「インポート」の記事一覧 - 3ページ目

オーダーメイド式を欧州車用シートカバーに採用、自分だけのインテリアを構築する

多彩な組み合わせもうれしい、自分だけのオリジナルシートが手に入る「エルディーネ」の『ス・ミズーラ』が国内生産化とともにリニューアル。パターンやカラーの選択肢が豊富なオーダーメイド方式を採用し、自分だけの仕様が楽しめるよ…

続きを読む...

「コルク」を使った新感覚なインテリア素材をロブソンレザーが開発中

暖かみのある風合いを車内に呼吸する素材「コルクレザー」本革シート・本革ステアリングの張り替えでは全国屈指の実績を誇り、車内コーディネートの第一人者「ロブソンレザー」が、天然素材のコルクを使ったインテリアメイクを考案・開…

続きを読む...

3年連続の快挙!! フェラーリのV8が「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」に

アワード史上最高のエンジンは6賞獲得で記録更新を果たす2018年6月5日、フェラーリ8気筒のラインナップに様々なバリエーションで搭載される最新ターボV8エンジンが、「2018年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤ...

続きを読む...

ティーンエージャーでカスタマイズミニを乗り回す、若きオーナー

クルマ好きな父の意志を継ぐ、若きスタイルアッパーR56ミニクーパーSのオーナーは、取材時のタイミングで19歳になったばかりのティーンエージャー。免許取得の記念にと、父親からスタイルアップが施されたクーパーSを譲り受けたと...

続きを読む...

新車でも流行の兆し「最近よく耳にするフラップエアロってナニ?」

視覚的な車高の低さも得られる、手軽さが人気上昇中なエアロパーツ最近の市販車は、純正エアロパーツの形状がもともと立体的で、複雑なカタチを採用しているモノが多くなってきた。さらにセンサー類も数多く装備されていたりするので、…

続きを読む...

2億円以上の価値あり、ビス1本から当時を再生する「ブラバス・クラシックメルセデス」の魅力

“オールドタイマー”の名を得た傑作、「Mercedes-Benz 300SL ガルウイング」メルセデス・ベンツのチューナーとして、世界的に名高い「ブラバス」。『ブラバス・ロケット』や『ワイドスター...

続きを読む...

左右非対称デザインのプレミアムスポーツ鍛造、待望の20インチ追加へ

ハイパワー車へも耐えうる高性能をレクサスやアウディ、BMWへ「レイズ」が築きあげてきた”鍛造金型工法”を採用。フォージド=鍛造製法において、かつてない造形美を求めたブランドが「ヴァルツ・フォージド...

続きを読む...

23歳で乗るからこそ価値がある。若きオーナーが1000万円の輸入車に乗る単純なワケ

今だけしか味わえない貴重な経験、無理してでも装着したいパーツがあったまさか、こんな若いヤツが乗っているとは……、といった他人のリアクションを見てほくそ笑むオーナー。そんなことも、まさに今だけしか味わえないとっておきの経験.…

続きを読む...

【工場見学】創業1931年「FUJITSUBO」の安全&安心を込めたモノ作り・スポーツマフラー編

業界の健全化にも尽力し続ける、創業87年の歴史とこだわりの工程を追うメイド・イン・ニッポンのモノ作りに迫る好評企画第9弾は、マフラー文化の発展に多大な貢献を続ける「FUJITSUBO(フジツボ)」。いまさら聞けない過去、...

続きを読む...

700万円を費やした正統派チューニングカー「アウディS4」の正体

速く走らせるための本気メイキングで500psをアクセル全開で攻める走りの魅力にどっぷりと浸かれるのは若さの証し。速さを得るためにはクルマ作りも妥協したくないし、巧みなドライビングのための努力も惜しまない。そんなひたむきに...

続きを読む...

プジョーひと筋! ブルーライオンを「DIY」で仕留める若き狩人

パーツの少なさを他車流用でカバー、己の感性で仕上げた1台のRCZブルーライオン、すなわちプジョー。このプジョーばかりを、免許取得スグからずっと乗り継ぐというオーナーが作り上げた渾身のスタイルアップカー。「このクルマは一体...

続きを読む...

【工場見学】「カーボン製」のエアロパーツってどうやってできるの?

きめ細かいマテリアルを再現するCFRPエアロができるまで「カーボン(CFRP)製のエアロパーツ」といえば、さまざまなクルマやスタイルにマッチし、無骨なマテリアルでレーシーなルックスをもたらす。このCFRPとは、̶...

続きを読む...

ドイツのチューニングメーカー「ゲンバラ」が復活を遂げた真相に迫る

大きく揺れ動いた老舗チューナーから完成車ビジネスへの躍進へ実力はありながらも運命に翻弄されたドイツのチューナーといえば「ゲンバラ」だ。一度はその歴史に幕を降ろした彼らが、密かに復活を遂げている。本家ポルシェのお膝元ドイ…

続きを読む...

ブレーキパッドの「焼き入れ」は百害あって一利無し!正しいブレーキのナラシとは

制動時の不快な振動を抑制するには300〜1000kmのナラシ運転が必要!ブレーキパッドやローターを交換したとき、「パッドの焼き入れ」と称してブレーキから白煙が吹くように故意に温度を上げるようなことをするとローターの歪みの...

続きを読む...

過激さではアチラが上手? 欧州のカスタムユーザーカー17台をぶった切り!

どうせイジるんならとことん行くとこまで行っちゃいましょ!!海外のユーザーはキレたカスタムが大好きなようで・・・。でもどのクルマもとってもキレイに仕上がっている印象。そんなカスタムの本場であるユーロッパで見つけたユーザーカ.…

続きを読む...

3 / 59«...234...102030...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング