「インポート」の記事一覧 - 30ページ目

日本で1台のみ存在する超弩級カーボンボディを纏う「Gクラス」

マンソリー・グロノス・ブラックデザートには他とは違う風格と遊び心が投入されていた昨年春のジュネーブショーでアンベールした「マンソリー」衝撃の最新作『グロノス ブラックデザート』。この強烈な個体に敵う存在はない、日本でただ…

続きを読む...

アルファードよりも高額な「840万円のミニバン」にはどんな価値があるの?

ワクワク要素が加わった高級ミニバンの登場、特別装備満載の「Vクラス」はどんなモデル?今年はメルセデスベンツの「Vクラス」が妙に気になる。年初の東京オートサロンでは参考展示としてショーファー仕様の『V220dスポーツロング...

続きを読む...

VW「パサート」にTDI追加!ディーゼルとは思わせない軽快感

ガソリン、ディーゼル、プラグインHVと3つのパワーユニットをラインアップ!「フォルクスワーゲン(VW)」の『パサート』に2リットル直列4気筒ディーゼルインタークーラー付きターボエンジン搭載モデルが追加された。ボディタイプ...

続きを読む...

転居後にナンバー変更をしないと「警察」からの違反通知が届かない!

転送届けをしても違反通知は送られない引っ越しなど住所が変わったときナンバープレート(クルマの所有者の住所)を変更しないと、知らぬ間に犯していた交通違反の通知書が、例え郵便局に転送届けを出しても配達されないのをご存じでし…

続きを読む...

イメチェンに効果的!! 手軽にできる「簡単ペイントコーデ」7例

自分でできる「スプレーフィルム」は劣化した純正樹脂パーツにも有効!パーツの自家塗装は、ハードルの高いDIYだと思う。なにしろ塗装は、失敗してしまったら、最初からやり直すのに恐ろしく手間がかかる。ところが、そういうユーザー...

続きを読む...

日本での人気は世界トップクラス 「MOMO」の最新ステアリング事情

伝統とモダンの調和が魅力なMOMOのニューモデルラインを大公開自動運転技術が実用化に向かい、あと10年もすればステアリングの要らないクルマが販売されそうな2018年。しかし、『MOMO(モモ)』のステアリングは元気だ。日...

続きを読む...

機能とデザインが融合したAMG C63のカーボンインテークシステム

価値ある空気を得るためにデザイン。機能性を重視した「グループM」の発想より大きなパワーを絞り出すため、エンジンは冷たくて密度の濃い空気を欲しがっている。それを実現させるために、効率を徹底的に追求して理想のフォルムを生み出…

続きを読む...

30 / 125«...1020...293031...405060...»

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...