「ワゴン>チューニング」の記事一覧

シートを外しただけでも構造申請が必要! 規制緩和されても意外に厳しい車検項目

似て非なるカスタムに必要な申請 過去に何度か行なわれた規制緩和により、合法カスタムの範囲はだいぶ広くなった。しかし、『構造変更』を必要とする内容は依然として多く、かつ『記載変更』という似て非なる制度も分かりにくい。両者…

続きを読む...

クルマの走りが変わる魔法の棒? ストラットタワーバーの持つ効果とは

車体のネジレを抑制し、ボディ剛性をアップ お手軽なチューニングパーツとして知られるストラットタワーバー。低コストでクルマのボディ剛性を高められ、かつ体感しやすいと言われるパーツの代表格だ。今昔も変わらず人気なのだが、そ…

続きを読む...

似て非なる両車!チューニングカーとカスタムカーの違いとは

走行性能 or ルックスの向上だけなのか 走りを突き詰めたクルマは「チューニングカー」で、見た目を重視してイジったクルマは「カスタムカー」。なんとなくだけど、それぞれの言葉から感じるイメージは、多くのクルマ好きがこう認識...

続きを読む...

新型ジムニー&ジムニー・シエラの走りの感を高める提案9つ

新車コンプリートカーラインアップ!! インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2019」には、数多くのカスタマイズ車両が展示されていた。なかでも最も勢いを感じさせる車種といえば、スズキ新型ジムニー&ジムニー シエラ...

続きを読む...

ボディ補強パーツは街乗りでもチューニング効果が発揮できる

路面からの衝撃を上手く吸収する ボトム周りを中心としたボディ補強は、クスコというブランドを展開する「キャロッセ」が得意とするチューニングメソッド。各車種のボディを分析し、走るステージやオーナーの好みに見合った補強パーツ…

続きを読む...

ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色 2月9日からインテックス大阪を会場に開催されている大阪オートメッセ2019。日産自動車のブースには、同社のイメージリーダーでもある電気自動車(EV)が中心に据えられている。 ...

続きを読む...

トラストの考えるクロカン系チューニングはアウトドアでも効果を発揮!!

ジムニー、プラド、パトロールヘ欲しい性能と機能性を提案! SUV系車種の人気上昇にともない、アフターパーツメーカーもパーツラインアップを展開するようになってきた。SUVというとトヨタ・ハリアーやホンダ・CR-Vのようなス...

続きを読む...

1 / 16123...10...»