「スポーツ」の記事一覧

「古い車の税金が高い」は正しいか否か、厳しい日本の税金制度が意味するもの

旧車増税は日本だけの制度ではない 日本において車齢13年以上のクルマは自動車税や自動車重量税が重課される。いわゆる「旧車増税」と呼ばれる制度だ。これについて「古いものを大切にしないことを政府として良しとするのか」と憤る声.…

続きを読む...

「自動車税の納税猶予」検討されている可能性は?【新型コロナウィルス対策】

自動車税コールセンターに聞いてみた 毎年「4月1日時点の所有者」に納税通知書が届けられる『自動車税』。旧車や大排気量車のオーナーにとっては金額が大きいだけに頭の痛いところだが、今年は新型コロナウイルスの影響で中小企業や自.…

続きを読む...

第2世代の日産GT-Rオーナーに朗報! マスターキーからミッションまで「NISMOヘリテージパーツ」追加発売

第2世代GT-Rに向けてアイテムを充実化 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(以下ニスモ)は、日産スカイラインGT-R(BNR32、BCNR33、BNR34)用の「NISMOヘリテージパーツ」を追加発売すると...

続きを読む...

四十路以上のおじさん感涙「昭和&平成の自動車デート文化」クルマ選びからドライブインシアターまで

クルマは男女の遊びで欠かせないツール「若者のクルマ離れ」という言葉は聞き飽きた感じで、もはや世代間に格差ありあり。それはそれでいいとして、じゃあ、それ以前でのクルマの扱いというか、存在ってどんな感じだったのだろうか。別…

続きを読む...

未来のF1マシンは電気自動車? 7年目を迎える「フォーミュラE」レースの実状と展望

フォーミュラカーの「E」と「1」の違いとは 日本ではまだ開催されていない電気自動車レースのフォーミュラE選手権。今シーズンは例年のように、昨年末に開幕し10数戦をこなして7月に最終戦となるスケジュールで、初開催から6年目...

続きを読む...

昭和の人気レース「スーパーシルエット」 源流はポルシェやBMWが参戦した欧州のレース

より多くのメーカーに参戦を促す目的で誕生 日産のターボ三兄弟(スカイライン、シルビア、ブルーバード)など、70年代の終盤から80年代序盤に、国内のレース界で高い人気を誇っていたスーパーシルエット。市販車をベースに大きく張...

続きを読む...

タイヤ&ホイール館フジ「スペシャルブランド白河店」オープン、4月3〜5日にオトクなセール開催予定

福島県内の既存店でも協賛セールを予定 フジ・コーポレーションは、福島県白河市に47店舗目となる新店舗「タイヤ&ホイール館フジ スペシャルブランド白河店」を開設。2020年4月3日(金)にオープンすることを...

続きを読む...

【ミニカー速報】「京商」はトヨタセリカのラリー仕様、「アオシマ」はスバルBRZのカスタムモデルを発売

セリカは2000個限定販売 ホビーメーカー大手の「京商」と、静岡の老舗プラモデルメーカーとして知られる「青島文化教材社」から自動車ダイキャストモデルの新商品情報が届いた。早速、お届けしよう。【京商】 ラジコンからモデルカ...

続きを読む...

1 / 265123...102030...»