「エンジン系パーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

昭和を代表する自動車チューニングの神器「ソレ・タコ・デュアル」とは

日産旧車チューンの定番 旧車の世界では今でもチューニング用語として「ソレ・タコ・デュアル」という言葉が使われるし、その昔に憧れていた人もいるのではないだろうか。逆に知らないとなにやら”おまじない”...

続きを読む...

旧車初挑戦にして究極カスタム! 父譲りの熱狂的なフェアレディZ乗りを発見

フロア底上げで得た、型破りな極低フォルム クルマの横で膝をつくと、フェンダーミラーのトップ部が、ちょうど肩の位置あたり。カスタムフリークが集うイベント(Ollds Meet 2019)の会場でも、その姿は周りに埋もれてし...

続きを読む...

エンジンオイルのマメ知識4つ! 正しい種類や粘度の選び方、交換サイクルを知る

正しく選んでエンジンを守ろう ハイブリッドカーであろうと、スポーツカーだろうと、はたまた軽自動車でも内燃機関を積んでいるクルマにおいてエンジンオイルの交換というのはメンテナンスの基本。いまどきは12か月点検ごと(つまり年.…

続きを読む...

旧い日産GT-Rを甦らせる! NISMOチューンドカーを試乗

サーキット走行も楽しめる快適なCRS 日産直系のスポーツブランド「NISMO(ニスモ)」は、R34型スカイラインGT-Rの生産終了後にリフレッシュと、ストリートからサーキット走行までを楽しめるエンジンを始めとするチューニ...

続きを読む...

エンジンを傷付ける可能性も? クルマの「フラッシングオイル」効果とリスク

効果は高いが場合によって弊害もある カー用品店に行くとエンジンオイルの売り場に置いてあるのが「フラッシングオイル」というもの。エンジン内部を洗浄して汚れを取り除くオイルなのだが、燃費やパワーが上がるメリットを謳われるの…

続きを読む...

絶対パワーの追求は終焉?! 日産GT-Rのチューニングは扱いやすさがトレンド

ショップ連合体RH9が語る35型チューンの最新事情 日産が世界に誇る国産スポーツカーGT-R。そのレースでの高い戦績などもあり、歴代モデルのオーナーはエンジンのパワーアップなど、“速さ”を追求するカスタマイズを求める傾向...

続きを読む...

古いクルマこそ価値あり! エンジン制御用コンピュータのリフレッシュ内容と効果について

これまで以上に安心感を得られる エンジン制御用のコンピュータ=ECU(Electronic Control Unit)の劣化が原因のエンジントラブルの事例と対処法(リフレッシュ・修理サービス)を紹介した前回の企画が好評だ...

続きを読む...

1 / 12123...10...»