「ワゴン」の記事一覧 - 20ページ目

スバリスト必見!! ファンと共に軌跡を残す「STIギャラリー」は見て触れられるスバル博物館

「聖地」と呼ぶほど熱狂的なスバリスト 熱いSUBARUファン(スバリスト)の“聖地”として挙げられる場所がいくつか存在する。例えば東京都渋谷区恵比寿にあるエビススバルビル(株式会社SUBARU本社ビル)や群馬県にある株式...

続きを読む...

DIYに挑戦!! ヘッドライトの透明度を取り戻す3つの方法

磨く・溶かす・貼るの異なる手法で年末年始に愛車の目元をリフレッシュ かつてのヘッドライトのレンズカバーといえばガラス製でしたが、近年はポリカーボネートという素材が使用されており、この樹脂が劣化することで黄ばんでしまうの…

続きを読む...

【知ってる?】シリコンワイパー交換時「から拭き」しないと撥水効果は半減に

フロントウインドウの撥水コーティングはレースでも使われる視界確保の必須項目 ワイパーを動かすだけでフロントガラスに撥水効果をもたらすという便利なアイテムが「(撥水)シリコンワイパー」。じつは、交換しただけでは、その効果…

続きを読む...

ノア・ヴォクシー・エスクァイアで最先端を演出!! トレンドを凝縮したテールランプが登場

ダズフェローズからトヨタ車用が続々登場!近未来的な点灯でリアビューを華麗に演出する「ダズフェローズ」といえば、国産車を中心にテールランプやドアミラーウインカーを展開。スタイリッシュなデザインや最先端な点灯パターンなど、…

続きを読む...

レクサス新型UX用「テレビキット」をデーターシステムが発売

走行中もナビ操作やTV視聴が可能となるオリジナルのエアロパーツからドライブレコーダーまで幅広い自動車アフターパーツの総合メーカーとして名高い「データーシステム」からレクサスの新型モデル『UX』に適合するテレビキット『TV...

続きを読む...

トヨタ直系カスタムブランド「TRD」と「トムス」のそれぞれの違いとは

TRDはトヨタ直系のワークスチーム「TRD」も「トムス」もトヨタのモータースポーツ活動の看板ともいえるブランドだが、両社には大きな違いがある。簡単にいえばTRDはトヨタ直系のワークスチームで、トムスはトヨタのオフィシャル...

続きを読む...

20 / 241«...10...192021...304050...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  10. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...