「ワゴン>ホイール&タイヤ」の記事一覧

ホイールメーカー ウェッズが2019年イヤーモデルを発表、全6本を公開!

異なる世界観でさらなる進化を遂げた、3ブランドから放たれた新たなる意欲作12月10日、アフター向けのホイールメーカー「ウェッズ」は、2019年に発売する新作6本のイヤーモデルを発表。ウェッズでは、スノーシーズン向けのエン...

続きを読む...

トヨタ&レクサス純正ホイール用スペーサーは防犯性もプラス!

保安基準適合のワイドトレッドスペーサーは専用ロックナットでスタッドボルトの交換不要ASEA基準に適合した高品質なワイドトレッドスペーサーを展開する「KSPエンジニアリング」から、レクサス・トヨタ純正ホイール専用のスペーサ...

続きを読む...

ホイールの輝きを甦らせる「厳選クリーナー&コーティング剤・全8種類!

BBS認定のホイールクリーナーからドイツで人気のコーティングまで輸入車やスポーツブレーキパッドを装着したクルマは、ブレーキダストによるホイールが汚れやすいのが悩みどころ。その主な原因はブレーキパッドに加えてブレーキロータ...

続きを読む...

高級スポーツカーの乗り味を実現するスポーツタイヤ「ミシュラン・パイロットスポーツ4」

モータースポーツで培った設計・技術の応用で天候や路面に影響されない高バランスを実現「ミシュラン」の『パイロットスポーツ4』は、コンパウンドとケース剛性のマッチングを重視した設計により、良好な乗り心地とシチュエーションや天.…

続きを読む...

ガンコなブレーキダストを除去できる輸入車に最適なホイールクリーナー

バツグンの洗浄力でダストやタールを溶解目的別洗浄剤とコーティング剤を設定する輸入車や国産スポーツカーなど、高いブレーキ性能を持つクルマのホイールはダストで汚れやすい。そのダストの原因は、ブレーキパッドによって削られたロ…

続きを読む...

日本市場の95%が海外生産!アルミホイールの安全性は守られているのか?

ジャパンクオリティを維持するために開発・設計から製造工程まで徹底管理日本市場で1年間に販売されているアルミホイールは約1100万本。そのうちの約95%が海外製で、日本の工場で生産されているのはわずか5%にすぎない。確実に...

続きを読む...

Prodriveの誇る切削鍛造の高性能をデザインに注ぎ込んだハイエンドホイール

レースフィールドで得た実績を継承した革新のプレステージモデル走りに優れ、スポーツ指向のスタイルアップファンから厚く支持される「プロドライブ」は、鍛造削り出し製法による高品質なホイール造りが大きな魅力だ。この春デビューし…

続きを読む...

『ADVAN Racing』ホイールの真髄をキーパーソン萩原修氏にインタビュー

トレンドよりもアドバンレーシングらしく、ワンランク上を目指す姿勢も忘れない古くは1980年代の国産スポーツカーユーザーに始まり、今やヨーロッパの本格スポーツカーユーザーにまで支持される「横浜ゴム」の『アドバンレーシング』...

続きを読む...

1 / 33123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

    SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

  7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

  8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

    一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

  9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

    自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

  10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...