「セダン」の記事一覧 - 10ページ目

日本市場の95%が海外生産!アルミホイールの安全性は守られているのか?

ジャパンクオリティを維持するために開発・設計から製造工程まで徹底管理日本市場で1年間に販売されているアルミホイールは約1100万本。そのうちの約95%が海外製で、日本の工場で生産されているのはわずか5%にすぎない。確実に...

続きを読む...

Prodriveの誇る切削鍛造の高性能をデザインに注ぎ込んだハイエンドホイール

レースフィールドで得た実績を継承した革新のプレステージモデル走りに優れ、スポーツ指向のスタイルアップファンから厚く支持される「プロドライブ」は、鍛造削り出し製法による高品質なホイール造りが大きな魅力だ。この春デビューし…

続きを読む...

DIY用品の”エーモン”が「クルマとあそぶ」を体感できるファン感謝デー開催

楽しみながらクルマに興味をもってもらう。クルマ好き必見のイベントが2週連続開催!!クルマ用の手入れ用品やDIY関連アイテムでおなじみの「エーモン工業」が、兵庫県福崎町の本社敷地内で11月24日に『エーモンファン感謝デー2...

続きを読む...

『ADVAN Racing』ホイールの真髄をキーパーソン萩原修氏にインタビュー

トレンドよりもアドバンレーシングらしく、ワンランク上を目指す姿勢も忘れない古くは1980年代の国産スポーツカーユーザーに始まり、今やヨーロッパの本格スポーツカーユーザーにまで支持される「横浜ゴム」の『アドバンレーシング』...

続きを読む...

レイズ独自技術「ハイブリッドマシニング」を施した3本の新作「グラムライツ」

さらなる豊かな表情を与えた世界初となる異なる2つの表面処理日本国内よりもむしろ海外で高い人気を集めているのが、「レイズ」の鋳造スポーツホイールブランド『グラムライツ』。斬新なラインで描かれるホイールは確かに個性的なアイテ…

続きを読む...

ボルクレーシングの伝統を継承しつつ生まれたアルミ鍛造版『TE037』

最高峰レーシングの進化を宿す血統は、この1本で街履きもサーキットもこなす誰もがそのカタチを目にしたことがあることだろう。6本スポークという独自のスタイルは、「レイズ」が長年に渡って挑み続けてきたスポークレイアウトで、マル…

続きを読む...

ルーフキャリアの基礎知識「システムタイプならアレンジは無限大」

ドレスアップ効果も高くカッコ良くキマるキャリア&アタッチメントの選び方は?本来は積載性を確保するために装着されていたルーフキャリアが、現在はひとつのドレスアップスタイルとして人気を集めている。今回は、そんなルー…

続きを読む...

10 / 159«...91011...203040...»

ウィークリーランキング

  1. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  2. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  3. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  4. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  5. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  6. ホンダのイギリス工場閉鎖で起きる「不吉な予感」と「次期シビックの行方」

    ホンダのヨーロッパ市場戦略が再び問われる今  ホンダが突如イギリスのス...

  7. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  8. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  9. トヨタ新型「GRスープラ」国内仕様が初登場!TRDもカーボン製エアロを発表

    GRスープラの空力性能を高める機能パーツ  1月14日にアメリカ・デト...

  10. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...