「インポート>ホイール&タイヤ」の記事一覧

BBS、ボルクレーシング、マイスター… 時代を超えて愛され続けるロングセラーなホイールたち

色褪せることを知らない古き良きデザイン 単なる足もとのドレスアップにとどまらず、軽量化など走りの面でも貢献するアルミホイール。アフター業界では、毎年のように新製品がリリースされるいっぽうで、長年に渡って販売を続ける長寿…

続きを読む...

全18432通り! ホイール「カラーコーディネートシステム」が叶える十人十色の個性

3ピース構造の強みを生かした粋なシステム 独創性のある芸術的なデザインと、メイドインジャパンらしいキメ細やかな仕上がり。「クレンツェ」といえば、愛車を美しく、色気のある1台に仕立てられることで目の肥えたユーザーが指名買い.…

続きを読む...

ミシュラン、ポルシェ911GT2 RS/GT3 RS専用にハイグリップタイヤ開発

高いドライグリップが生み出す異次元の走り  公道も走れるサーキット用スポーツタイヤ「MICHELIN PILOT SPORT CUP 2 R(ミシュランパイロット スポーツカップツーアール)」が日本ミシュランタイヤから9...

続きを読む...

ダンロップ、突然の降雪にも慌てない”長持ちオールシーズンタイヤ”発売

サマータイヤ同等の操縦安定性を実現「いつでも、どこでも、走れる」という感じで、晴れの日も雨の日も雪の日も問わず、シーズンを通して履くことができるオールシーズンタイヤ。文字どおりすべての季節を通して利用できる万能タイヤと…

続きを読む...

日本ミシュランタイヤ、業界最長2年間の無料「安心パンク補償」をスタート

オンラインストア限定で工賃も対象に フランスの世界屈指のタイヤメーカー「ミシュラン」。グルメガイドブック「ミシュランガイド」を出版するなど、一般の人にもなじみ深いメーカーだろう。現在、日本ミシュランタイヤが運営する日本…

続きを読む...

いま注目すべきドラレコ&洗車用品は? 「用品大賞」に選ばれた商品と理由

安全サポートや盗難防止品にも注目「日刊自動車新聞 用品大賞」は、自動車ユーザーに多彩で充実したカーライフを提案するとともに、自動車用品の販売促進と業界発展に寄与することを目的とし、1987年よりスタート。1年間で最も注目...

続きを読む...

ハンドルがブレる、まっすぐ走らない! クルマのアライメント調整が必要な状況とは

車輪の向きは些細なことで狂ってしまう 4つの車輪の位置状態を示す、ホイールアライメント。それを調整するのが「アライメント調整」と呼ばれており、見た限りでは4輪ともちゃんと付いているので、そもそも調整する必要があるのかと思.…

続きを読む...

アイデア部門賞の「タイヤ空気圧監視システム」が注目される理由とメリット

空気圧点検の減少が引き起こすパンクトラブル バスクが発売するタイヤ空気圧管理モニタリングシステム『AirSafe(エアセーフ)AS-SV2』が、日刊自動車新聞の用品大賞2019において”アイデア部門賞R...

続きを読む...

1 / 30123...102030...»