クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • GT-Rマガジン編集部
  • GT-Rマガジン編集部
著者一覧 >

124日間の珍道中! R32GT-Rで「車中泊」しながら「下道」で日本一周した夫婦

今、アウトドアブームもあり車中泊が注目されている。しかしそれはミニバンだったりキャンピングカーだったりと室内が広いクルマが多い。しかし、2ドアのR32GT-Rで車中泊&下道で日本一周を実現した夫婦がいるのだ。クルマに対してどのような工夫をしたのか、どんな旅の思い出があるのか? ふたりの珍道中に迫る

「R32GT-Rの皮を被ったR35」生みの親! 破天荒すぎる「伝説のチューナー」が語る「R」の魅力とその半生

R32/R33/R34という第2世代だけではなく最新R35まで、歴代GT-Rを愛車として乗り続けてきた「トップシークレット」の永田和彦代表。RB26DETTやVR38DETTの弱点を見つけ、対応策を考える。愛車として乗るからわかるチューニングのノウハウや付き合い方について、クルマ好きの視点から語ってもらった

走り去る「丸テール」「直6サウンド」に一目惚れ! 「ワンオーナーのR32」を手に入れたアメリカ人が語る「GT-R」 愛

世界中を旅して各国のGT-Rを撮影し続けてきたドイツ人写真家アレキサンダー・キューレテム氏。今回はアメリカ・サンフランシスコで出会ったシルバーのR32スカイラインGT-Rとそのオーナー。日本ではワンオーナーカーとして大切にされていた1台が海を渡ってどのように暮らしているか、じっくり紹介していこう

10年前の奇跡的な出会い! ドイツ人マニアが「ポルシェ」より「R32GT-R」に取り憑かれた理由とは

GT-Rは愛する気持ちは世界共通。たとえ日本を飛び出したとしても幸せに過ごすスカイラインGT-Rは多いのだ。ポルシェやBMWなど速いモデルは多数あるドイツで、ひとりの青年に10年以上大切にされているR32GT-R。投資目的ではなく、ただGT-Rが好きなために手に入れたという1台について迫ってみたい

ドバイの「GT-R」マニアがR34を左ハンドル化! 情熱が凄すぎる

自らもGT-Rオーナーであるドイツ人写真家が世界を旅して出会ったRオーナーを撮影。アラブ首長国連邦(UAE)には砂と暑さに負けず、R32やR34、ケンメリ、そしてハコスカと毎日を楽しむユーザーがいた!

GT-R好きが高じて日本語習得! オーストラリア人を「虜」にしたR34の魔力

海外への正規輸出がほとんどない第2世代GT-R。しかし世界中にそのファンは多く、日本のオーナーに負けず劣らずスカイラインGT-Rを愛するマニアが多数存在する。オーストラリアにはGT-Rのおかげで日本語をマスターした強者も存在するのだ

自分の作ったプラモデルが実車に! 16歳の夢を叶えた、ボディキットメーカーの新たな試み

“俺のリバティーウォーク”を大阪でアンベール  大阪で開催されたカスタムマイズカーの祭典「大阪オートメッセ2020」。開催期間2日目となる2月15日(土)の正午、「リバティーウォーク」のブースで飾られた1台の車両がベール […]

日産スカイライン400R用パーツを早くも開発&投入! フェニックスパワーが施した味付けとは【大阪オートメッセ2020】

4ドア、広い車内、速いセダンと言う、普通にありそうで、じつはなかったクルマとして今、400Rに注目が集まっている。400Rと言うネーミングを受けたこのセダンは無視できない存在だ。当然、チューナーたちからも素性の良い一台として、注目を集めているのだ。
share:

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS