クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • 【人材募集!】西日本最大のモーターショー「大阪オートメッセ」を一緒に作ってみませんか?

  • 終売間近!? 日産「GT-Rニスモ」の「MY22」と「MY24」を乗り比べ! 17年の歴史は“自動車の進化の縮図”でした

  • ランボルギーニが20年ぶりにロゴを刷新! エンブレムの闘牛が盾から初開放された新ビジュアルは斬新です

  • 60年代セレブが競って買ったジャガー「Eタイプ」に試乗! ポップカルチャーのアイコンは「よくできたスポーツカー」でした【旧車ソムリエ】

  • トヨタ「2000GT」を3台もガレージに!? 幼い頃から憧れ続けてきた名車を手に入れ「世界遺産を預かっている気分です」

 

 

 

 

 

 

【特別インタビュー】坂東正明代表に聞く、今シーズンのSUPER GTの見どころとは? 30周年、さらにおもしろくなるコンテンツに期待を!

2024年4月13日(土)〜14日(日)、岡山国際サーキットで幕を開ける今シーズンのSUPER GT。そんなSUPER GTは、2024年が30周年の記念すべき1年となります。そこでGTアソシエイションの坂東正明代表に、今シーズンの見どころ、そして展望について答えていただきました。

ウェッズ創業60周年を飾るにふさわしい「F ZERO」シリーズの6作目が登場!「FZ-6」の削り出し鍛造だから表現できる機能美とは〈PR〉

2024年は、ウェッズが創業して60周年というメモリアルイヤー。そこでウェッズの各ブランドからイヤーモデルが同時に発表されたことは記憶に新しいのですが、アルミ削り出し鍛造のブランドである「F ZERO」からリリースされた「FZ-6」を改めて紹介します。

軽自動車から高級ミニバンまで! ウェッズの「レオニス」「ノヴァリス」ブランドの最新作がエモい理由とは〈PR〉

ウェッズの2大ブランドの最新作が登場 モータースポーツやカスタムシーンで多彩なホイールを常にカスタマーに提案してきたウェッズは、2024年に創業60周年という記念すべき年を迎えました。アニバーサリーイヤーということもあっ […]

ベントレー「ベンテイガ EWB」は「江之浦測候所」と同じく審美的なアプローチで生み出されている【美と食を巡る旅:熱海編・後編】〈PR〉

AMWがベントレーで訪ねる「美」と「食」を巡る旅。「熱海パールスターホテル」で地元の海産物と自家源泉の温泉で身体をしっかりと整えた翌日に向かったのは、「小田原文化財団 江之浦測候所」でした。現代美術家である杉本博司氏の美意識が凝縮した江之浦測候所とベントレーに通じるものとは何だったのでしょうか。

「黒ベントレー」登場! 史上最高にダークな「ベンテイガSブラックエディション」は7色のアクセントカラーを選べます

ベントレー105年の歴史の中で初となるブラックのエンブレムを装着する「ベンテイガ Sブラックエディション」が発表されました。ベンテイガ史上、最もエッジの効いたスタイリングのもうひとつのポイントは、7色から選べるアクセントカラーの存在でしょう。写真と動画ともに、ベンテイガのダークな世界観をご堪能ください。

「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう

タイヤはクルマの部品の中で唯一路面と接しています。走行中の路面の衝撃を吸収したり、走る・止まる・曲がるというクルマの基本性能に影響してくる部品で、地面と接している部分だけに、いろいろなトラブルに見舞われる可能性もあります。今回はタイヤに関する「傷」について解説をします。

後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします

クルマを運転していると、晴天にもかかわらずバックフォグ(リアフォグ)を点灯して前方を走っている車両を見かけます。霧や大雨など視界不良のときに被視認性を高めるのに役立つツールですが、晴天時の使用は後続車の目潰し攻撃にしかなりません。ドライバーは、3つの要点を最低限知っていないといけません。その要点とは?

トヨタ「ハイエース」に500キロの荷物を使いやすく積載! 電工職人の知恵が詰まった公私二刀流のカスタムとは

トヨタ「ハイエース」乗り御用達の情報誌『HIACE style』。AMW編集部が注目したのは、仕事の相棒としてカスタムされたハイエースを紹介するコーナー「はたらくハイエース」で、自作の荷室を披露してくれた佐々木靖昌さんの愛車です。
R32のフロントマスク

日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!

三重県にある、GT-Rを得意とするショップ「CREWCH(クルウチ)」。チューニングショップだけでなく、街のクルマ屋さんという顔ももつのが特徴です。同店を訪れるオーナーたちのなかから、今回は真っ赤なR32GT-Rに乗るオーナーを紹介します。

元リトル・ミックスのジェシー・ネルソンが世界に1台だけのメルセデスAMG「G63」をオーダー! 強烈なマンダリンオレンジの内装がゴージャスすぎです

イギリスのシンガーソングライター、ジェシー・ネルソンをご存知でしょうか。2011年にリトルミックスという女性グループのメンバーとして参加し、一躍有名になった実力派のシンガーです。既にソロ活動に転じており、その人気は衰えを知らず。そんな彼女がオーダーメイドでカスタムしたメルセデスAMG「G63」を手にしました。

トヨタ「マークX」にミニバンがあった! 1世代限りで消滅した「マークXジオ」は実は隠れた俊足ランナーでした

マークXの派生モデルとして2007年に登場したトヨタ「マークXジオ」。車名こそマークXを名乗っていますが、プラットフォームは新MCプラットフォームを採用したFFモデルでした。搭載されるエンジンは2.4Lの直4と3.5LのV6が用意されていたのも特筆するべき点でした。

1億7400万円で「カウンタックLP400」が売出中! 高値の理由は「ペリスコピオ」に加え、20年も空調管理で保管されていたから

2024年3月1日〜2日、RMサザビーズがアメリカ・マイアミで開催したオークションにおいてランボルギーニ「クンタッチLP400ペリスコピオ」が出品されました。ブル・タヒチが美しいクンタッチLP400ペリスコピオは、86台目に生産されたと言われるモデルで2人目のオーナーがフルレストアしているコンクールコンディションでした。気になるハンマープライスとは?

5万円で買った三菱「ミニキャブ」をサンコイチで公道復帰! 25歳オーナーはホンダ「モトラ」や三菱「ジープ」も所有する猛者でした

2024年2月24日(土)に茨城県城里町の「ホロルの湯」を会場に、第2回「軽トラ&スーパーカブ ミーティング」が開催されました。スーパーカブの愛好家団体が主催したユニークなイベントから、1982年式の三菱3代目「ミニキャブ」を普段乗りで活用している25歳のオーナーを紹介します。

最高時速500キロオーバー! レースアニメの実写版!? 女性ドライバーだけのレーシングチームが発足しました

テレビアニメ『HIGHSPEED Étoile(ハイスピード エトワール)』とのコラボによるレーシングチームが発足し、都内でその体制発表会が開催されました。このチームを運営する「プラチナムファクトリー」は、女性レーシングカードライバーの育成とサポートを目指すためにレーシングチーム「HIGHSPEED Etoile Racing」を発足しました。

テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜

⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜した。このレーシングチームは、現在放映中のテレビアニメ『HIGHSPEED Étoile』とコラボして誕生。リアルでも本気で世界を狙うチームを⽬指している。
ヴァンテージ

復活!! アストンマーティン「ヴァンテージ」を迎え撃つランボルギーニ「ウラカン」など、SUPER GTはスーパースポーツが揃い踏み!【参戦26台を一挙紹介Vol.6】

2024年4月13日(土)〜14日(日)に、岡山県・岡山国際サーキットにて「SUPER GT」の2024年シーズンが開幕。GT300クラスに参戦するマシンを動画でご紹介。第6弾は、88号車から777号車までをお届けします!

