クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)


  • 【特別インタビュー】中嶋敬一郎氏に聞く、安全なホイールを届ける「JAWA」の役割と技術基準とは

  • SDGsに関心ある人を中心に、いまネットで注目されている「アドパワー」を実際に編集部で試してみました〈PR〉

  • 【採用情報】交通タイムス社では「WEB・雑誌編集職」「広告営業職」を募集しています!

  • ローダウンしてもしなやかな乗り心地! BMW専門に開発している「3Dデザイン」の半端ない車種別セッティング〈PR〉

  • 最強のスタッドレスはブリヂストン「ブリザックVRX3」だった! トヨタ新型「クラウン」や「ヤリスクロス」などでプロが走り込んで実感

  • 話題の日産新型「フェアレディZ」にベストマッチ! ウェッズ「マーベリック」最新作はスポーティもエレガントもいけます〈PR〉

LATEST

HIGHLIGHT

【特別インタビュー】中嶋敬一郎氏に聞く、安全なホイールを届ける「JAWA」の役割と技術基準とは

クルマのパーツの中でも重要な部品のひとつであるアルミホイールですが、その安全性はどのようにして担保されているのでしょうか。NAPACの副会長も兼務するJAWA事業部長である株式会社共豊コーポレーション代表取締役 中嶋敬一郎氏にお話を伺いました。
3モデルのイメージ

新作「ウェッズ」は最新技術と高品質、優れたデザインを手軽に楽しめる2本! 「レオニス」と「ノヴァリス」の魅力とベストマッチの車種をお教えします〈PR〉

多彩なラインアップでカスタムユーザーを魅了しているのが、ホイールメーカーの「ウェッズ」。同社の人気シリーズ「レオニス」と「ノヴァリス」に、新作アイテムが登場しました。それぞれの魅力を紹介しましょう。

【採用情報】交通タイムス社では「WEB・雑誌編集職」「広告営業職」を募集しています!

AMWでは、一緒にWEB・雑誌・イベントでカーカルチャーを発信してくれる人を募集します。いま、成長中のメディア編集部でモノづくりしてみませんか?

8色に光るフロアマットで車内を「クラブ」化! 愛工房の「イルミネーションマット」が足もとから演出します〈PR〉

埼玉県八潮市に工場を構える愛工房は、これまでも「貼りモノ」ドレスアップやシフトノブやサイドステップカバーといった「実用的カスタム」パーツをラインナップしてきています。そんな同社から、今回は新製品「イルミネーションマット」がリリースされました。詳細をお届けしていきましょう。

CAR

アバルト女子「ピタッと合うと快感です」とご満悦。「124スパイダー」で「ヒール・アンド・トゥ」を決めるためのカスタムとは

A PIT オートバックス東雲では月1回のペースで「アバルトナイトミーティング」を開催しています。2022年12月のミーティングにアバルト124スパイダーで参加した「なーな」さんに愛車とのストーリーを聞いてみました。

なぜアルファ ロメオからアバルトに? 85台限定の「695リヴァーレ」は「小さな高級車」でした

A PIT オートバックス東雲で月1回開催されている「アバルトナイトミーティング」。2022年12月の会場からアバルトオーナーと愛車を紹介します。今回は、2018年11月に限定発売された高級ボートメーカーとのコラボモデル「アバルト695リヴァーレ」です。

3億5000万円! 時速483キロ! 世界最速のヘネシー「ヴェノム F5」にさらに過激なサーキットモデルが24台限定で登場!

“地球上で最も速いロードカー”を目標に、時速300マイル(約483km/h)以上の達成を目指して開発されたミドシップのスーパースポーツ「ヴェノム F5」。そのサーキットモデルとなる「レボリューション」がわずか24台の限定で登場しました。

CUSTOM

「ポロ」から「アバルト500」へ。予算オーバーなのにサインしてしまった「エッセエッセ」の魔性とは

A PIT オートバックス東雲では月1回のペースで「アバルトナイトミーティング」が開催されています。2022年12月のミーティングに参加していた、黒い2009年式アバルト500エッセエッセはオーナーのこだわり満載でした。

なぜ2億円のノーマル「マクラーレン エルバ」が東京オートサロンに? 来場者に見てもらいたいのはフロアマットでした

カスタムカーが数多く展示されている東京オートサロンに、オリジナルのマクラーレン「エルバ」が展示されていました。世界限定149台、車両価格は2億円といわれているエルバがどうして展示されていたのでしょうか?

日産「R35 GT-R T-spec」の輝きを新車のままキープ! 透明フィルムでボディをフルラッピングする匠の技とは

GT-R Magazine編集部に新車のR35日産GT-R T-specが納車され、輸入車オーナーの間で最近流行しているプロテクションフィルムを施工。走行中の飛び石や紫外線から塗装面を守るのはもちろん、新車時に施工すれば、数年経っても元の塗装の美しさをキープ可能。XPEL プロテクションフィルムの施工現場に立ち会い、その作業の模様をレポートする。

CLASSIC

洗車のついでに必ずやるべき手入れとは? 愛車を美しい状態でキープする簡単メンテ術をお教えします

愛車に長く乗るためには、手入れはとても重要。とはいえヘタったところで一気にやると費用も手間もかかります。そこでオススメなのが普段から洗車のついでにやれるケアです。ここでは、ひと手間かけるだけでコンディションを保つことができる方法を紹介します。

ダイハツ「リーザスパイダー」を覚えてる? ランボルギーニ「ミウラP400」より貴重な軽オープンカーとは

ダイハツ・リーザスパイダーは、平成のABCトリオと同じ1991年に登場しました。同車は、軽スペシャリティクーペとして1986年に登場していたリーザをベースにルーフを切り取った派生車種でした。ここではあらためてリーザスパイダーの魅力を振り返ります。

67歳・元レーサーがいまあえてサーキットを走る理由とは? 1968年式「アルファ ロメオ」で「FL550」レースチャンピオンが走る!

ヒストリックカーの祭典「Festival of Sideway Trophy」(サイドウェイトロフィー)2022年冬の部が、11月27日千葉県・袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催。元レーシングドライバー篠田康雄さん(67歳)が参加する理由を聞いてみました。

OUTDOOR

キャンピングカーでの自炊メシは意外とヘルシー!? 鬱蒼と寂れたキャンプ場の雰囲気も最高でした──米国放浪バンライフ:Vol.19

オレゴン州ユージーンの街でボブ・ディランのライブを満喫したあとは、ふたたびトヨタ「ハイラックス」のキャンパー「ドルフィン」でアウトドアフィールドへ向かいます。今回は、ひとり旅の間の食事事情も一緒にご紹介しましょう。

スバル新型「クロストレック」はアウトドアに何人で行ける? 2〜3名なら十分な積載能力を持ってます!

スバル最新のクロスオーバーモデル「クロストレック」が2022年10月に発表されました。オートサロンにはアウトドア仕様が展示されていましたが、果たしてアウトドアに向いているのでしょうか。今回はプロ視点でキャンプに向いているのかチェックしていただきました。
ログハウス組み立て

素人では無理! ログハウスはプロに任せて正解です。電気毛布いらずの断熱性に大満足【おとなの山遊び Vol.3】

知人から山を自由に使って遊んでいいと託された筆者。コロナ禍で思いがけず始まった山遊びですが、いろいろ作業するには拠点づくりが急務ということに。自分たちの手で作業しようとしたものの、素人では無理と判断しました。初めてのログハウスの完成度やいかに。

LIFE

寒さでディーゼルエンジンが始動しない! 軽油は凍結するので寒冷地仕様があるのをご存知ですか?

冬場にディーゼル車で寒冷地へ出かけたときに注意したいのが、軽油の凍結です。じつは軽油の成分は地域によって異なっており、北国や雪国では「寒冷地仕様」の軽油が必須。じっさいに雪国でディーゼル車が不動になるとどうなるのか、実体験からレポートします。

EVオーナーを対象とするアンケートを実施中! 電気自動車のことなら「THE EV TIMES」をチェック

2023年1月12日にグランド−オープンした「THE EV TIMES」は、自動車専門の老舗出版社・交通タイムス社が手がけるEV専用オンライン・ニュースメディアです。同WEBでは、創刊を記念してEV(BEV)を実際に所有するオーナーを対象とするアンケートを実施しています。

男子禁制の「ガールズ・カー・コレクション」に潜入! 「GT-R」に「スープラ」「Z」「シルビア」がどんな女子仕様に!?

2022年12月中旬に山梨・甲府市のアイメッセ山梨で、「ガールズ・カー・コレクション」が開催されました。年に1度のクルマ女子の祭典として秋冬に開催されているGCCは、女子オンリーの男子禁制イベントですが、幸運なことにわれら女人禁制のAMWも取材・撮影に潜入することができたので、イベント当日の様子をレポートします。

SPORT

スバルの2023年モータースポーツ活動体制とは? インタビューでわかった「本気度」をお伝えします

SUBARUのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社(STI)は、2023年のモータースポーツ活動についての概要オートサロン2023で発表。SUPER GTとニュルブルクリンク24時間耐久に出場する新型マシンについて話を伺ってきました。

「東北660耐久レース」第3戦を制したのは? 本気の学生「ミラ」も速かった大盛りあがりのエビスサーキットでした

福島県エビスサーキットやリンクサーキット、宮城県スポーツランドSUGOを舞台に、軽自動車だけで争われる人気レースが「東北660選手権」。その耐久レース第3戦が、エビスサーキットにて開催され、シリーズ過去最多参戦台数に近い、24台で争われました。

3年ぶりに「モータースポーツナイト」が開催! 「JMSアワード」はWRC参戦の勝田貴元選手が受賞

2023年1月11日(水)、都内で日本モータースポーツ記者会が主催の「モータースポーツナイト」が開催されました。モータースポーツ関係者の中では、新年の恒例イベントとして毎年年始のタイミングで行われていましたが、コロナ禍の影響があって、3年ぶりに開催。JMSアワードの栄冠は誰に渡ったのでしょうか。

ranking

MEDIA CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS