「福祉車両>セダン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

【クルマの相続】所有者が故人となった車両の使用や名義変更はどうすればいい?

相続時には名義変更をしておく必要あり 不動産や預貯金などと同じく「クルマ」も財産のひとつ。高級車ではない一般的なクルマであっても相続財産の扱いとなり、遺産分割協議の対象となります。所有者である持ち主が亡くなった時点で、…

続きを読む...

「自動運転のインフラ整備」実現に向けて民間業者が普及促進か

正確な自己位置特定のための支援 2月4日、改正道路法案(道路法等の一部を改正する法律案)が閣議決定された。自動運転の運行を補助する施設を道路附属物・占有物件として位置付ける内容などが含まれ、年内にこうした施設の道路空間へ.…

続きを読む...

「サポカー補助金」の申請受付スタート! 最大10万円支給となる”クルマ・人・装備”の条件とは

65歳以上が運転するクルマが対象へ いよいよ国による「安全運転サポート車(サポカー)補助金」がスタートしました。名のとおり、サポカーを買った人、またはサポカーになるように改造した人を対象とした補助金です。新車と中古車につ.…

続きを読む...

モラルが問われる「障がい者用駐車スペースの使い方」 車いす利用者以外に使える人の基準とは

障害者手帳がなくても停められるものの… 高速道路のサービスエリアやパーキングエリア、ファミリーレストランやショッピングモールなどなど、車いすマークが描かれた駐車スペースはさまざまな場所に存在します。では、車いすマークの駐…

続きを読む...

「ドライバーが運転中に意識不明なったらどうすべき?」 助手席からクルマを止める3つの対処法

エンジン・駆動・ブレーキを使った減速法 ドライバーが急に意識を失って暴走するという事故は滅多に起きるものではないが、高齢ドライバーが増えてきている昨今は、そうした心配をしているパッセンジャーも多いのではないだろうか。高…

続きを読む...

どこでも駐車OKは間違い! 障がい者の「駐車禁止除外指定車」でも違反になるケース

悪用厳禁! 交付の対象はクルマから人へ 駐車禁止の場所でも駐車が可能になる 「駐車禁止除外指定車」の標章(ステッカー)は、身体障害者手帳、愛の手帳(療育手帳)、戦傷病者手帳、精神障害者保険福祉手帳の交付を受けている人で一.…

続きを読む...

高齢者ドライバーの事故防止に役立つ「後付け可能な運転サポート装置」

社外メーカーからも用意される運転サポート装置 高齢者ドライバーによる事故が増加する背景もあり、自分の親がちょっと古いクルマに乗っていて心配だという人も多いことでしょう。新しいクルマはさまざまな安全装置が付いていて安全性…

続きを読む...

高齢者ドライバーの安全対策! 70歳以上の「免許更新時」に必須の高齢者講習

免許更新の手続きが年齢で違うので要注意 最初に大切なことを書きます。それは、70歳以上の方は「講習を予約して、受講してからでないと免許の更新ができません」というもの。運転免許の更新は、現在使っている免許証と届いた更新連絡.…

続きを読む...

1 / 3123