『XaCAR』

XACAR 86&BRZ magazine 定期購読キャンペーン 〜 1年間4回発送 価格4,800円 = オリジナル扇子 〜 2年間8回発送 価格9,600円→8,.400円 = オリジナル扇子 購読キャンペーン実施中

クルマの楽しさをさらに伝えられるように社員向け「サーキット試乗研修会」を開催

モータスポーツに精通した神奈川トヨタが社員向け試乗イベントをサーキットで開催最近のトヨタディーラーは、独自の社内イベントを展開している販売会社が増えてきている。その要因のひとつとなっているのは、GRガレージの展開が進行し.…

続きを読む...

クルマのフロア下中央に装着するだけで剛性アップする「CPMロワレインフォースメント」

ドイツ車で鍛えあげたノウハウをトヨタ86&スバルBRZ用に投入ボディ中央下部に装着する、大きなベルトのバックルのような形状のパーツ。これがCPMロワレインフォースである。クルマのボディ下前後に装着して補強パーツは、比較的...

続きを読む...

“いい音”を愛車にスピード装着! 千葉県に「ソニックプラスセンター柏」がオープン

ソニックプラス視聴用ディスプレイを設置、モデルごとの聴き比べも可能に純正スピーカーと交換するだけでプロクラスのサウンドを手に入れることができる「ソニックプラス」のスピーカー。メルセデス・ベンツ、BMW、MINI、アウディ...

続きを読む...

自分たちが知識を得ることで正しいタイヤの選択をユーザーにフィードバック

神奈川ハマタイヤ主催「ヨコハマタイヤ体感試乗研修会」潜入レポート「神奈川トヨタ自動車」を始めとする事業会社17社を擁するKTグループは、社内向け研修会として総計218名を対象としたサーキット試乗会を開催した。「横浜ゴム」...

続きを読む...

佐藤琢磨選手がゲストで登場した「POTENZAサーキットミーティング」

ビギナーから上級者まで走る楽しさを身近に ブリヂストンが後援している『POTENZAサーキットミーティング(以下PCM)』はスポーツ走行に慣れた人から初心者までの「誰もがサーキットを楽しく、安全に走る」というこ...

続きを読む...

MAX織戸がプロデュースする「トヨタ86の上質でオトナなエアロフォルム」

最高のマッチングを約束する純正クオリティの高精度エアロノーマルでもトヨタ86のデザインは十分に格好いい。「でも、オトナっぽさやレーシーな雰囲気を強調したい……」。織戸 学選手がプロデュースしたオリジナルのエアロブランド「...

続きを読む...

「ソニックプラス史上最高峰」の組み合わせとなるスピーカーの実力とは?

86&BRZへ限定台数40セットだけの超プレミアムなファイナルエディションハイエンドスピーカーモデルとして人気の高い「Sonic PLUS(ソニックプラス)」。車種別対応のスピーカーシステムをラインアップしている...

続きを読む...

1 / 6123...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  4. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  5. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  6. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...

  7. 1969年に起こった衝撃! 日産の名車、フェアレディZとスカイラインGT-R 誕生

    希少な両車をオートモビルカウンシルへ展示  国産車の歴史の中で、パフォ...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. 家族の安全を守る!ブレンボがミニバン用大容量ブレーキキットを発売

    トヨタ・アルファード/ヴェルファイア用を設定  世界を代表するブレーキ...

  10. 最高落札額は53億円! クラシック・フェラーリが超高値で取引されている理由

    クルマの美術的価値は数年前に不動になった  もともとオークションとは絵...