クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)


  • カロッツェリア新型「楽ナビ」はトヨタ「ハイエース」の頼もしい味方!「大阪オートメッセ2023」でいち早く体験できます〈PR〉

  • 【特別インタビュー】中嶋敬一郎氏に聞く、安全なホイールを届ける「JAWA」の役割と技術基準とは

  • SDGsに関心ある人を中心に、いまネットで注目されている「アドパワー」を実際に編集部で試してみました〈PR〉

  • 【採用情報】交通タイムス社では「WEB・雑誌編集職」「広告営業職」を募集しています!

  • ローダウンしてもしなやかな乗り心地! BMW専門に開発している「3Dデザイン」の半端ない車種別セッティング〈PR〉

  • 新作「ウェッズ」は最新技術と高品質、優れたデザインを手軽に楽しめる2本! 「レオニス」と「ノヴァリス」の魅力とベストマッチの車種をお教えします〈PR〉

LATEST

HIGHLIGHT

ハイエース装着イメージ

カロッツェリア新型「楽ナビ」はトヨタ「ハイエース」の頼もしい味方!「大阪オートメッセ2023」でいち早く体験できます〈PR〉

カロッツェリアの人気カーナビゲーション「楽ナビ」がフルモデルチェンジ。トピックスはオンライン化で、より快適に目的地検索が行えるようになりました。新型楽ナビは、アクティブ派にも人気のトヨタ ハイエースにもオススメです。
フル点灯

トヨタ「ハイエース」に「左右に広がるハイマウントストップランプ」はいかが? 「ダズフェローズ」のお手軽最新アイテムに注目!〈PR〉

ビジネスシーンのみならず、アウトドアやアクティビティを楽しむユーザーからも人気なのがトヨタ ハイエースだ。個性的なリアビューに仕立てられるLEDテールランプが人気の「ダズフェローズ」から、統一感を高められるLEDハイマウントストップランプが発売中です。

【特別インタビュー】中嶋敬一郎氏に聞く、安全なホイールを届ける「JAWA」の役割と技術基準とは

クルマのパーツの中でも重要な部品のひとつであるアルミホイールですが、その安全性はどのようにして担保されているのでしょうか。NAPACの副会長も兼務するJAWA事業部長である株式会社共豊コーポレーション代表取締役 中嶋敬一郎氏にお話を伺いました。
3モデルのイメージ

新作「ウェッズ」は最新技術と高品質、優れたデザインを手軽に楽しめる2本! 「レオニス」と「ノヴァリス」の魅力とベストマッチの車種をお教えします〈PR〉

多彩なラインアップでカスタムユーザーを魅了しているのが、ホイールメーカーの「ウェッズ」。同社の人気シリーズ「レオニス」と「ノヴァリス」に、新作アイテムが登場しました。それぞれの魅力を紹介しましょう。

CAR

64万6800円! 「大阪オートメッセ」に身近なEVを見に行こう! 「オフロードEVミニカー」と「折りたたみ電動バイク」は必見です【OAM 2023】

関西最大級のビッグな自動車イベント「大阪オートメッセ」は2023年も2月10日(金)~12日(日)の3日間にわたって開催されます。今回の新たな見どころとして、EVゾーンも要チェックです。「ブレイズ」の小さなEVモビリティを予習しておきましょう。

【電動化の前に買うべき1台】ポルシェ「718ケイマンGT4 RS」の軽快感とダイレクト感はレーシングカーそのものでした

718ケイマンGT4 RSは、718ケイマンシリーズでもっともハイパフォーマンスなサーキット仕様です。レーシングカー由来のエンジンを搭載、徹底した軽量化と空力の最適化が図られた只者でないスタイルのRSと、街中とワインディングで一日を過ごしてみました。

【1充電576km走行可能】599万円からのアウディの電気自動車「Q4 e-tron」の運転が楽しいヒミツとは?

アウディQ4e-tronは、スタートプライスを599万円〜に設定したコンパクトSUVスタイルの電気自動車です。BEV専用プラットフォームを採用し、航続距離や室内スペースなど高い実用性を得ています。今回は同車の試乗レポートをお伝えします。

CUSTOM

20番目のBMWアート・カーを大胆予想! ル・マンを闘うレース車両になる!?BMWの「アート・カー」の歴史を振り返ろう【Vol.02】

BMWでは1975年から不定期的にアート・カー・プロジェクトを展開し、現時点で19点の素晴らしい「作品」が公開されています。今回はその19台のうち、11台目から現在のところ最新の19台目までをご紹介。はたして20台目はどうなるのでしょうか。
車高調整のイメージ

アンダーステアの解消は「フロント下がり」と「リア下がり」のいずれが正解? 車高セッティングの基本とは

チューニングパーツとしてだけではなく、最近ではドレスアップのためのカスタマイズアイテムとしても人気の車高調整式サスペンション。サーキットなどモータースポーツのために装着している人は、車高で愛車の特性も変わります。セッティングの方法をあらためて解説します。
のむけんの4ドアスカイライン

「マークII」3兄弟や日産「スカイライン」がいまでも大人気! なぜセダンがドリフト車として脚光をあびるのか?

