ」は1950年代から乗員の安全を追究

世界一の安全性を求めて最も重視した安全装備 クルマの事故が起きた際、乗員の安全を如何に守るか。セーフティファーストであり、乗員を守る命綱「シートベルト」が大切なのは周知の通りです。その歴史を遡ると、1951年にメルセデス...

続きを読む...

女性たちのホンネ「男性の運転マナーでグッとくること、ガッカリすること」

クルマの運転は人の本性を映す鏡 女性に「好きなタイプの男性」を聞けば十中八九返ってくる答えが「優しい」人。この「優しい」は、運転中のマナー/モラルでも同じことがいえそうだ。優しい運転、優しくない運転、それを敏感に感じ取…

続きを読む...

高齢者ドライバーの事故防止に役立つ「後付け」可能なオススメ装置

社外メーカーからも用意される運転サポート装置 高齢者ドライバーによる事故が増加する背景もあり、自分の親がちょっと古いクルマに乗っていて心配だという人も多いことでしょう。新しいクルマはさまざまな安全装置が付いていて安全性…

続きを読む...

「ガソリン車」と「ディーゼル車」どちらを選ぶべき? 購入時の迷いを解消する判断ポイントとは

差額20万円をどう捉えてどう解消していくか クルマ選びの第一段階とも言える車種選定の1項目として、エンジン形式があるだろう。ここのところマツダ車や輸入車ではガソリン車とディーゼル車の両ラインナップも増えており、一般的にデ...

続きを読む...

1 / 181123...102030...»