「スポーツ」の記事一覧

有名ドライバーを輩出!ドリフト文化黎明期の名イベントが復活

競技として成熟したドリフトコンテスト かつてドリフトブームの最中、全国各地でカー雑誌が主催となるドリフトイベントが開催されていた。その中でも、よりストリート目線で読者との距離が近かったのが、BM(=Battle Maga...

続きを読む...

サーキットで輝くことが最大の使命! GT-RとフェアレディZへ50周年記念モデル誕生

「50周年記念車」が期間限定でついに登場 PGC10と言ってわかる人は、かなりの自動車マニアの方です。大方の人は「なんの暗号?」と思ってしまいますが、実はこのPGC10は1969年にデビューした初代日産スカイライン4ドア...

続きを読む...

市街地からモータースポーツまで対応!ブレンボ製ブレーキシステムに新型キット登場

幅広い車種へ性能重視のGTS Kit ブレンボジャパンは、『ブレンボ Gran Turismo Brake System』にGTS Kitのラインアップを追加し、発売を開始させた。 鋳造モノブロック構造となるキャリパーは...

続きを読む...

激戦必至の2019年スーパーフォーミュラ選手権が間もなく開幕 

スーパーフォーミュラレース開幕前予想 日本のレース界での最高峰である全日本スーパーフォーミュラ選手権。三重県・鈴鹿サーキットの2019年開幕戦はいよいよ今週末。4月20日に予選、21日が決勝が行われる。今シーズンはマシン...

続きを読む...

クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

アクセルを踏みながらの始動は無用 かつて、ソレックスやウェーバーという「キャブレター」を採用した高性能エンジンが証だった頃、冷間始動(コールドスタート)させるには、一連の儀式があった。電磁式燃料ポンプの場合、ACCまでキ...

続きを読む...

トヨタのGAZOOってなに? 名前の由来とGRのラインアップに迫ってみた

自動車メーカー直系のチューニングカー 最近のトヨタはGR、GRMNといったスポーツシリーズを次々に投入してきているが、ブランドにどんな意味があるのか知っているのだろうか。今回は名称について簡単に整理してみたいと思う。 そ...

続きを読む...

80〜90年代の日産車はよかった! 「901運動で生まれた名車5選」

技術の世界一を目指し、評価を受けたモデルたち 901運動と聞いてピンと来る人は少ないだろう。1980年代に日産が「1990年代までに技術の世界一を目指す」という目標を掲げてクルマ作りに取り組んだ運動のことである。 日産社...

続きを読む...

1 / 197123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  9. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  10. SCOOP!ホンダ「次期N-WGN」公道テストをキャッチ!偽装で隠されたデザインを徹底検証

    次期モデルも標準仕様とカスタムの2タイプ  自動車メーカーは、新しいク...