今や世界でも人気となっているモータースポーツが「ドリフト」です。後輪駆動のクルマをベースにしていますが、レースとは違って4ドアセダンもベース車として人気があります。なぜ人気なのでしょうか? その理由について迫ります。

CLASSIC

神奈川県警「ポルシェ912」パトカーのオーナーは元警官! 20年がかりのDIYレストアで蘇りました

「日本旧軽車会」が主催する「ニューイヤークラシックカーミーティングinキヤッセ羽生」が2023年1月8日に開催。参加資格は170台エントリーしたなかから、とくに目立っていたパトカー仕様のポルシェ912のオーナーに話を聞いてみました。

「スカイラインGT-R」の連勝を阻止! マツダ「サバンナ」が人気だった理由はロータリーエンジンと価格の安さにありました

マツダが開発をしたロータリーエンジン搭載車両の第5弾として1971年に登場したのがサバンナです。軽量なボディにハイパワー、価格も安価だったこともあり人気車種でした。モータースポーツでは日産スカイラインGT-Rの連勝記録を止めたことも有名ですが、市販モデルはどのようなラインアップだったのでしょうか。

ベルトーネのワンオフBMWがあった! 10万キロも走ったコンセプトカー「2800スピカップ」は4700万円で落札

モーターショーの華といえば何といっても、ワンオフのデザインをまとったスペシャルなモデルです。1969年のジュネーブショーでベルトーネがデビューさせたBMW 2800スピカップは斬新なボディスタイルで好評を博しました。その後、レストアされるまでのストーリーを紹介します。

OUTDOOR

ホンダ新型「ステップワゴン」にポップアップルーフを装着! 大人4名就寝可能な便利「キャンピングカー」を紹介

2022年にフルモデルチェンジしたホンダ「ステップワゴン」ですが、早くもホワイトハウスが、ポップアップルーフを装備し、アウトドアレジャーを含めて幅広く活用できるモデルをリリースしました。気になるのは大人が何名就寝可能か? 初お披露目の会場からレポートします。

「バンコン/バスコン/キャブコン」あなたは違いがわかる? キャンピングカーの種類とメリット・デメリットをプロが解説します

ひと口にキャンピングカーと言ってもさまざまな種類が存在します。例えば、バンコン、バスコン、キャブコン、軽キャン、トラキャンなどがあります。今回は、プロのキャンピングカー乗りに代表的な種類をあらためて解説をしてもらいました。

キャンピングカーでの自炊メシは意外とヘルシー!? 鬱蒼と寂れたキャンプ場の雰囲気も最高でした──米国放浪バンライフ:Vol.19

オレゴン州ユージーンの街でボブ・ディランのライブを満喫したあとは、ふたたびトヨタ「ハイラックス」のキャンパー「ドルフィン」でアウトドアフィールドへ向かいます。今回は、ひとり旅の間の食事事情も一緒にご紹介しましょう。

LIFE

真っ赤なマセラティからつながる、イタリアのおいしいもの。パルミジャーノ・レッジャーノにランブルスコ!【はじまりはクルマ】

1台のクルマからはじまるストーリー。ボローニャの朝の散歩途中で出会った真っ赤なマセラティから、取材対象はホームスピーカーからパルミジャーノ・レッジャーノやランブルスコと言ったイタリアの美味しいものへ。徒然なる取材旅行の思い出を綴ります。

2月は大雪に注意! 突然の積雪でスタックした際の脱出法とは? 車に積んでおきたい道具も紹介します

非降雪地の人だけでなく、雪国でも怖いと思う人が多いのが、予期せぬ積雪によってタイヤが空転し、クルマが動けなくなってしまう「スタック」です。本格的にひどいときは無理せず救援を呼ぶとして、「あと少しで脱出」できそうなときに役立つノウハウをお教えします。
OttO mobileのGRヤリス

トヨタ「GRヤリス」が1/18スケールで登場! OttO mobile製ミニカーの再現度の高さとは?

フランスのモデルカーブランド「OttO mobile」。その最新モデルとして発売されたのが、1/18スケールトヨタ「GRヤリス」です。世界限定3000個の希少モデルは、細部のディテールまでこだわったモデルとなっています。

SPORT

101回目の「パイクスピーク」は「ラドフォード」や「インテグラ」など注目車両が多数! 優勝経験者の争いも見逃せない!

1916年の初開催以来、2022年に記念すべき100回記念大会を開催したパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの2世紀目がスタートします。同レースは、アメリカ・コロラド州にあるパイクスピークを舞台に、いかに速く駆けあがるかを競うヒルクライムレースです。

2023年はレースでも「EV」に注目! 「全日本電気自動車グランプリ」の日程が決定しました

電気自動車の注目が集まっている昨今ですが、モータースポーツにも目が離せません。国内唯一の電気自動車専門のレースシリーズである全日本電気自動車グランプリ(JEVRAシリーズ)の2023年シーズンのスケジュールが発表されました。詳細をお知らせします。
ドリフトしてみた

Z世代の若者が話題の「PVCドリフト」に挑戦! 軽自動車だとなめていたらスピンの嵐で「大変勉強になりました」

後輪にPVC管を装着し、テールスライドしやすくする「PVCドリフト」。軽自動車でも豪快なドリフト走行が楽しめるとあって、今注目を集めています。今回はモータースポーツ経験者が、PVCドリフトに挑戦してみました。

ranking

MEDIA CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS