「ワゴン」の記事一覧 - 10ページ目

パイオニア「最新サブウーファー」4モデルを聴き比べ!【スーパーカーニバル2018】

国内最大級のフリップダウンモニター登場!新開閉レイアウト採用で機能性がさらに向上10月7日大阪市・舞洲スポーツアイランドで開催しているワゴン&トヨタ・ハイエース&軽自動車のドレスアップの祭典「スーパーカーニバル2018」...

続きを読む...

10月7日「スーパーカーニバル2018」開催! 大阪にカスタマイズカーの祭典がやってくる

ミニバン・ハイエース・軽カーが大集結!恒例の体験コーナーもすべて無料で楽しめる来たる10月7日(日)、大阪府の舞洲スポーツアイランド・風そよぐ丘・空の広場にて「スーパーカーニバル2018」が開催される。“WAGONIST...

続きを読む...

脇見&居眠り運転をブザーで警告し、事故防止をサポートする

本体カメラがドライバーの顔を検出取り付けはシガーソケットに挿すだけ!ふと襲ってくる眠気や、脇見による運転。事故などを起こしてしまっては大変だ。「ユピテル」から発売された安全運転支援装置『わき見・居眠り運転警報器 OKI...

続きを読む...

【新型ボルボ V60 試乗レポート】デザインと安全装備を強化した美しきワゴン 499万円から

世界最高峰のアシスト機能を搭載し、実用性&使い勝手も極上なエステート「ボルボ」のミドルサイズ・ワゴン、『V60』がフルモデルチェンジされた。新型となった『V60』は、すでにセールスがスタートしている『XC60』や『S60...

続きを読む...

マツダの飽くなき挑戦「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(国内編 Part 2)」

コンパクトからアッパーミドルへ。拡大化したロータリー・エンジン搭載車ファミリア・ロータリークーペに始まりサバンナ、カペラと展開。マツダのロータリー・エンジン拡大プロジェクトは70年代中盤からは、より上級レンジへとシフトし.…

続きを読む...

「カロッツェリア最新サウンド」がどこよりも早く体感できる【スーパーカーニバル2018】

パイオニアがナビやカーAV約40種を発表!サブウーファーなどを10月7日に試聴できる10月2日、「パイオニア」はカーナビ・カーAVブランド『カロッツェリア』から9インチモニターを採用した新型『楽ナビ』など約40種類の新製...

続きを読む...

「流れるLEDシリーズ」にハイエース用のヘッドランプ&ハイマウントストップランプ

ダズフェローズ発!! 近未来的デザインで映えるシーケンシャルLED「ダズフェローズ」から、トヨタ・200系ハイエース用の新作2アイテムがリリースされる。ひとつは製作途中で初公開となる『PREMIUM LED HIGH-M...

続きを読む...

クレンツェを履かせたクルマがリッチに見えるのはなぜ?

ウェッズの最高峰に与えられたさらに深化する設定色へのコダワリ「クレンツェ(Kranze)」といえば、ウェッズのなかで最高峰に位置付けられるブランドである。目の肥えたドレスアップ・カスタマーを虜にする圧倒的なオーラは、長年...

続きを読む...

10 / 220«...91011...203040...»

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

    SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

  7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

  8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

    一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

  9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

    自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

  10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...