「インポート」の記事一覧 - 2ページ目

香水ブランド「サムライ」がクルマの芳香剤になって登場

モテる香水がカーフレグランスへ SPRジャパンより、香水由来の香りと高級感あるデザインが魅力の「サムライ・サムライウーマンシリーズ クリップタイプ カーフレグランス」に、人気の香り2タイプが加わって発売された。「サムライ...

続きを読む...

飛び石でガラスにヒビ!フロントウインドウの 補修の限界と対策とは

車両保険でのガラス交換は等級ダウン 高速道路などを走っているとき、いきなり”ピシッ”という音。フロントウインドウにヒビが入ってしまった経験をした人もいるだろう。飛び石によるガラス破損だ。 前走車が...

続きを読む...

フェラーリ デイトナやランボルギーニ ミウラなど100台以上! オートモビルカウンシル開催へ

購入可能なモデルも展示中 今年で4回目の開催となる「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビルカウンシル)」が4月5日(金)~7日(日)の3日間、千葉県・幕張メッセで行なわれている。「PRECIOUS ...

続きを読む...

早すぎても遅すぎてもダメ!車検時に交換すべき油脂類とは

車検を通すだけ点検での液モノ無交換に注意 最近のクルマは環境保護のためもあって、車検や点検で油脂類(オイルやクーラントなど)の交換頻度は少なくなっている。とはいえ、交換すべきものはあるだろう。ここでは車検時の液モノのメ…

続きを読む...

「DS3クロスバック」の魅力をイチ早く体感せよ! 全国9ヶ所で先行展示

見て、触れて、魅力を確認する体感ロードショー PSAは、グループのプレミアムブランドであるDSがリリースする最新SUV「DS3クロスバック」の日本導入に先駆け、実車を見て、触れて、その魅力を確認できる「特別体感ロードショ...

続きを読む...

ロータスカップジャパン 新規のレース参戦者に向けて「エントリー支援プラン」発表

60万~80万円相当の指定部品を提供 ロータス車によるワンメイクレース「LOTUS CUP JAPAN」を運営するエルシーアイ(LCI)では、新規に車両を購入してエントリーしたユーザーに対して、必要な指定部品&認定部品を...

続きを読む...

2 / 139123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  10. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...