クルマ好きも鉄道好きも楽しめる! 交通の要衝キングマンで必ず入っておくべきレストランとは?【ルート66旅_47】

広大なアメリカを東西2347マイル(3755km)にわたって結ぶ旧国道「ルート66」のバーチャル・トリップへご案内。イリノイ州シカゴから西に向かい、アリゾナ州の西部でカリフォルニアとラスベガスに通じる交通の要衝、キングマンの町へやって来ました。

19万2937個の「レゴブロック」で作られた「F1」の完成までに要した時間は2428時間! 座ることもできる「LEGO MERCEDES-AMG PETRONAS F1 W14 E PERFORMAMCE」とは

LEGOブロック(レゴ)は、2024年4月5日(金)〜7日(日)に鈴鹿サーキットで開催された「2024 F1 日本グランプリ」に実物大モデルの「LEGO MERCEDES-AMG PETRONAS F1 W14 E PERFORMANCE」を展示しました。19万ピースを超えるレゴブロックを用いた大迫力のモデルは、どのようにして制作されたのでしょうか。

車好きも楽しめる「ジャパンインターナショナルボートショー2024」に新人女子部員が潜入。子ども向け学びのプログラムに注目です

2024年3月21日(木)~24日(日)の3日間、パシフィコ横浜&横浜ベイサイドマリーナで「ジャパンインターナショナルボートショー2024」が開催されました。日本国内では最大級となるマリンイベントは、ボートをはじめとした水上オートバイ、ヨットに加えて、クルマ、アパレルなど豊富な展示と体験型コンテンツで来場者にマリンの魅力を発信しました。

ルーフトップテントのメリット/デメリットとは? 実勢価格から実際に就寝する際の注意点を解説します

最近、キャンプ好きやアウトドアフリークの間で“オーバーランダー“という言葉が頻繁に使われるようになりました。“陸路での旅“を意味する“オーバーランド“を語源とするオーバーランダー“について解説します。また、オーバーランダースタイルの特徴であるルーフトップテントのメリット・デメリットを紹介します。

スズキ「ソリオ」を車中泊仕様に! 5人乗車で普段使いもできるコスパ最高の「F-BOXウィッシュ」とは

スズキが誇るファミリー向けコンパクトカーである 新型「ソリオ」 は、 背の高いトールボディで使い勝手の良さで人気のミニバンです。そんなソリオをベースに、コンパクトな車中泊モデルを数多く手掛ける岡山県のキャンピングビルダー「パパビルド」が普段使いできるキャンピングカーを製作しました。その気になる装備に迫ってみます。

働き者のトラック、トヨタ「ダイナ」が冒険野郎なオーバーランダーに大変身! 8インチリフトアップの大迫力マシンとは

働くクルマとしてお馴染みのキャブオーバー型のトラックトヨタ「ダイナ」をベースに、オーバーランダーとして仕立てたマシンを東京都町田市に拠点を置く「ハーディーズ」が完成させました。そのワイルドなルックスは、冒険心に満ち溢れ、果てしなく続く原野を旅するキャンプとアドベンチャーシーンを想像させます。

エネオスがEVメーカーとパートナーシップのなぜ? 「OAM2023」で人気2位だったKGモータースの超ミニEVとは

広島のスタートアップ企業KGモーターズとENEOSは2024年3月18日、開発中の超小型EV「ミニマムモビリティ」による持続可能な移動の実現に向けて、協業に関する覚書を締結しました。両社がパートナーシップを結んだ背景を解説します。

「ASV/ADAS」って知ってる? 先進安全自動車の情報をわかりやすく発信する「Drive Safe!」のサイトが開設しました

ASV(Advanced Safety Vehicle:先進安全自動車)/ADAS(Advanced Driving Assistant System:先進運転支援システム)に関する情報を一般ユーザー向けに発信するウェブサイト「Drive Safe!」が開設されました。その詳細を紹介します。

BEVのトラブルで怖いのは電欠と出火!「国際オートアフターマーケットEXPO」で見つけた最新アイテムとは【吉田由美のCCL】

カーライフエッセイストの吉田由美さんが、東京ビッグサイトで開催された「国際オートアフターマーケットEXPO」で気になった展示をレポートいたします。連載初回は、増えつつあるBEVが万が一のトラブルに見舞われたときの対処アイテムです。

ranking

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS

RECOMMEND

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS