クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • 1000馬力オーバーのランボルギーニを富士スピードウェイで全開!「レヴエルト」は飼いならされた猛牛なのか? それとも…

  • ポルシェ「911 ダカール」で1000キロ長距離テスト!車高が上がっただけで「理想のデイリー911」を実現…おすすめはロールケージレスです

  • 親子で夢の日産「スカイライン」をゲット! でもなぜ父が「鉄仮面RSターボ」で息子が「ハコスカ2000GT」を選んだのか?

  • 「零戦」にカリフォルニアで会える! 世界唯一「栄エンジン」搭載の動態保存された機体は一度は見るべし!【ルート66旅_60】

  • カスタムカー400台以上!「バンコクオートサロン」に潜入…日本車主役の会場に中国と韓国ブランドが進出中、タイのカスタムシーンに微妙な変化!?

 

 

 

 

 

 

1000馬力オーバーのランボルギーニを富士スピードウェイで全開!「レヴエルト」は飼いならされた猛牛なのか? それとも…

ランボルギーニのフラッグシップは、HPEV(ハイパフォーマンスEV)になって大きな転換を迎えました。自然吸気のV12だけでなく、あらたにモーターまで加わることになって、どれほど走りに変化が出たのでしょうか。スーパーカー大王の山崎元裕氏が富士スピードウェイでレヴエルトを試してみました。

FM802の人気DJ「板東さえか」さんが最新「オープンカントリー」を試す!「#オプカン女子」がTOYOTIRE本社を訪れました〈PR〉

関西エリアに在住している人なら、一度は車中でFM802を聴いたことがあるはず。このFM802で毎週金曜日の夕方にオンエアされている「Poppin’FLAG!!!」のDJを務める板東さえかさんが、兵庫県伊丹市にあるTOYOTIREの本社を訪れ、最新のオープンカントリーを実際に乗り比べることに。どうして板東さんがオフロード車定番のタイヤを試すことに……?

本日開店! コーンズ大阪がフェラーリの新車だけでなく認定中古車のショールームを心斎橋に! なぜ御堂筋にラグジュアリーブランドが集まる!?【編集長コラム】

2015年、本物のフェラーリのF1が公道を走るというイベントが開催されたのを、AMW読者のなら記憶している方も多いのではないでしょうか。その公道こそが大阪の御堂筋であり、その伝説的なイベントとして記憶される御堂筋に、フェラーリ大阪がプレオウンドショールームをオープン。さっそくオープニングセレモニーにAMW編集長の西山が訪れてみました。

「零戦」にカリフォルニアで会える! 世界唯一「栄エンジン」搭載の動態保存された機体は一度は見るべし!【ルート66旅_60】

広大なアメリカを東西2347マイル(3755km)にわたって結ぶ旧国道「ルート66」のバーチャル・トリップへご案内。シカゴから西に向かい、ついにカリフォルニア州に突入。今回は、日本人におなじみ「零戦」をはじめ貴重な航空機の数々を見られる航空博物館「プレーンズ・オブ・フェイム」の本館を紹介します。

「45秒342」でマクラーレン「ソーラスGT」がグッドウッド最速! 1万回転まわるV10エンジン搭載で「F1に近い感覚」とミカ・ハッキネンも太鼓判!

2024年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、元F1世界チャンピオンのミカ・ハッキネンがシングルシーターのマクラーレン「ソーラスGT」のステアリングを握り、有名なヒルクライムで劇的な走りを披露しました。ミカ・ハッキネンが再びF1を象徴するV10エンジンのソーラスGTをドライブしたことで、マクラーレンに新たな歴史が刻まれました。

なんちゃってセレブがアルファ ロメオ新型「ジュニア」に乗った! in ミラノ「まだ日本人は3人しか運転してないのよ〜」

カーライフエッセイスト吉田由美の「なんちゃってセレブなカーライフR」。今回は、イタリア・ミラノで行われたアルファ ロメオ史上初の電動専用モデル(BEVおよびマイルドハイブリッド)の「ジュニア」の国際試乗会のレポートをお届けします。2泊4日の弾丸ツアーの飛行機の様子からお届けします。

ベントレー史上最強のワインディングマシン!? 新型「コンチネンタルGTスピード」はリア寄りの重量配分に…街乗りでも体感できるはず

4代目となるベントレー新型「コンチネンタルGTスピード」と「コンチネンタルGTCスピード」が2024年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの会場でデビューしました。今回、実車が初公開されたコンチネンタルGTスピードについて、あらためてまとめて紹介します。

人生初の愛車トヨタ「GR86」はサーキットのために…「AE86」乗りだった父と一緒にメンテナンス。段階的にチューニングを進めてます

2輪も4輪も大好きという両親のもとで育った斉藤さんが、初の愛車として選んだのは駆動方式がFRのトヨタGR86でした。サスペンションやブレーキなどチューニングされていますが、走りのポテンシャルを上げるためのもの。今後の課題は冷却系パーツだといいます。

日本導入希望! トヨタ「ハイラックス チャンプ」やホンダ「シティRS」のカスタムがカッコよすぎ!「バンコクオートサロン」現地レポート

2024年6月末に開催された「バンコクオートサロン2024」には400台以上のカスタムカーが集まりました。東京オートサロンと同様に、ショップなどのブースに加えて4つの自動車メーカーブースが出展していましたが、その全てが日本メーカーでした。各社とも、日本とはひと味異なるアピールポイントが印象的だった現場からレポートします。

驚きの620馬力! マツダ「FC3S RX-7」を4ローター化…懐かしいノーマルルックチューンドカーのエンジンの秘密とは

懐かしい姿で仕上げられたFC3S前期型のマツダ「RX-7」。1990年代初頭のチューニングスタイルのまま新たなマシンとして製作したのは、埼玉県所沢市のチューニングショップ「アニバーサリー」です。古くからロータリー専門ショップとして活躍し、これまでにさまざまな独自仕様を手がけてきた有名店だけに、このFC3Sは見た目こそノーマルっぽいものの、中身はとんでもなく凄かったのです。

カワイイ昭和のバブルカーが1000万円弱!! BMW「イセッタ」に施したMカラーは「チーム・ブレヒト」のマスコットカーのイメージでした

2024年5月31日〜6月1日にRMサザビーズがカナダ・トロントで開催したオークションにBMW「イセッタ」が出品されました。同車は、BMWとISOのライセンスを受けて製造した英国市場仕様車であることが確認されています。英国製イセッタは、税制上有利な3輪モデルが多勢を占めていたはずですが、この個体は希少な英国製4輪イセッタでした。

昭和懐かしカーアイテム! 知っている人はオジサン確定…当時のドレスアップ記事担当者が厳選したグッズを実話を交えて紹介します

平成から令和になって、クルマの小物グッズ、アクセサリー、装備も様変わりしています。最近のクルマは装備が充実し、キレイでさっぱりとした車内環境が望まれ、喫煙者も大幅に減ったことから、小物グッズ、アクセサリー、装備に対する考え方が、自動車メーカー、ユーザーの双方で大きく変化しています。かつて存在した懐かしいアイテムを紹介します。

アストンマーティンが高騰中! かつての6倍近い約5900万円で落札…ナカミチのオーディオをインストールしたメーカー公認「X-Pack仕様」でした

2024年5月31日〜6月1日にRMサザビーズがカナダ・トロントで開催したオークションにおいてアストンマーティン「V8 ヴァンテージ」が出品されました。販売時に添付されるファクトリー・オーダーフォームにも記されていましたが、ルクセンブルクの著名なアストンマーティン愛好家であり、自称「忠実なアストンマニア」であるユベール・ファブリ氏の好みに合わせてオーダーメイドされたものとのことです。

パラリンピックのメダリストも参加するハンドドライブ講習会とは?「夏のトレーニングにも有効かも」高速での空間認知能力を鍛えるのにバッチリです

2024年7月10日(水)に千葉県・袖ヶ浦フォレストレースウェイで、一般社団法人国際スポーツアビリティ協会が主催する「HDRS(ハンド・ドライブ・レーシング・スクール)」が開催されました。今回のHDRSも、2023年11月の開催時同様にトヨタが開発中のシート「キネティックシート」を装着した「GRヤリス」を使って、実際にサーキットで障がいを持つ参加者が体験をする機会も設けられました。

ドリキンや影山正彦さんが名勝負を振り返る!「J SPORTS」で「SUPER GT 30周年特別番組」が3夜連続で放送…初回は7月24日です

スポーツ専門テレビ局「J SPORTS」は、2024年で30周年を迎えるSUPER GTの特別番組を7月24日(水)~26日(金)の3夜連続で放送・配信します。前身となる全日本GT選手権(JGTC)から3つの名レースをピックアップして、豪華ゲストとともに振り返る必見の内容とは?

スズキ「ジムニーシエラ」をピックアップにしてラリーに参戦! 車両製作は中央自動車大学校の学生たち…ドライバーは女性ペアでチャレンジします

アジアクロスカントリーラリー(2024年8月11日~17日開催。通称AXCR)に日本から参戦する各チームは現地に向けて車両などを送り出すタイミングとなっています。長年AXCR参戦車両の製作および整備にかかわってきている中央自動車大学校では、今季初挑戦をするスズキ「ジムニーシエラ」の仕上げと発送準備の最終段階に入っていました。

世田谷にクルマ好きの溜まり場「SIT ON TOKYO」がオープン! 友達探しからはじまった「tokyo basic car club」とは

ヤングタイマー車の個人売買仲介サービスやカーライフを発信するメディア運営、YouTube動画などでも話題の「tokyo basic car club」が世田谷にクルマ好きが集まる飲食店「SIT ON TOKYO」を2024年3月1日にオープンしました。そこで、今注目のSIT ON TOKYOで初開催されたイベントへ潜入してきました。

6万2980円の「大人レゴ」登場! 3893ピースの「マクラーレンP1」のV8エンジンやサスペンションは組み立てに没入できる作り込みで後悔させません!

マクラーレンとLEGOブロック(レゴ)とのコラボにより、1/8スケールで再現した「レゴ テクニック マクラーレン P1」が発表されました。今回は3893ピースの本格的なセットとなり、2024年8月1日より発売が開始されます。価格は6万2980円(消費税込)となります。

なぜラグジュアリーブランドはボートをつくりたがる? マセラティがオール電動パワーボード「トリデンテ」を発表した狙いとは

マセラティは、ヴィータ・パワー社と提携し、マセラティの電動化戦略を水上で展開するラグジュアリーなオール電動パワーボート「TRIDENTE(トリデンテ)」を発表しました。デイクルージング用の小型ボートながら、600hpのパワーを発揮するモーターが搭載されています。このマセラティらしい美しくパワフルなボートの概要を解説します。

昭和レトロなツートーンのトヨタ「タウンエース」のレトロポップな可愛らしい車内は要チェック! 普段使いができるキャンパーはいかが?

トヨタ「タウンエース」は、キャンピングカーを購入するエントリーモデルとして人気です。そのため、各ビルダーはタウンエースベースのキャンピングカーの開発に力を入れ、市場にはさまざまなタイプが存在します。そんななか、愛知県瀬戸市の「レクビィ」が普段使いと兼用しやすいコンパクトで快適な遊びが楽しめる、ミドルキャンパー「コット」を完成させました。

豪華装備のダイハツ「アトレー」は街乗りもアウトドアも両立! ケイワークスならではのハイエンドマルチ軽キャンパーとは

キャンピングカーは普段使いの乗用車との2台所有が前提というのが以前の常識でしたが、近年、その考えは大きく変わり、日常使いを想定し、子どもの送り迎えやお買い物で便利に活躍する使いやすさに加え、アウトドア時にはキャンピングカーとして活躍するモデルが続々登場しています。そんな中で、今、最も注目を集めている市場が軽キャンパーです。

トヨタ「タウンエース」がアメリカン・クラシカルなコンパクトキャンパーに大変身! けん引免許不要トレーラーも魅力の「レジストロ」シリーズとは

実用的で使い勝手が良いものがもてはやされるキャンピングカーに「おしゃれ」や「かわいい」という概念を取り入れ、業界に広めたのは、MYSミスティックの「レジストロ」シリーズです。オーナーの使用環境や用途に応じたタイプや、若者や女性にもウケる「映え系」キャンパーとして、バリエーションを増やし展開しています。

BYDが東京工科自動車大学校で初の「EV特別講座」を開催。未来のメカニックたちに伝えたいことと狙いとは

BYDオートジャパンが、未来の整備士たちを輩出している東京工科自動車大学校で、初の「EV特別講座」を開催。次世代のメカニックとして習得しておくべき、EVの基本構造から仕組み、さらには実車を確認しながらEVならではの故障診断の模擬、そして最終的にはサービス業務の在り方まで、広く学生たちに講義を行いました。

メーターとヘッドアップディスプレイが1つになった!?「スカイライン・イマーシブ・ディスプレイ」の利点と今後の課題とは

2024年5月22日〜24日に開催された「人とくるまのテクノロジー展2024 YOKOHAMA」から、目利きのベテラン自動車評論家の中村孝仁さんが注目した最新技術を紹介。今回はフォルヴィア(FORVIA)グループが公表した「スカイライン・イマーシブ・ディスプレイ」を解説します。

プロ鑑定人の目も誤魔化せる!? ステッチ入り本革仕様かと思ったらプラスチックでした。森六グループの最新加飾技術に注目です

2024年5月22日〜24日にパシフィコ横浜で「人とくるまのテクノロジー展2024 YOKOHAMA」が開催され、国内外自動車メーカーやサプライヤー、開発支援ツールなどのメーカー、自動車関連スタートアップ企業など90社(1378小間)が出展しました。そんな中から、目利きのベテラン自動車評論家の中村孝仁さんが注目したブースとは?

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS

RECOMMEND

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS