「セダン」の記事一覧 - 3ページ目

ボルクレーシングの伝統を継承しつつ生まれたアルミ鍛造版『TE037』

最高峰レーシングの進化を宿す血統は、この1本で街履きもサーキットもこなす誰もがそのカタチを目にしたことがあることだろう。6本スポークという独自のスタイルは、「レイズ」が長年に渡って挑み続けてきたスポークレイアウトで、マル…

続きを読む...

ルーフキャリアの基礎知識「システムタイプならアレンジは無限大」

ドレスアップ効果も高くカッコ良くキマるキャリア&アタッチメントの選び方は?本来は積載性を確保するために装着されていたルーフキャリアが、現在はひとつのドレスアップスタイルとして人気を集めている。今回は、そんなルー…

続きを読む...

オーディオからの音楽を車外に漏らさず最良のサウンドを手に入れる!

エンクロージュア(ボックス)構造でドアのビビリや音楽のこもり音を低減「ソニックデザイン」がリリースする『ソニックプラス』は、スピーカーの背面を「エンクロージュア」と呼ばれるボックスで覆う構造を採用している。カーオーディ…

続きを読む...

「レオンハルト」ホイールの上級感を高める特別な2カラーを限定発売

人気の4モデルに与えられた特別色はマイスターショップだけで販売開始!日本が誇るホイールメーカー「スーパースター」が認定した特別な店舗『マイスターショップ』。全国で約80店舗を展開する、このマイスターショップ限定で...

続きを読む...

7代目スカイラインへ影響を与えたのはマークIIではなく「RS-X」だった

高級志向への路線が不評を買ってしまう。悲しき歴代随一の不人気モデルに現行モデルが14代目となる日産「スカイライン」。国産車の中でも抜群のネームバリューをもつスカイラインは、抱えるファンも多い。ただ、その大半は10代目まで...

続きを読む...

脇見&居眠り運転をブザーで警告し、事故防止をサポートする

本体カメラがドライバーの顔を検出取り付けはシガーソケットに挿すだけ!ふと襲ってくる眠気や、脇見による運転。事故などを起こしてしまっては大変だ。「ユピテル」から発売された安全運転支援装置『わき見・居眠り運転警報器 OKI...

続きを読む...

3 / 151«...234...102030...»

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...