「メーカーワークス>インポート」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

VWポロが安全装備を充実化!車線を逸脱すると警告と自動補正でドライバーをサポート

オプションのセーフティパッケージに追加 フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は3月24日、BセグメントのハッチバックであるPolo(ポロ)の仕様を一部変更。オプションで用意されるセーフティパッケージにレーンキー...

続きを読む...

1970〜1990年代で見るメルセデス・ベンツの疑問「なぜシートは硬くてハンドルが大きい?」

クルマ造りの本質がわかるエンジニア達の語録 これから紹介する内容は、筆者が1970年初頭から1980年代にメルセデス・ベンツのオーソリティから教わった内容で、エンジニアから聞かされてきた、いわばメルセデス・ベンツのエンジ...

続きを読む...

悪路の怪物マシン! 「RUF」がポルシェのオフロードモデル「Rodeo Concept」を提案

NAエンジンの最上級「RUF SCR」も公開 ポルシェをベースにオリジナリティあふれるコンプリートカーを提供し続ける「ルーフ」。初のオーフロードカーとなる『Rodeo Concept』と、自然吸気エンジンのフラッグシップ...

続きを読む...

電子制御からEVシステムまで、20年で劇的進化を遂げたクルマの技術とは

特別なクルマや技術がイッ気に普及 2000年前後で加速的に進化したクルマの技術は多々ある。なかでも、今から23年前の1997年にトヨタが発表した初代プリウスは画期的だった。いまとなってはハイブリッドカーは一般的なクルマと...

続きを読む...

アルファロメオに”GTA”モデル復活! 540馬力を誇る特別なジュリアを500台限定販売

輸入セダンのなかでは傑出したパフォーマンス アルファロメオは、創立110年を迎えたのを機に、同社のルーツに立ち返るべくモータースポーツ史のレジェンドモデルである「ジュリアGTA」および「ジュリアGTAm」を復活させた。3...

続きを読む...

未知なるクルマ「ロシア車」という選択! 古くて愛らしいルックスが放つ人気の秘密に迫ってみた

変わらずとも愛され続けるクルマとは 技術革新によるものなのか、デザインが進化した結果なのか、今では多くのクルマが攻撃的なルックスを持つようになってしまいました。しかし、それを逆手にとって、例えばヘッドライトをまろやかな…

続きを読む...

1 / 16123...10...»