「ワゴン」の記事一覧 - 3ページ目

ホイール汚れの原因「頑固なブレーキダスト」の除去方法と予防策

鉄粉を放っておくのは危険行為 クルマ好きならば気になるのがホイールの汚れ。いくらボディをキレイにしてもホイールが汚いと全体のイメージは美しいと言えない。今回はキレイに保つ方法だけでなく、汚れの原因となる「ダスト」そのも…

続きを読む...

見通しの悪い交差点も安心!死角を映し出すトヨタ・ハイエース用エンブレムフロントカメラ

純正エンブレムと組み合わせて装着 自動車用電装系アイテムを多数リリースする「データシステム」から、トヨタ・ハイエース用『エンブレムフロントカメラキット』が登場した。純正エンブレムとカメラが一体化できるので、社外カメラに…

続きを読む...

アウトドアでも安心してスマホを使いたい! 対策アイテムと選び方

水没やダメージといった敵から守る スマートフォン(以下スマホ)が使えなくなると生活に支障をきたすという人は多い。ところがキャンプをはじめ、マリンスポーツ、スノーアクティビティといったアウトドアでは、雨、雪、水にさらされ…

続きを読む...

クルマの運動性能にも影響する? アルミホイール「鍛造と鋳造」の違いとは

コスト優先か、性能優先か アルミホイールには「鍛造」と「鋳造」という2つの製法がある。クルマ好きならばご存知かと思うけど、このふたつは具体的に何が違うんだろう。一般的には鍛造のほうが強度に優れるうえに軽量、つまり高性能と…

続きを読む...

クルマのカスタマイズは買取や下取りでプラス査定になるのか

有利になりやすいディーラーでの装着パーツ 一般論として、チューニングやドレスアップといったカスタマイズを施したクルマの買い取り査定というのは難しい。個人としては完璧と満足できる出来上がりであっても中古車として流通させる…

続きを読む...

似て非なる両車!チューニングカーとカスタムカーの違いとは

走行性能 or ルックスの向上だけなのか 走りを突き詰めたクルマは「チューニングカー」で、見た目を重視してイジったクルマは「カスタムカー」。なんとなくだけど、それぞれの言葉から感じるイメージは、多くのクルマ好きがこう認識...

続きを読む...

ドレスアップ派に嬉しいホイールキャンペーン「万が一、破損しても無償交換します!」

LEONISシリーズならば1本無償で交換してくれる アルミホイールメーカー「ウェッズ」は、軽自動車からミニバン&SUVまでをカバーするオリジナルホイールブランド「LEONIS(レオニス)」の日頃の感謝を込めて『LEONI...

続きを読む...

日産の次世代電動SUV「IMQ」はe-POWER搭載!ジュネーブ国際モーターショーで発表

100%電動システムを欧州市場に投入 ジュネーブ国際モーターショーで、日産は電動パワートレイン「e-POWER」を搭載したクロスオーバーコンセプト「IMQ」を世界初公開した。IMQの公開と合わせて、日産独自の技術である「...

続きを読む...

3 / 236«...234...102030...»

ウィークリーランキング

  1. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  4. 中身はR32型、外身はケンメリ。旧車生活の概念を覆す”スーパーGT-R”の勇姿

    クラッシックカーを身近に、快適に楽しむべく 一石を投じた「ロッキーオー...

  5. 46万kmスカイラインGT-R「特殊ヒューズ」で電通快適化【BNR32不定期連載8】

    高性能なヒューズに換装するだけで コンピュータの信号レスポンスがアップ...

  6. トヨタが新型ハイエースを発表!次期モデル300系として国内投入に期待!

    大幅に大型化したセミボンネットボディを採用  トヨタは、2月18日に、...

  7. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. ハイスペック故にリッター10km以下! 乗って楽しい「悪燃費な国産車」5選

    乗ると踏みたくなる名機の持ち主たち  ここのところハイブリッド車が一般...

  10. 懐かしく新しい! 「ダサかっこいい」復刻ホイールのススメ

    往年の名作が復活ラッシュ!! いまのクルマに履くべき"古き良き"5本 ...