「インポート」の記事一覧 - 3ページ目

激速ワゴン「アウディRS 4アバント」が6年ぶりにフルモデルチェンジ! 価格は1196万円

新開発の2.9リッター V6ツインターボ搭載ダウンサイジングながらトルクと燃費は先代を凌駕 アウディ ジャパンは、ハイパフォーマンスワゴン「Audi RS 4 Avant」を6年ぶりにフルモデルチェンジ。1月28日より全...

続きを読む...

「マーベリック」には極上のホイールマッチングを可能とするメニューが存在する

オーダーインセットやブラックリム仕様は話題の新作ホイールでも実現可能に ホイールメーカー、ウェッズには「マーベリック」という2ピース構造を採用するブランドがある。先立っての東京オートサロンでは2019年モデルの2作を発表...

続きを読む...

【R230型メルセデス・ベンツSL】電動格納式ハードトップを初採用したスポーツカブリオレ

歴代モデルとバリオルーフ採用の5代目に迫る“SL”はメルセデス・ベンツのモデルラインアップとしてはオープンエアというキャラクターゆえに本流ではないものの、ブランドの価値を高めて多くのファンから愛さ...

続きを読む...

「新型BMW M5 Competition」サーキットの性能を際立たせたプレミアム4ドアセダン

アグレシッブなデザインまで取り入れた最高出力625psを発生する快速セダン「ビー・エム・ダブリュー」は、BMW M5をベースに、よりサーキット走行性能を磨き上げた『BMW M5 Competition(コンペティション)...

続きを読む...

世界に一つの自動車カスタム「自分好みのデザインを愛車のシートへ」

特殊プリント技術でオンリーワンを提案カスタマイズの世界で重宝されるのが「ワンオフ」というキーワード。ある目的のために製作された一度限りの製品というニュアンスで、特にマフラーやエアロパーツなどで世界に一つしかないパーツを…

続きを読む...

RECAROからフルバケットシートの概念を変える新発想なモデル

人間工学によるベストポジションを追求したリクライニングしなくても快適なシート東京オートサロン2019の「RECARO(レカロ)」ブースには、見た目も鮮やかなビビットなカラーの新作シートがズラリという光景が広がっていた。こ...

続きを読む...

500万円でGTマシン級の迫力「HONDA NSXで実現する美しきワイドボディ」

和製スーパースポーツが身に纏う、ドライカーボン製エアロの破壊力東京オートサロン2019が行われた幕張メッセで、ひときわ異彩を放つ1台が展示されていた。広島県のボディキットメーカー「エイムゲイン」が製作したHONDA NS...

続きを読む...

3 / 134«...234...102030...»

ウィークリーランキング

  1. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  2. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  3. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  4. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  5. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  6. ホンダのイギリス工場閉鎖で起きる「不吉な予感」と「次期シビックの行方」

    ホンダのヨーロッパ市場戦略が再び問われる今  ホンダが突如イギリスのス...

  7. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  8. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  9. トヨタ新型「GRスープラ」国内仕様が初登場!TRDもカーボン製エアロを発表

    GRスープラの空力性能を高める機能パーツ  1月14日にアメリカ・デト...

  10. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...