「スポーツ」の記事一覧

F1は激速なのにタイヤが分厚い! タイヤを薄くするほど高性能ではない理由

タイヤが薄く見えると性能はいいのか ホイールのインチアップブームがまたやってきているようです。クルマのホイールを大径のものに履き替えるインチアップは、その昔13インチが主流だったころ、16インチはあこがれのホイールサイズ...

続きを読む...

「裏切り?」FF化にファンは涙! FRを捨てたクルマは正解or失敗?

FRの持つ優位性は今どこに かつてクルマの駆動方式は、高級車、大型車は後輪駆動(FR)が主流だった。前輪に駆動力がかからないフリーな状態になっていることによりステアリングフィールが自然なものになり、振動関係が有利でもある...

続きを読む...

1周走って「ブレーキが終了」もあり得る話!  サーキットをノーマル車で走る時の注意点とは

普段使いのクルマでサーキット走行に臨むには サーキットを走るには専用のチューニングが必須? そう思い込んでいる人も少なくはないけれども、速い遅いを別にすればノーマルでも走れるのだ。しかし注意すべき点はいくつかある。それ…

続きを読む...

レースでもラリーでもない! いま人気急上昇の「ジムカーナ」って何?

あのケン・ブロックもやっている ドラテク磨きに最適の競技 新型スープラやGRヤリスなど最近のスポーツカー人気の影響もあって、競技人口が一時に比べて戻りつつあるのが“ジムカーナ”というモータースポーツだ。かつては参加型モー...

続きを読む...

セリカこそ「世界のトヨタ」最大の功労車だ! ラリーで名を轟かせた7台とは

トヨタの世界的イメージアップを創り上げてきたセリカ トヨタ・セリカは、1970年の12月に初代モデルのA20系が登場。77年に2代目A40系にモデルチェンジされた、6気筒エンジンを搭載する上級モデルは、やがてスープラと名...

続きを読む...

シルビア・セリカのオープン化は当然! 激速タクシー専用車まで作っちゃう国産メーカー直系カスタムの強烈度

個性を際立たせたメーカーのカスタムカー 国産自動車メーカーが自ら製造販売していたカスタムカー。前回は海外メーカーとの協業で生まれたクルマをご紹介した。後編では、国産自動車メーカーが系列会社や架装メーカーにカスタマイズを…

続きを読む...

無敵のスカイラインGT-Rに食らいついた猛者も! 90年代に日本のレースで光を放った輸入車7選

国内ツーリングカーレースで大暴れの輸入車 ハコ車レースと言えばスポーツカーが集うSUPER GTが最初に思い浮かんできますが、1980~90年代のハコ車は文字通り箱型セダン系のツーリングカーでした。その国内最高峰は全日本...

続きを読む...

中古市場で見つけたら即買い必至のレアっぷり! 当時主役になりそこなった1990年代国産スポーツカー3選

希少価値にも関わらず安い中古クルマ 1990年代は国内自動車メーカーの技術力が高まったのに加え、弊社発行の「CARトップ」や、2&4モータリング社制作のカービデオマガジン「ベストモータリング」誌の影響も大きく、国...

続きを読む...

1 / 273123...102030...»