「セダン」の記事一覧 - 30ページ目

フサフサした塗装の正体「ロイヤル・モケット・コート」ってなんだ?

スウェードのような質感”起毛塗装”で新感覚なインテリアメイクを構築するインテリアメイクの素材選びで大切なのは、見栄えはもちろんとして、触感や質感のよさだと思う。レザーやウッド、アルミなどはその点で...

続きを読む...

SUBARUマニア格付け検定対策「”あ”から始まるスバル用語辞典Vol.2」

ファンなら知っておきたいSUBARU用語「アステローペ」や「オールウェザーパック」って?好評「SUBARU用語」の第2弾。今回は、人物名や車名から機能まで、”あ”から”お”までを集めてみました。クルマ好きなら知ってる基本...

続きを読む...

夏の暑さ対策には「ジリジリ感」の低減する赤外線カットフィルムが効果的

快適な車内空間を手に入れる赤外線カットフィルム施工のススメ5月ともなれば、日差しや紫外線の強さは夏と変わらないくらい強く、快晴時はエアコンを効かせた車内でも暑いと感じることも。ただ、この暑さを冷静に判断するとエアコンの温…

続きを読む...

マークII3兄弟の中古車「15のトラブルポイント」 購入予定者は必読!

チューニング資質が高いからこそJZX系絶対に見逃してはいけないポイントを紹介チューニング人気が高く、中古車市場では高値安定が続くトヨタのマークII・チェイサー・クレスタの3兄弟。ノーマルからチューンド仕様まであらゆる選択...

続きを読む...

クリムソンが現代版ネオクラシックの「フィン」タイプホイールを提案

最新デザインに仕上げたクラシカルフィンは国産車〜インポートカーまでをカバー!ネオクラシックのムーブメントを牽引してきた「クリムソン」。そのRSシリーズに本命のフィンデザインを投入したのが『CVフィン』だ。クラシカルでプレ...

続きを読む...

「ダイナスティ×シックスセンス」カスタム界の両雄がコラボしたアルミホイール

ハイエースとミニバン&SUV用で異なるフェイス断面を採用するハイエースの雄「ダイナスティ」と、アルファード&ヴェルファイアの雄「シックスセンス」が意を共にして作り上げた、トヨタ・ハイエース用のホイール『ヴェルヴェ...

続きを読む...

30 / 163«...1020...293031...405060...»

ウィークリーランキング

  1. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  4. 中身はR32型、外身はケンメリ。旧車生活の概念を覆す”スーパーGT-R”の勇姿

    クラッシックカーを身近に、快適に楽しむべく 一石を投じた「ロッキーオー...

  5. 46万kmスカイラインGT-R「特殊ヒューズ」で電通快適化【BNR32不定期連載8】

    高性能なヒューズに換装するだけで コンピュータの信号レスポンスがアップ...

  6. トヨタが新型ハイエースを発表!次期モデル300系として国内投入に期待!

    大幅に大型化したセミボンネットボディを採用  トヨタは、2月18日に、...

  7. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. ハイスペック故にリッター10km以下! 乗って楽しい「悪燃費な国産車」5選

    乗ると踏みたくなる名機の持ち主たち  ここのところハイブリッド車が一般...

  10. 懐かしく新しい! 「ダサかっこいい」復刻ホイールのススメ

    往年の名作が復活ラッシュ!! いまのクルマに履くべき"古き良き"5本 ...