「セダン」の記事一覧 - 3ページ目

アメリカの職人が作り上げた、レクサスISから240SXまで「VIPな日本車カスタム・後編」

USを代表するショップ渾身の作品は、ボディメイク&足回りで個性全開の6台足回りのスペシャリストとして「TディメンドUSA」としても活躍。アメリカを代表するボディメイクのスペシャリスト、Sam Hagenが率いるショップ「...

続きを読む...

新車でも流行の兆し「最近よく耳にするフラップエアロってナニ?」

視覚的な車高の低さも得られる、手軽さが人気上昇中なエアロパーツ最近の市販車は、純正エアロパーツの形状がもともと立体的で、複雑なカタチを採用しているモノが多くなってきた。さらにセンサー類も数多く装備されていたりするので、…

続きを読む...

左右非対称デザインのプレミアムスポーツ鍛造、待望の20インチ追加へ

ハイパワー車へも耐えうる高性能をレクサスやアウディ、BMWへ「レイズ」が築きあげてきた”鍛造金型工法”を採用。フォージド=鍛造製法において、かつてない造形美を求めたブランドが「ヴァルツ・フォージド...

続きを読む...

路肩の障害物によるホイール損傷を予防!助手席側の死角を「見える化」する車種別サイドビューカメラ

車両感覚という”勘”に頼るのは危険モニターで助手席側の状況を確認ミニバンやSUVのような背の高いクルマの左サイドは、運転席からはほぼ見ることはできない。そんな死角を映し出すのが「データシステム」の...

続きを読む...

【工場見学】創業1931年「FUJITSUBO」の安全&安心を込めたモノ作り・スポーツマフラー編

業界の健全化にも尽力し続ける、創業87年の歴史とこだわりの工程を追うメイド・イン・ニッポンのモノ作りに迫る好評企画第9弾は、マフラー文化の発展に多大な貢献を続ける「FUJITSUBO(フジツボ)」。いまさら聞けない過去、...

続きを読む...

アメリカの職人が作り上げる、90年代セダンから最新モデルまで「VIPな日本車カスタム・前編」

LS460、Q45、LEXUS LCも!名門が作り上げるアメリカンなVIP事情VIPカーを作るために必要な技術となる、板金、電装などの加工はもちろん、足回りのスペシャリストとして「TディメンドUSA」としても活躍。オレン...

続きを読む...

【工場見学】「カーボン製」のエアロパーツってどうやってできるの?

きめ細かいマテリアルを再現するCFRPエアロができるまで「カーボン(CFRP)製のエアロパーツ」といえば、さまざまなクルマやスタイルにマッチし、無骨なマテリアルでレーシーなルックスをもたらす。このCFRPとは、̶...

続きを読む...

「STI名車列伝」インプレッサWRX-STi(GC系)はココが神ポイントだった

ラリーストを目指す筆者が諦めた夢のマシン、それがインプレッサ初の「STiバージョン」1994年1月に発売された初代SUBARU・インプレッサのSTiバージョン(GC8)は、月産100台限定の受注生産。「Handcraft...

続きを読む...

奇抜さは要らない、レクサスLSを上品に仕立てられる稀有なボディキット

「レクソン」から先代LS後期に向けてジェントルに奏でる4点をリリース新型LSの登場に沸き立つセダンのカスタム業界だが、現実的なベースとして、盛り上がりを見せるのが先代モデルの後期型だろう。今まで雲上の存在だった国産最高級...

続きを読む...

ブレーキパッドの「焼き入れ」は百害あって一利無し!正しいブレーキのナラシとは

制動時の不快な振動を抑制するには300〜1000kmのナラシ運転が必要!ブレーキパッドやローターを交換したとき、「パッドの焼き入れ」と称してブレーキから白煙が吹くように故意に温度を上げるようなことをするとローターの歪みの...

続きを読む...

高級セダンにこそ輝ける足元 「マルチピース」が放つ圧倒的な説得力

デザインに凝った1ピースも選択肢?奥が深いセダンで似合うホイールとはレクサスを筆頭に、トヨタにはクラウンやマークX、日産にはフーガやスカイライン、ホンダにもレジェンドやアコードと多彩なセダンを用意する。そんなセダンにおけ.…

続きを読む...

「新古車や未使用車」ってなに? そのメリットとデメリットとは

新車同様とはいえ、中古車扱いとなる人によってはお買い得なケースも中古車物件のスペックやプライスボードで見かけるのが、「未使用車」、「新古車」、「展示車」という表記。なかには未使用車専門店なんていうのもあったりする。 軽自…

続きを読む...

ディッシュホイールのスーパースター『ヴァッフェ』が現代に蘇ったワケ

80〜90年代の旧世代ブームにあわせてあの名作が6年ぶりに復刻する3ピース構造のホイール「レオンハルト・オルデン(2004年発売)」の派生デザインとして、翌2005年に販売されたのが「レオンハルト・ヴァッフェ」だ。...

続きを読む...

革シートの汚れを徹底除去! プロが開発した本格派クリーナーが登場

頑固な皮脂汚れがみるみるキレイに!シートカバーのクリーニングにも最適カーディテーリングのプロと化学メーカーが共同開発した洗車ブランド「ULGO(ウルゴ)」。新たに発売された『レザークリーナープロ』は、本革シートやPVCな...

続きを読む...

3 / 76«...234...102030...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング